展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

NOAH 1.22武道館大会

category - 格闘技・プロレス
2006/ 01/ 23
                 
「The First Navigation’06」 1.22日本武道館 観衆:16,800人  超満員

テレビ観戦しました。ですのでGHCヘビー級選手権の田上明vs秋山準戦しかみておりません。

'92年11月入団したての秋山が世界最強タッグに田上のパートナーとして出たことについて触れていたので昔の全日を思い出しながら見てました。私この試合を見てたもんでね。確かデビューはその年の9月くらい(?)小橋健太(当時)戦でしたね。最初はエリートというイメージでした。当時田上は亡くなったジャンボ鶴田さんと組んでいたんだけど、世界タッグは鶴田さんの欠場で秋山が田上のパートナーに抜擢されたんだよね。だから彼がこだわったという 「膝」  鶴田さんから受け継いだジャンピングニーパットはなんともいえない気持ちにさせられました。
試合終了後秋山は「田上さん、恩返しできましたかね?ありがとうございました」と言ってました。

放送時間が30分のため、昨日はこれだけで終わってしまったのが残念っす。やっぱこういう大会のときは30分ってつらい。
個人的に見たい試合は、KENTA対丸藤と力皇、曙対小橋、泉田かな。

では、一応結果を。

■第1試合
  百田 光雄  VS  川畑 輝鎮  
○ 志賀賢太郎    永源  遥 ●
7分43秒 首固め
         
■第2試合
  金丸 義信      斎藤 彰俊  
  佐野 巧真  VS  井上 雅央
○ ダコタ         平柳  努 ●
18分31秒 片エビ固め
         
■第3試合
  越中 詩郎  VS  本田 多聞 ●
○ 小川 良成     池田 大輔  
11分35秒 首固め 
       
■第4試合
  鈴木みのる         森嶋  猛  
  SUWA    VS     モハメド ヨネ  
○ スコーピオ         菊地  毅 ●
7分18秒 エビ固め
         
■第5試合
○ ムシキング・テリー  VS  佐々木健介  
  杉浦  貴            嶋 勝彦 ●
  三沢 光晴           ムシキング・ジョーカー  
17分53秒 ミストクラッシュ
         
■第6試合
  力皇猛  VS  小橋 建太  
○  曙        泉田 純至 ●
17分56秒片エビ固め  
       
■セミファイナル GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本
○ KENTA  VS  丸藤 正道 ●
29分19秒 片エビ固め
         
■メインイベント GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本  
● 田上  明  VS  秋山  準 ○
20分31秒 体固め

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

not subject
そうか、秋山のデビュー戦はファン感だったか。

デビュー時の秋山はまだまだ線も細かったけど、扱いからして全日が大事に育てていきたいという姿勢が見えて、これからどういう風に育っていくんだろうかと楽しみにしながら試合を見たもんだ。
not subject
考えてみれば秋山のデビュー戦見にいってるんだよね。今回は、時代を感じたよ。ちなみにファン感謝デーの対小橋戦でした。