Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-04-14 (Tue)

美女シリーズ(北大路版) 妖しい稲妻の美女・江戸川乱歩の「魔術師」 (1990年)

北大路欣也の美女シリーズの最終作。


●「妖しい稲妻の美女・大時計の針に仕掛けられた殺人予告
江戸川乱歩の魔術師」  
1990年4月14日
原作: 江戸川乱歩 魔術師 (江戸川乱歩文庫)
脚本: 吉田剛
音楽: 鏑木創
監督: 池広一夫
制作: 松竹
出演: 北大路欣也、佳那晃子、山本ゆか里、
日下武史、坂上二郎、高見恭子ほか







休暇で伊豆の一碧湖を訪れた私立探偵の明智小五郎(北大路欣也)は
社長令嬢・妙子(佳那晃子)と出逢う。
彼女は父の玉村(佐竹明夫)、兄の一郎(草間正吾)と家族旅行中だった。
明智は翳りのある妙子の美しさに魅かれていく。



妙子は自分の周囲で悪いことが起こりそうな予感を感じるという。
母が死んだ時もその予感は的中したらしい。
その予告通り妙子の叔父で宝石商の得二郎(久富惟晴)から
怪文書が舞い込んだという知らせが入り一家は東京へ戻る。


妖しい稲妻の美女





通報を受け浪越警部(坂上二郎)らが得二郎宅へいくが
怪文書だけでは警察は動くことが出来ない。
波越の提案で静養中の明智がこの件を引き受けることになる。



ところが、東京に着いた明智は何者かに車で連れ去られ船に拉致され
その間に、得二郎は自室で首なし死体で発見され
所有していた時価五億円の宝石が奪われるという事件が発生。
得二郎の首は獄門舟に乗って自宅のプールに浮かんでいた。






庭にピエロの巨人が姿を現しこの「魔術師」が犯人らしいとわかるが
警察の手を潜り抜けてどこかへ逃げてしまう。


一方の明智はようやく意識を取り戻した。
自分を襲った犯人は魔術師で玉村一家に復讐をしようとしている。
身柄を拘束された明智は魔術師の娘・綾子(山本ゆか里)の協力で
船からの脱出を試みるが追ってから逃れようと海へ飛び込む。



妖しい稲妻の美女




その後、明智の死体が発見されたと報道され
助手の文代(高見恭子)は事件に巻き込んだ波越をなじった。


そして、今度は玉村一家の元にカウントダウンのような数字が現れ
波越らが玉村家に張り込み一家の警護にあたるなか
一郎が時計塔の針で危うく首を刎ねられそうになる。



(現在元記事の一部のみ公開しています)





魔術師 (江戸川乱歩文庫)



これまで、天知茂版とは違う原作をやっていたが
今回は私が一番好きな「魔術師」をリメイク。


天知版から十二年後ということもあり映像はキレイで
演出面もオシャレで凝ってるなと思ったが
やはり天知茂の存在感と怪優・西村晃のアクの強さが際立った
前作と比べると印象が弱い。


西村晃が演じた「魔術師」を日下武史がやっているのだが
俳優単体が淡白であくどさ、厭らしさ、おぞましさに欠ける。


前にも書いたかもしれないけど、北大路欣也の明智小五郎も
若くて颯爽としてて悪くはないしそれなりに楽しめるのだが
どの作品もそれだけでちょっと響くものが少ない感じだ。


今回も全体的にスマート過ぎたのが淡白な印象を残したか。


天知茂が明智小五郎をやってなければ、北大路欣也もいいなと思ってたんでしょうけどね。
もうすこし、北大路欣也版の美女シリーズも見たかったが残念ながら本作で終了。


今回もせめて「魔術師」役に個性的な俳優をもってきてれば
また印象が変わったかもしれない。




妖しい稲妻の美女 江戸川乱歩の「魔術師」 [DVD]



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント