Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2021-04-21 (Wed)

京都殺人案内シリーズ第16作 「復讐の逆転法廷」 (1990年)

藤田まことの京都殺人案内シリーズ第16弾。



●「京都殺人案内・復讐の逆転法廷
姉と息子を殺された女」  1990年4月21日
原案: 和久峻三  
脚本: 保利吉紀
音楽: クロード・チアリ
監督: 岡屋龍一
制作: 松竹
出演: 藤田まこと、酒井和歌子、、万田久子、
高松英郎、遠藤太津朗、森口瑤子ほか




琵琶湖でローリング族と呼ばれるカーマニアグループのメンバー・遠山竜次(河本忠夫)と
村井靖(滝野貴之)が絞殺死体で発見された。
二人は京都在住で大津西署の依頼により京都府警も捜査に協力することになる。



所轄の沢木警部補(石山律雄)らの調べで二人の車の改造費用を出していた
京都のブティック経営者・織井紀和(酒井和歌子)の存在が浮上する。
京都府警の音川音次郎(藤田まこと)は紀和の名前を耳にして驚いた。
彼女は以前、音川が関わった傷害致死事件の被害者の母親だった。


京都殺人案内・復讐の逆転法廷




沢木は紀和を取り調べ、その直後に今度は京都でカーマニアの
岸田純一(西村正樹)の絞殺死体が見つかり紀和が犯行を自供する。
動機は三か月前に遠山ら三人に犯された復讐であるという。


紀和はやり手の弁護士・野村景介(高松英郎)に弁護を依頼するが
音川は紀和の行動に不審を抱いた。






野村は紀和の一人息子・健一(古田安幸)が暴行を受けて死亡した事件で
相手側の弁護を引き受け証拠不十分で無罪を勝ち取っていて
いわば紀和にとっては犯人を無罪放免にした憎き相手だったからだ。






しかも、音川、野村らが立会いの下で行われた現場検証でも
死体を遺棄した場所がハッキリ出来ないなどアッサリと罪を認めた割には
腑に落ちない点が出てくる。


そんな時、野村の娘・涼子(森口瑤子)が自殺未遂を起こした。


京都殺人案内・復讐の逆転法廷



やがて、公判が始まると紀和はこれまでの供述を覆し
遠山らに暴行された事実もなければ殺してもいないと容疑を否認する。
これまでのことは刑を軽くするために野村に勧められて行ったことと
野村の立場を悪くする証言をした。


京都殺人案内・復讐の逆転法廷


音川は涼子が自殺しようとしたことが紀和の事件に関わりがあるのではないかと思い始めた。
そして、紀和の真意を探るために彼女の故郷へ調べに行く。




(現在は元記事の一部のみ公開しています)





************ 京都殺人案内シリーズ 記事一覧 ************


1. 「花の棺」

2. 「呪われた婚約」

3. 「嫁ぎ先の謎」

4. 「亡き妻に捧げる犯人」

5. 「母恋桜が散った」

6. 「男女の水死体はどこから来たか」

7. 「麻薬にけがされた修学旅行女子高生」

8. 「刑事の娘を襲った悪徳サラ金」

9. 「歌謡界のウラを暴け!」

10.「からたちの花は死んだよ」

11.「美人社長誘拐さる!」

12.「撮影所の女をさぐれ!」

13.「現代忠臣蔵事件」

14.「音次郎、女を張り込む」

15.「音川、完全犯罪に挑む!」

16.「復讐の逆転法廷」

17.「鴨川にモデルの舞妓が浮かんだ!」

18.「20時18分の死神!?」




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント