Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2020-12-09 (Wed)

火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」 (1970年)

先月、AXNミステリーにて楽しみにしていた火曜日の女シリーズ「蒼いけものたち」が放送されました。

火曜日の女シリーズはたまたま見た作品がとても面白かったのでこちらも期待していた。


原作は横溝正史の「犬神家の一族」なのだが、石坂浩二や古谷一行が金田一をやる前のもので
このドラマには金田一耕助が出てこない。
原作とは役名が改変されており、弁護士も若くなっていて金田一の役割も兼ねている感じで
設定なんかも原作とは異なっているところが多々ある。


ヒロインは若き日の酒井和歌子。

火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


相変わらずスリムだが、まだ顔がふっくらしていてあどけなさも残っていた。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


品が良くてとても素敵。



■ 「蒼いけものたち」  
放送期間: 1970年8月25日~9月29日 (全6話)
原作; 横溝正史  『犬神家の一族
脚本: 佐々木守
音楽: 佐藤允彦
監督: 鈴木敏郎
制作: 東宝
ナレーター: 矢島正明
出演: 酒井和歌子、中山仁、沢村貞子、千石規子、市川寿美礼、大出俊、
大丸二郎、菱見百合子、柴田侊彦、玉川伊佐男、東美恵子、奥野匡、江波多寛児、
村田一人、岡部正、明石恵子、西川寛、室田一人ほか




火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」






水川美矢子(酒井和歌子)は小学生の弟・武と二人暮らし。
両親はなく美矢子が働きながら武の面倒をみている。
そんな美矢子に課長(奥野匡)は見合いを勧めるが、武を残して嫁ぐわけにはいかず断っていた。


そんなある日、美矢子のところへ弁護士の館野卓矢(中山仁)が訪ねて来た。
美矢子の父・英郎が二十五年前に命を助けた資産家の富岡佐兵衛が先ごろ亡くなり
遺言状に美矢子の名前があることから富岡家で行われる遺言状公開の場へ行くことになる。



火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」



佐兵衛は金がかかるからと生涯妻は娶らなかったものの、三人の女にそれぞれ
富岡雪子(沢村貞子)、山本月子(千石規子)、坂野花子(市川寿美礼)という娘を産ませていた。
異母姉妹の雪子たちは金にがめつく仲が悪い。


雪子には清文(大丸二郎)、月子には武臣(大出俊)、花子には智和( 柴田侊彦)という息子がいる。
清文は有名な報道カメラマンだったが、ゲリラに襲われて顔に大けがを負い黒頭巾を被っていた。


佐兵衛の指示通り富岡家の親族全員と美矢子が集まったことで遺言状が公開されることになったが
清文が本物であるかどうか月子と花子が確かめたいとせがんだことから清文の黒頭巾が取られる。
その下からは奇妙なゴムマスクが現れた。

火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」





雪子は清文はゲリラに襲われた時火炎放射器で顔を焼かれ爛れてしまいマスクをかぶっているが
本物の清文に間違いないと宣言し館野によって遺言状が読み上げられる。


佐兵衛の四億円にのぼる財産の全ては美矢子が清文、武臣、智和のいずれかを
一か月以内に配偶者に選ぶことを条件に相続されるという。
しかも、佐兵衛は生前に娘のような若い女・三枝菊乃(東恵美子)と入籍し
二人の間に出来た修平(大丸=二役)を摘出子として認めている。


そのため美矢子が遺産を相続せず分配される場合は雪子たち三姉妹のいびりで追い出され
行方がわからなくなっている菊乃親子が財産のほとんどを相続することになる。
三姉妹は佐兵衛の仕打ちに憎々しい思いをたぎらせたが
美矢子が自分の息子と結婚してくれれば佐兵衛の全財産を手中に出来るとして
息子たちの意思はそっちのけで美矢子にアプローチを始める。




火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


三姉妹が繰り広げる醜い財産争いに嫌気がさした美矢子は館野にこのまま帰ると打ち明けるが
その前に何者かに命を狙われるが富岡家の運転手・畑野栄蔵(江波多寛児)に助けられた。
この時美矢子は自分の身にもしもがあった時のことを考え財産を相続する決意を固める。


月子と花子は顔が爛れて化け物となった清文が美矢子が武臣か智和のどちらかを選ぶと考え
雪子が殺そうとしたのではないかと推理していた。
その矢先、今度は清文がナイフで襲われたという知らせが入り美矢子が疑われる。



火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」




いがみ合う三姉妹とは違い清文、武臣、智和は優しく誠実な態度で美矢子に接してくれた。
美矢子は蝶々好きで武と話が合う武臣からプロポーズをされる。


武臣は美矢子を愛しながらも財産も手に入れたいと正直に胸の内を話し始める。
彼は幻の蝶の卵を見付けに行くために喉から手が出るほど金が欲しいのだ。
美矢子は自分の夢を真摯に語り自分を愛しているといってくれた武臣に次第に惹かれていく。



火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」





一方、ふとしたことから花子は清文が別人ではないかという疑惑が再燃。
それを聞いた栄蔵は清文が成人式の時に奉納した手形と今の清文の手形を照合すれば良いと提案するが
雪子はそれをはねのけながらも清文の態度から自分の息子ではないのではないかという疑念が湧いてきた。



ところが、翌日になって清文が急に手形を押すと言い出し鑑定の結果同一人物と断定される。
時を同じくして昨日美矢子と別れてから行方不明になっていた武臣がボートから他殺体で見つかった。
智和に思いを寄せ美矢子を敵視する手伝いの小夜子(菱見百合子)が
美矢子と武臣が逢っている姿をも見たと警察に話したため美矢子に容疑がかかる。


その後、美矢子と同じ宿に泊まっていたサングラスをかけた不審な男の存在が浮上。
部屋からは血染めの手拭いが見つかり、美矢子の枕元に立ったり武に襲い掛かったりしてくる。
高山刑事(玉川伊佐男)はその正体を行方がわからなくなっている菊乃の息子修平と睨んだ。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」





美矢子たちの身に危険が及び始めたことから、しばらく花子のところへ滞在することに。
出し抜かれたと思って怒り心頭の雪子も美矢子を抱き込もうとし
姉妹は美矢子に清文と智和のどちらを選ぶのかを激しく迫った。


美矢子は小夜子が武臣を愛しているだけでなく武臣も小夜子を好きであることを知っていた。
美矢子は三姉妹と清文、智和同席の上で自分の意思を発表することにしたが
肝心の智和の姿が見えない。


その頃、武臣は小夜子に呼び出されて山小屋にいた。
小夜子は愛する武臣を美矢子に奪われるのを阻止するために肉体を武器に誘惑しようとする。
紳士的な智和は焦りから身を投げだしてきた小夜子に手を付けようとせずにいると
嫉妬に狂った小夜子は智和にロープを巻き付けて自由を奪いその場に放置して逃げていく。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


結局、小夜子が智和を縛り付けたことは栄蔵にバレ、花子と月子は智和を助けに行くことに。
ところが、山小屋に着いてみると智和は縛り付けられたまま殺されていた。
その後、自分が一時の感情に振り回され武臣を縛り付けたことから彼が殺されてしまった
自責の念と絶望から小夜子も後追い自殺。



そんな時、警察はついに居所がわからなかった菊乃を富岡家に連れてくる。
清文を紹介された菊乃は、仮面で顔を覆っている清文を自分の息子の修平だという。
手形合わせで本物の清文と確認された後であったが、修平の胸に痣があるという菊乃の証言から
もう一度清文を調べてみたが仮面の男・清文の胸にはそんな痣はない。


そして美矢子は清文と結婚する意志を固めるがふとしたことから清文が別人であると直感。
まもなくその清文が他殺体で発見された。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」





美矢子は疑惑を館野と高山に打ち明け遺体と手形の指紋を照合した結果別人と判明。
その後、警察が行方を追っていたサングラスの男が美矢子を襲おうと姿を現したため
追跡の末ついに逮捕しその正体が本物の清文と暴かれた。



清文はカンボジアで修平と出会った。
その時、町がゲリラに襲われ修平は顔に傷を負い、清文は連れ去られた。
菊乃と自分が雪子たちからひどい仕打ちを受けて彼女たちを恨んでいた修平は
清文の身柄が拘束されているスキに一足早く帰国して清文になりすましたのだという。


一方、美矢子は館野から愛を告白されるが、清文と結婚して遺産を相続し
雪子ら三姉妹と菊乃に分配したいと申し出た。
状況的には一連の殺人は清文が犯人である可能性が濃厚だが館野はあまりにも
状況証拠が揃いすぎていることに疑問を抱く。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」



その夜、館野は高山の協力を得て富岡家に関係者一同を集める。


清文は美矢子を追い帰そうと危険な目に合わせたことや連続殺人は自分がやったことだと主張するが
それは真犯人である母・雪子をかばってのものだと暴かれた。

雪子は美矢子が武臣、智和と結婚しないように富岡家から追い帰そうとしたが失敗。
美矢子が武臣と相思相愛だと知ると武臣を殺した。


ところがこの現場を偶然にも清文と修平に目撃されてしまう。
修平は清文を脅して雪子が殺した後に凶器のナイフの血を清文の手拭いで拭って
警察の容疑の目を雪子からそらし清文に貸しを作る。




手形合わせの時は仮面の男の中身は一時的に修平から清文にすり替わっていた。
このあと、月子たちからせがまれて美矢子が清文と智和どちらか選ぶことになり
美矢子が化け物のような清文を選ぶはずもないと思った雪子は気もそぞろになっていた。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」



そんな時、小夜子によって山小屋に閉じ込められていた智和が縄を解いて富岡家に戻ってきた。
智和を見つけた雪子はとっさに紐で智和の首を絞めて殺す。

この現場も庭に隠れていた修平が見ており清文に協力させて
智和の遺体を山小屋に運んで雪子のアリバイを作らせた。


その後、修平は雪子に正体を明かして殺人を犯したことを知っているといい脅してきた。
雪子は告白を受けるまで修平が清文になりすましているとは全く気がつかず
怒りと憎しみが沸き起こりその場で修平を殺害した。



雪子の自白により清文が犯人でないとわかり美矢子は清文と結婚すると思われた。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」



ところが、清文は遺言状に”清文ら佐兵衛の孫の三人から断った場合は
美矢子は結婚する必要がない”と書かれていたと確認すると
「美矢子さん、自由になってください」と言い残し身を引いた。



これで、美矢子は晴れて自由の身となった。


富岡家を出て帰ろうとした美矢子は山の上にある智和と小夜子の墓参りを済ませると
武臣の墓は九州にあるのだと武に話して聞かせた。
そして、武が捕まえた蝶を今日だけはかえしてほしいといい空へ放つ。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」





山を下りようとした武は館野の車を見付けて走り降りると必死に車を停めた。
武は車から降りた館野と共に美矢子が来るのを待つ。




金田一耕助ファイル5 犬神家の一族 (角川文庫)


「犬神家の一族」というと佐清(このドラマの清文)と珠世(同:美矢子)が相思相愛という設定だが
今回はそうではなく美矢子は武臣と相思相愛になるも武臣が殺され
智和は手伝いの小夜子に思いを寄せ遺産相続のために最後になって清文との結婚を決心するという風に変わっている。


しかも最後は清文が結婚を考えていないと辞退し、美矢子はそのまま富岡家を後にするのである。
弁護士役が若くなっていて美矢子に惚れてしまい、この二人が最後結ばれるのではないかという
暗示めいた終わり方をしていた。


その美矢子だが、この時代はミニスカートが流行っていたんでしょうね。


火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


酒井和歌子のワンピースの裾がまくれ上がりそうでハラハラさせられる。

劇中では連れ去られた武を探すシーンでパンチラもあり
狙っていたのかなんなのか…?


「犬神家の一族」というと”スケキヨ マスク”だが、石坂&古谷版と違い
今回は白のゴムマスクではなく黒頭巾の下は肌色のマスクになっていた。

火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


これもまた明らかに仮面とわかる「白」と違い、「肌色」な分、
映り方によっては奇妙で不気味な感じがした。

この清文を演じている大丸二郎ってはじめて知った。


もう一人、三姉妹の末娘・花子を演じた市川寿美礼という女優さんもお初でした。

火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」


結構、声に特徴がある女優さんですね。
なんかを信仰しており、熱心にお経を読み上げる場面は怖いというより笑えた。


花子と良いコンビだったのは、千石規子が演じた次女の月子。

火曜日の女シリーズ 「蒼いけものたち」

とぼけた婆さんから、狂気を秘めた婆さんまで幅広く演じられる方で好きな女優さんの一人。
佐兵衛が最後に愛した娘程歳が違う菊乃を演じた東美恵子は普通な分、霞んでしまいますね。


金田一耕助が出てこないし、どんなもんかと思って見ましたがなかなか面白かった。


三姉妹はがめつい婆さんたちだったけど、その息子たちは意外とまともだったのは新鮮。
とはいえ、はじめに殺される武臣はしっかり遺産目当てであることも暴露しつつ
美矢子にプロポーズしてましたけどね。




************ 火曜日の女シリーズ 記事一覧 ************


◆ 「蒼いけものたち」

◆ 「花は見ていた」

◆ 「ガラス細工の家」






応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント