Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2021-04-12 (Mon)

新・赤かぶ検事奮戦記シリーズ第4作 「飛騨路を火魔が走る! 墓の赤印は殺人予告」 (1997年)

新・赤かぶ検事奮戦記シリーズ第4弾。


●和久峻三傑作シリーズ
「新・赤かぶ検事奮戦記4・飛騨路を火魔が走る!
墓の赤印は殺人予告」  1997年4月12日
原作: 和久峻三 『火魔走る』 疑わしきは罰せよ―赤かぶ検事短篇シリーズ〈1〉  収録
脚本: 大野武雄
音楽: 渡辺岳夫、手塚理
監督: 岡屋龍一
制作: 松竹
出演: 橋爪功、川上麻衣子、藤田弓子、高田万由子、
本田博太郎、小畠絹子、谷村昌彦、渡辺哲、三角八朗、佐藤恵利ほか





奥飛騨宿根村で県会議員に出馬予定の吉富剛蔵(三角八朗)が
入浴中にガソリンで火を付けられて焼き殺された。


数日前、吉富家の墓石に赤いペンキで×印が書かれ榊田警部補(渡辺哲)が呼ばれた。
吉富は何者かに命を狙われていると騒いでいた矢先の事件だった。
現場からはガソリンを入れたポリ容器と、寒川村の農協が配ったタスキが発見される。


新・赤かぶ検事奮戦記4・飛騨路を火魔が走る!





検事の柊茂(橋爪功)は半年くらい前に、
吉富が梅原加代(小畠絹子)と言い争っていたと聞き込んだ。


加代の息子・力(本田博太郎)は吉富の姪・公子(川上麻衣子)と結婚していたが
出馬するために金が必要になった吉富が力と離婚させると
不動産会社に勤めている中沢忠夫(武井三二)と結婚をさせた。



新・赤かぶ検事奮戦記4・飛騨路を火魔が走る!



公子は捨て子で吉富が育ててくれたことに恩を感じて逆らうことが出来ないままそれに従った。
加代はそのことで吉富に離婚の理由を問い詰めたのだという。


まもなく、中沢家の墓石にも赤ペンキで×印が書かれ、忠夫が放火により死亡。
公子は下呂の友人宅に居て無事だった。


力が下呂の塗料店で買った赤ペンキが自宅から押収され
梅原家にあったはずのタスキもいつの間にか無くなっていると分かった。





榊田と岡田警部(谷村昌彦)は、被害者二人に恨みをもつ力の犯行と睨み
まもなく力も二つの犯行が自分であると自供した。
柊は何かしっくりこないものを感じながらも、岡田らの要求もあり起訴に踏み切った。


今度も、力の弁護を娘の葉子(高田万由子)が引き受けたことによって
法廷で親子が戦うことになる。




(現在は元記事の一部のみ公開しています)





疑わしきは罰せよ―赤かぶ検事短篇シリーズ〈1〉 (嶋中文庫)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント