Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-10-21 (Wed)

新・赤かぶ検事奮戦記シリーズ第2作 「呪いの紙草履」 (1995年)

新・赤かぶ検事シリーズ第2弾。


●和久峻三傑作サスペンス
「新・赤かぶ検事奮戦記②呪いの紙草履・越中八尾・おわら風の盆の謎
飛騨高山~白骨温泉」  1995年10月21日
原作: 和久峻三  呪いの紙草履 (光文社文庫)
脚本: 保利吉紀
音楽: 渡辺岳夫
監督: 岡屋龍一
制作: 松竹
出演: 橋爪功、藤田弓子、増田恵子、畠田理恵、
渡辺哲、羽場裕一、三谷昇、谷村昌彦ほか



赤かぶ検事こと柊茂(橋爪功)が榊田警部補(渡辺哲)との
白骨温泉旅行から帰ったところ奇妙な事件の知らせが届く。


飛騨・丹生川村の磯松作太郎(吉田良全)の家の戸口に紙草履が置かれていたという。
紅白の和紙で作られた紙草履には「呪いの足封じ」という意味があり
作太郎は対立する戸隠徳之助(三谷昇)の仕業だと憤慨していた。


徳之助はこのあたりの大地主。
屋敷を訪ねた柊は手伝いの湯村美津子(増田恵子)を見て驚く。
先日、白骨温泉で偶然見かけていたからだ。



「新・赤かぶ検事奮戦記②呪いの紙草履





徳之助の話しでは所有している山に戦国時代の三十億円とみられる
埋蔵金があるという古文書がみつかり、その捜索を作太郎に頼んでいたという。
最近になり作太郎が埋蔵金のありかを探した暁には半分を寄越せと要求し
徳之助がそれを断ったことを恨みに持っているらしい。



間もなく渓谷で作太郎の娘・みどりの死体が発見される。
ポケットには紙草履が入っており、徳之助の行方がわからなくなる。




神田が家宅捜索をし、徳之助の部屋から紙草履を作る和紙が見つかった。
これにより徳之助に容疑がかかるが、水車小屋の中から首つり死体となって発見された。



警察では徳之助が罪を悔いて睡眠薬を飲んだうえで首つり自殺を図ったとみていたが
柊は徳之助が埋蔵金を諦めて自殺するとは思えなかった。
娘を殺された作太郎にも死亡推定時刻のアリバイがあり徳之助を殺すのは不可能だ。



「新・赤かぶ検事奮戦記②呪いの紙草履




お手伝いの美津子は月に四十万円もの報酬をもらっているという。
柊と榊田は美津子が越中八尾の生まれと知り一応調べることにした。
そこで、美津子が事件の前に赤と白の和紙を購入していたことが判明。


柊たちは、美津子が徳之助に頼まれて和紙を買って草履を作ったものとみた。
徳之助の車の運転席の土と、作太郎の庭の土が同一であることがわかり
柊は美津子を脅迫の容疑で起訴した。



彼女の弁護は柊の娘・葉子(畠田理恵)の先輩弁護士・法眼正法(羽場裕一)が担当。
法眼は美津子が雇い主である徳之助の要求に応じるしかなかったとして無罪を主張する。


徳之助の愛人(ひろみどり)は美津子が財産目当てに徳之助の家に入り込んだと証言するが
美津子は徳之助の死後、屋敷を出ており財産を狙う気配もない。



「新・赤かぶ検事奮戦記②呪いの紙草履





そんな中、榊田が徳之助が死ぬ前日に、電気メーターの検針員が
土蔵の中からうめき声を聞いていたと柊に報告。



柊たちは土蔵の中を調べ徳之助がしていた数珠の腕輪を発見。
土蔵のカギは愛人と美津子が持っていると知り、
美津子が徳之助を監禁していたものとみた。


(現在は元記事の一部のみ公開しています)







呪いの紙草履 (光文社文庫)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント