Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-09-06 (Sun)

2020リーグ第14節 名古屋グランパス戦

■Jリーグ 第14節 鹿島アントラーズ 3 - 1 名古屋グランパスエイト
2020年9月5日(土) 豊田スタジアム 18:04キックオフ/4,951人


【スタメン】
GK 沖 悠哉
DF 小泉 慶、犬飼 智也、関川 郁万、永戸 勝也
MF レオ シルバ、三竿 健斗、荒木 遼太郎、和泉 竜司
FW 土居 聖真、エヴェラウド

【控え】
GK クォン スンテ
MF 永木 亮太、遠藤 康、名古 新太郎、ファン アラーノ、白崎 凌兵
FW 上田 綺世


【得  点】 16分 和泉 竜司、37分 荒木 遼太郎、63分 土居 聖真

【交  代】 80分 荒木 → アラーノ 、86分 土居 → 遠藤、86分 三竿 → 永木、90+2分 エヴェラウド → 上田、90+2分 和泉 → 白崎



ちょっと久しぶりのブログ記事になります。


その間に、勝ったり負けたりの不安定な状態だった鹿島がいつしか先制されても逆転出来るようになっていた。
先週の柏戦こそ用事があってリアルタイムではみれなかったものの、ガンバ、FC東京戦はしっかりと見てました。
ブログの方も書こうと準備していたのですが目が異様に疲れやすい時でパソコン見るのがしんどく
途中まで書いた半端な文章を前の投稿にまとめて処理。


ようやく目の疲れが落ち着いてきたのでブログも書けるようになりました。


名古屋戦は18時開始と普段よりも1時間ほど早くDAZNをつけたときにはゲームの途中で雷雨のために一時中断していた。
ヤフーのニュースなんかでは夕方に関西が大雨と書いてあったので名古屋の天気も心配していたんですが激しい振りだったようですね。
コロナの影響でただでさえ厳しい日程の中延期なんてことにならなきゃいいがと思っていたら1時間少々の中断で済みゲーム再開。



その後、すぐに和泉のゴールが決まる。
だからてっきりこの試合立ち上がりから鹿島ペースだったのかと思ったんですが違っていたんですね。
雷雨による中断が鹿島に良い流れを持たせてくれたみたい。
上手く行くときってこういう運を味方につけることが出来る。


確かにチームがノツてきているというのは運の良さだけではなく、和泉のゴールもエヴェがあそこでシュートではなく和泉を信頼してパスしたというところにも表れている。
(そうできるエヴェの視野の広さとか自分よりチームを第一に考える献身性は改めてスゴイと思う)
今年は選手の入れ替わりもだいぶあって寄せ集め的なイメージの鹿島だったけど、ここへきて本当にチームらしさが出て来たというかまとまりが出てきはじめている。
見ていて気持ちが良いし嬉しい。



続いて荒木のリーグ2点目ですが、自分で奪って自ら決めるという高卒ルーキーとは思えない活躍。
彼は試合に出る度に点に絡むし本当にスゴイ。
だって、途中出場でもすぐに試合の流れを変えたりしますからね。
鹿島に来てくれて本当にありがとうですよ。
こうなると海外から目を付けられやしないかとヒヤヒヤしますが、少しでも長く鹿島にいて欲しい。


名古屋の前評判は試合を消化した数が少ないからか最少失点チームときいており、まさか前半で2点もリード出来るとは思えず気持ちよくハーフタイムに入ったが、後半早々に失点。


このところマチに変わってスタメンに入っている関川ですがミスもあったりしても期待しているんですよね。
見た目は鹿島のCBらしくいかつさがありながらもプレーに繊細なところがあってそのギャップもいいし。


そして、最後は土居のゴール。
なんか篤人が引退すると決まってからすっごく気持ちがはいっているようで結果も出てきているしいいですね。


さて、これから仙台、清水と調子が悪そうな2チームとの対戦が続くけど順位を上げるためには絶対に勝たなくてはいけない。
湘南、横浜FCと悔しい負けを喫しただけに下位チームに苦戦するようでは本当に強いチームとは言えない。
まずは仙台戦、なんとしても勝利を!














応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント