FC2ブログ
2020/06/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 たゞ今到着』

category - 昭和のテレビドラマ
2020/ 06/ 25
                 
2020年5月からキーハンターの151話からが放送され始めましたね。

今回は川口浩演じる吹雪一郎のFBI時代の命の恩人としてFBIを退職しフリーとなったオガタが登場。


川口浩というと「川口浩探検隊」の探検するオジサンのイメージしかなかったので
俳優だと知った時すごくビックリしました。


その川口浩主役回のお話です。



■ 「キイハンター」
第156話  『世界殺人結社 たゞ今到着』  
脚本: 高久進
音楽: 菊池俊輔
主題歌: 「キイハンター 非情のライセンス」 (作詞:佐藤純弥、作曲:菊池俊輔、唄:野際陽子)
監督: 小西通雄
出演: 野際陽子、川口浩、谷隼人、大川栄子、露口茂、原良子、中井啓輔、石黒三郎、
久保一、田辺英郎、ロルフ・ジェーサー
ナレーター: 芥川隆行
制作: 東映、TBS


●キイハンター:黒木鉄也(丹波哲郎)、津川啓子(野際陽子)、吹雪一郎(川口浩)、
島竜彦(谷隼人)、谷口ユミ(大川栄子)、風間洋介(千葉真一)


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



日米の技術チームが極秘裏に進めているニューヨーク-東京間を三時間で飛行できる
新型ジェット機「キャンベラ808」のエンジン設計図をアメリカの研究員・スミスが
日本の技術陣に手渡すことになった。


設計図を狙って東側の組織KSDが暗躍しているが、仮に盗まれるとなると莫大な研究費と
三年間の努力が無駄となり甚大な被害を被る。
FBIのハーマン捜査官の推薦を受けて元FBIのオガタ(露口茂)がスミスの護衛を担当。



こうしてオガタとスミスはアメリカを発って羽田空港へと向かう。


スミスはトイレに行くと設計図をマイクロフィルムに収めアタッシュケースに巧妙な時限爆弾を仕掛けた。
研究員のスミスは設計図を盗んで金に替えようと企む裏切り者だったのだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



スミスは席に戻るとオガタに「空港では設計図を盗むためにKSDが待ち受けている。
自分が彼らを引き付けるからその間に設計図を研究所に届けて欲しい」とアタッシュケースを預けた。


オガタは指示通り羽田空港に到着すると迎えの車に乗り込むが
アタッシュケースの中の時限爆弾が作動しオガタは設計図もろとも爆死する。



やがて、来日したハーマン捜査官から吹雪のところに電話が入る。
吹雪はかつてハーマンの部下でありオガタとは友人でFBI時代にはオガタに命を助けられたという過去があった。
ハーマンと会った吹雪はオガタが殺されたと知らされその経緯を説明された。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』


ハーマンはアタッシュケースに時限爆弾が仕掛けられていたことから設計図は盗まれたと睨んでいる。
その時、黒ずくめの男がハーマンを狙撃。
ハーマンはスミスの写真と「新型車808売りたし」という新聞の広告記事を吹雪に託して死んだ。


吹雪はさっそく新聞広告に書かれていた番号に「新型車808」を買いたいと電話した。
電話に出た彰子(原良子)は赤いカーネーションを持ってスカイラウンジに来るように指示をする。
警戒しながら赤いカーネーションを用意した吹雪が席に着くと、同じく赤いカーネーションを持った男が来て
二人組の男に注射を打たれて連れ去られてしまう。


スカイラウンジを出た吹雪は募集広告を出していた部屋を見張っている島のところへ行くと
島から「部屋には彰子しかおらず今は出かけて誰もいない」聞かされる。
吹雪は彰子がいないスキに部屋に侵入すると盗聴マイクを仕掛けた。


その直後、スカイラウンジで待ちぼうけを食った彰子が戻り吹雪は改めて部屋を訪ね
「新型車808を売って欲しい」と名前を名乗って退散した。
彰子はクローゼットの扉が開いていることから吹雪が盗聴マイクを仕掛けたと気づき外すが
吹雪はもう一つ見つけられない場所にマイクを仕込んでいる。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



すると、スミスから「お前が持っている設計図は偽物だ。本物の設計図は俺が持っている」と
彰子のところへ電話が入った。
盗聴していた吹雪と島は彰子が設計図を持っているスミスをおびき出すために出鱈目の広告を出したと知る。


吹雪は彰子を尾行しスミスとの間で五億円で設計図を売り渡すという契約が成立するのを見届けた。
彰子が立ち去った後にスミスを締め上げた吹雪は、設計図のありかを探し出そうとするが
KSDのメンバー・ゴロスの写真と5セントコインがあるだけだった。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



スミスは東京で五億円と引き換えにゴロスに設計図を渡す予定だったが
ゴロスは現れなかったのだという。




そんなやり取りをしていると、吹雪はスカイラウンジにいた二人組に襲われ
催眠性の自白剤を打たれ身柄を拘束される。
二人組の背後には彼らのボスと思われるハーマンが殺された時にいた男がいるが
三人ともKSDの人間ではない。



「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



ボスはハーマンが吹雪に何を喋ったのかが知りたいらしい。
吹雪は薬の効力が切れるまで気を失ったフリをして時間を稼ぐことにし
三人が立ち去った後でふら付く体でなんとか島のところへたどり着く。




スミスから彰子に金を持って横浜バイパスまで車で来るように連絡が入る。
島が彰子を尾行しようとすると、命の恩人オガタを殺した犯人をなんとしても捕まえたい吹雪は
ユミが止めるのを無視して自分が行くといい後を追った。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』




彰子が車を走らせているとスミスが乗り込み設計図はマイクロフィルムに移し
5セントコインの中へ隠しているといい彰子から五億円相当のドル紙幣を受け取った。
スミスはコインを渡さずに彰子を銃で殴り気絶させると走る車から逃げ出す。


彰子はそのまま車ごと転落しそうになったが吹雪の機転により事なきを得た。
吹雪は殺されたオガタが友人で設計図を取り戻すこと、オガタを殺した犯人に復讐すると
自分の目的を話すと彰子もスミスに渡した金が偽ドルだと白状する。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



吹雪からの連絡で偽ドルの事を知らされた啓子はパークホテルで偽ドルが見つかったと報告する。
スミスはパークホテルにいるとみて、吹雪は彰子と一緒にホテルへと向かうが
吹雪が席を外したスキに彰子がスミスを見つけ先回りしてスミスの車に乗り込んだ。


スミスに銃を突きつけた彰子は吹雪が来る前に逃走しようと試みるが
二人組に押し入られてそのままどこかへ連れ去られてしまう。
行きついた先はスミスが取引する予定であったゴロスのところであった。


車椅子に乗ったゴロスの背後には二人組のボスがいる。
仲間であるゴロスの不審な動きによりスミスが設計図のありかを明かさないでいると
ボスはコインの中にマイクロフィルムが隠されていることを見破った。
それは、KSDのスパイがよく使う手口だった。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』


フィルムがボスの手に渡りスミスはその場で射殺され彰子に銃口が向けられる。
その時、彰子のバッグに忍ばせた探知機により吹雪が到着し彰子の命を救うと
別部屋で車いすに座る男を見つけた。


彰子は吹雪に彼はゴロスだと教えるが、すでに殺されていた。
さっきまで生きていたと彰子は言うが、吹雪は数日前には死んでいたと睨んでいる。
そうでなければ、ゴロスはスミスと取引していたはずだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



そこへ、帽子にサングラスマスクで顔を隠した男が現れた。
彼はさっきまでゴロスの車椅子を押していた二人組のボスであった。



吹雪はその男の正体が死んだと見られていたオガタで背後で組織を操っていた真犯人と暴くと
オガタは変装を解いた。


スカイラウンジで現れた二人組はKSDの人間ではなかった。
そうであれば設計図の存在を知っているのはオガタしかいない。
そして、吹雪に自白剤を打ってハーマンの事を尋問して来た時に
オガタは生きていると確信していたのだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』




車の中で黒焦げ死体となって発見されたのはオガタを迎えに来ていた研究所の所員だった。
時限爆弾に気づいたオガタは爆発寸前に車から飛び降りていた。
走っている車から飛び降りるのはオガタが得意としていたことだった。



オガタはFBI時代に、ある誘拐事件を追って犯人を射殺したがすでに人質が殺されていたことから
責任を負わされてFBIを辞めざるを得なかった
ハーマンは同情して今度の事件をオガタに任せたが、オガタが信じられるのは金だけだった


スミスがゴロスと手を結んで「キャンベラ808」の設計図を盗むと知ったオガタはスミスの護衛を買って出た。
スミスが飛行機の中で設計図をマイクロカメラで撮影しアタッシュケースに爆弾を仕掛けたとわかると
ゴロスを殺して彼に成りすましてコインに隠された設計図を手に入れたのだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



オガタは全てを知った邪魔ものの吹雪に銃を向けた。
FBI時代ニューオリンズでオガタに命を救われた吹雪は
「ニューオリンズで死んでいたと思えば諦めもつく」と一歩も引かない。


オガタの後ろにいた彰子が落ちていた銃を拾おうとしオガタはそこに向けて発砲。
吹雪はそのスキに屋敷を飛び出し外へと逃げた。
オガタは吹雪を殺そうと後を追い格闘の末、吹雪はオガタの手から拳銃を奪った。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



その時、銃を手にした彰子が吹雪を撃とうとするがオガタが身を投げだして助けた。
自分に責任を負わせた組織に絶望して悪に手を染めたオガタだったがあの時と同じく友人吹雪の命を救った。
彰子はオガタがスミスから奪ったコインを奪おうと邪魔ものの吹雪を殺そうとする。



彰子は車椅子の男を見てとっさに「あの男がゴロスよ。」と吹雪に教えていた。
ゴロスの正体を知っているというのはKSDの組織の者だと明かしているようなものだった。


彰子は「ゴロスは顔が知られすぎたため自分が設計図を受け取りに来たのだ」と言うと
丸腰の吹雪を仕留めようとするが、彼女の背後には啓子、島、ユミが迫っていた。


啓子たちは研究所の所長と連絡を取り彰子の正体を見破り駆け付けたのだ。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



その時、倒れていたオガタが最後の力を振り絞って立ち上がろうとする。
吹雪が駆け寄るとオガタは握りしめていた5セントコインを吹雪に託して息を引取った。


※彰子は彰子か彩子か不明だったのですが、便宜上彰子としました。



************ キイハンター 記事一覧 ************

■ 第6話 「影のメロディー」

■ 第156話 「世界殺人結社 たゞ今到着」

■ 第157話 「キイハンター皆殺し作戦」





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント