2006/02/04
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「別れ道・ある朝炎のように」 (1978年)

category - 土曜ワイド劇場
2006/ 02/ 04
                 
異母兄妹とは知らずに惹かれ合う二人の仲を引き裂いた非道な陰謀。


●「別れ道・ある朝炎のように」  1978年2月4日

脚本: 石森史郎
音楽: 川上了
監督: 大黒章弘
制作: テレパック
出演: 桜田淳子、平幹二朗、田村亮、池田和歌子、
佐藤慶、赤塚真人、横森久、野口みどりほか



別れ道・ある朝炎のように



中川(平幹二朗)は汚職事件のため新三星物産から子会社の
明昭食品工業に左遷されていた。


妻を亡くした中川は、新三星物産に勤める娘・伊都子(桜田淳子)と二人暮らし。


伊都子は新三星物産・重役金谷(佐藤慶)を強請った
業界紙記者・立花(田村亮)になぜかひかれていた。


ある日、金谷が立花に強請られていると聞いた中川の顔色が変わった。
立花は中川が結婚前に愛人との間に生まれた子供だった。




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント