Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-04-18 (Sat)

「混浴露天風呂連続殺人・鬼嫁VS姑プラス小姑」 (1987年)  混浴露天風呂シリーズ第6作

混浴露天風呂シリーズ第6弾。


●「混浴露天風呂連続殺人・鬼嫁VS姑プラス小姑
屋久島-霧島-えびの高原ツアー」  1987年4月18日
脚本: 篠崎好
音楽: 井上大輔
監督: 脇田時三
制作: テレパック
出演: 古谷一行、木の実ナナ、長谷直美、金田竜之介、
丹阿弥谷津子、常田富士男、泉じゅん、穂積隆信ほか




警視庁原宿分室の左近太郎警部(古谷一行)と山口かおり(木の実ナナ)は
婚約を記念して屋久島に旅行へ行った。


そこでかおりは東京から来ていた一流会社・南東商事の高見沢直彦(江藤潤)と
出逢い意気投合し太郎を置いて二人でデートを楽しむ。



混浴露天風呂連続殺人・鬼嫁VS姑プラス小姑





そんな時、かおりが刑事だと知ったミドリ(桑田和美)の依頼で彼女の実家を訪れることになる。
ミドリはその土地の大地主・岩村家の三女だった。


亡くなった兄嫁の真紀(長谷直美)は姑の菊代(丹阿弥谷津子)、
長女の藤子(泉じゅん)、次女・緋紗子(村井京子)と折り合いがわるく
来客の目もはばからずに敵意をむき出しにしてやり合う。



さらに広大な岩村家の土地に目をつけた土地開発業者が
リゾートホテルを建てようと接近しているが
菊代をはじめ真紀たちも土地を売るつもりはない。





夕食後に真紀が菊代に渡した煎じ薬に毒が盛られていたことが判明。
地元の警察も駆けつけるが真紀は容疑を否認し騒ぎもおさまった。
深夜、かおりは土地売却に反対しているはずの真紀が
業者のカワキタ(うえだ峻)と二人で車に乗り込むところを偶然目撃する。
真紀が夫の死後も屋敷を出ないのは財産目当ての可能性も出てきた。



藤子もその様子を見て真紀が裏で業者と手を組んでいるといい
自分も命を狙われないように用心しないといけないと言い残して去って行った。


翌日、藤子が温泉の岩場で死体となって発見された。
手にはテレフォンカードが握りしめられている。



混浴露天風呂連続殺人・鬼嫁VS姑プラス小姑




これを知った大平警視(金田龍之介)は鉢山部長刑事(常田富士男)に
かおりに協力するため現地への出張を命じた。


容疑は藤子と対立し深夜カワキタと出かけていた真紀にかかるが
藤子は毎週金曜日に鹿児島に外泊していて男性の存在も浮上する。


かおりはミドリから緋紗子が藤子が殺された晩何かを目撃したらしいことを聞き
話しを聞きに行こうとした矢先、関之尾の滝で緋紗子の絞殺死体が発見される。


太郎は藤子が握っていたテレフォンカードはダイイングメッセージだと思いつく。




混浴露天風呂連続殺人・鬼嫁VS姑プラス小姑






その後の捜査で藤子が通っていた鹿児島の部屋を割り出し
地味な和服姿の藤子のイメージとは程遠い赤い服が見つかる。



(現在は元記事の一部のみ公開しています)



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント