Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2021-01-22 (Fri)

「花吹雪女スリ三姉妹・京都、伊万里、嬉野温泉殺し旅」 (1994年)

家業のスリから足を洗った三姉妹が、ふとしたことから連続殺人に巻き込まれ
意外な真犯人を探すまでをコミカルに描く。


●「花吹雪女スリ三姉妹・京都、伊万里、嬉野温泉殺し旅
死の伝言”オカアチャマ、オイチョの謎”」   1994年1月22日
脚本: 篠崎好
音楽: 浦田博信
監督: 皆元洋之助
制作: 東通企画
出演: 叶和貴子、白都真理、大和田獏、
中条かな子、桑名正博ほか









花吹雪一家の三姉妹、美恵(叶和貴子)、佳恵(高梨亜矢)、沙恵(中條かな子)は、
先祖代々継がれてきた家業のスリから足を洗い東京から京都に来て芸子として働いていた。



ある夜、美恵はかつてのスリのライバル黒髪のお竜(白都真理)から
電話を受け待ち合わせ場所の円山公園を訪れるとお竜の姿はなく
胸をさされた井上ふじ子(塚本加奈子)を発見する。
ふじ子は「オカアチャマ、オイチョ」と言い残してその場で死んだ。



警察は第一発見者の美恵を疑うが、死亡推定時刻には
三姉妹をひいきにしている西洋骨董商・五木田邦彦(大和田獏)が
一緒にお座敷にいたとアリバイを証言してくれた。



花吹雪女スリ三姉妹・京都、伊万里、嬉野温泉殺し旅 死の伝言”オカアチャマ、オイチョの謎




美恵はお竜の無実を証明するために姉妹でふじ子がいた嬉野温泉へ行くことにした。



列車を降りる時、美恵は乗客のひとり、岩見大作(桑名正博)を見て
ふじ子が殺された夜に円山公園で見かけたことを思い出した。



ふじ子に倉本忠(生瀬勝久)という恋人がいるとわかった頃、
美恵に好意を持つ五木田が嬉野にやってくる。


その後、美恵は行方をくらましていたお竜と会うことが出来た。
彼女は有田で結婚したが七年前に夫が事故で亡くなると
借金を背負ってしまいその後に生まれた娘は養子に出していた。





(現在元記事の一部のみ公開しています)


応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント