Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-05-18 (Mon)

1993年名古屋戦、2001年磐田戦を見て久々に熱い気持ちが蘇った

茨城県は緊急事態宣言解除されたので18日からいよいよ鹿島も練習再開しましたね。
グループ練習の中で奈良の姿が見えてホッとした。
中断前のある時期からずーっと所在不明で気にかかっていただけに嬉しかった。
新しい鹿島の3番活躍を期待してます。



さて、5月16日土曜日はYouTubeで1993年の名古屋戦が、
BSでは2001年のチャンピオンシップ第2戦の磐田戦が放送されて
久しぶりに夕方から夜にかけて鹿づくしの休日となりました。


昔の試合なのに色あせていないどころか、輝きを放ってて思わず見入ってしまうという魅力的なものだった。
圧倒的な力を持つ外国人選手、タレント揃いの日本人選手たちが多く在籍してたな。
OBのコメントなんか聞いててもお手本になる外国人選手の存在って本当に大切。



磐田戦なんてゴールデンゴール方式だったから緊迫感があってヒリヒリする試合で
結果を知っていても当時と同じように熱くなって見てしまう。
鹿島も磐田もいい選手がいっぱいいて本当にいい時代だったなぁ。
隆行はいなかったけど、ヤナギ、満男、モト、浩二をはじめ好きな選手が多かったわ。


移籍してきた選手たちもこういう鹿島に憧れたからこそ来てくれたんだろうから
あの試合を見て奮起して欲しい。
やはり、鹿島は勝つこと、優勝することが義務付けられたチームだと思う。


久しぶりに本来の鹿島の試合を見たという満足感があった。


今回は投げ銭出来る方のシステムがよくわからなくてYouTubeとBSのみの観戦だったけど
次回以降同じようなシステムで観戦出来るのであれば投げ銭に挑戦したいな。
微々たるものだけど少しでも鹿島の力になれたら。


あと、FM鹿島のアントラーズラウンジがstand fmで聴けるようになったのは嬉しい。

こういう取り組みを積極的に行ってる姿を見て、いいタイミングでメルカリ体制になったなと実感。
ファン・サポーターにどうやったら楽しんでもらえるだろうというクラブの姿勢を感じます。




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント