Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2021-02-10 (Wed)

「湯の町旅情殺人事件・みちのく飯坂温泉・若女将が見た誘拐の意外な結末!」 (1996年)  シリーズ第4弾

温泉若おかみの殺人推理シリーズの第4弾。



●「湯の町旅情殺人事件・みちのく飯坂温泉
若女将が見た誘拐の意外な結末!」  1996年2月10日
脚本: 宇都宮郁代
音楽: 小宮氷十三
監督: 合月勇
制作: 大映テレビ
出演: 東ちづる、岡田茉莉子、渡辺いっけい、高樹澪、
根岸季衣、高松英郎、岡本信人ほか



宇佐見夏江(東ちづる)が東北の飯坂温泉の老舗旅館「望雲閣」の
跡取り息子・拓也(渡辺いっけい)に嫁いで2年になった。
大おかみ・松代(岡田茉莉子)の猛特訓のもとで
若おかみとしての修行に励む日々が続いている。


ある日、夏江の親友・一ノ瀬真弓(高樹澪)が婿養子の明(草川祐馬)、
父親の会社社長・浩太郎(高松英郎)らと望雲閣に泊まりに来た。
再会を喜ぶ夏江だが、真弓と明の夫婦関係はうまくいっていないらしい。


湯の町旅情殺人事件・みちのく飯坂温泉・若女将が見た誘拐の意外な結末!




真弓たちと同じころ、山本(藤堂新二)と吉川ルミ子(須部浩美)が到着。


翌朝、夏江は温泉駅近くで明を見かけたが
その後朝食の時間になっても明は戻ってこない。


すると、明を誘拐したといい五千万円の身代金を要求する電話がかかった。
犯人の要求通りに警察には伏せたまま身代金を準備しようとする浩太郎だが、
松代は警察に通報し所轄の榊原(岡本信人)らが旅館に到着した。




湯の町旅情殺人事件・みちのく飯坂温泉・若女将が見た誘拐の意外な結末!





犯人は身代金を真弓が運ぶように要求するが夏江が代わることになるが
金は奪われたうえに神社の境内で明も死体で発見される。



身代金を要求する電話を受けた夏江は山本の声だと気づき
真弓、浩太郎と榊原にこのことを報告。
山本と相手の女の似顔絵作成に協力した夏江と拓也は
帰り道どこかへ電話を掛けている浩太郎の運転手・若林孝雄(菊池孝典)を見かけた。


湯の町旅情殺人事件・みちのく飯坂温泉・若女将が見た誘拐の意外な結末!




その夜、夏江はどこかへ出かける真弓とバッタリと出くわす。
そんな二人を仲居頭の岩木典子(根岸季衣)もこっそりと盗み見し松代に告げ口。



翌朝、海岸で山本こと本名・富永竜治が死体で発見された。
夏江は真弓がかつての恋人・諸井洋一(須藤正裕)と復縁したと知り
拓也を殺したのではないかと疑う。
真弓は今度の旅行で離婚を切り出すつもりであり殺人は否認した。

湯の町旅情殺人事件・みちのく飯坂温泉・若女将が見た誘拐の意外な結末!




まもなく、富永が殺されたと知りルミ子が出頭してきた。


明は銀行員時代、富永に株をすすめて大損をさせていた。
その後交流はなかったが明は突然姿を現すと
自分を偽装誘拐する手伝いをしてほしいと頼んだ。


明は一ノ瀬の婿となり重役の座についたが金が自由にならないことから
自分を誘拐して身代金を手に入れようと計画したのだ。



(現在元記事の一部のみ公開しています)


応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント