2006/02/08
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

”エナメル素材”対決実現か!?

category - 格闘技・プロレス
2006/ 02/ 08
                 
「ヤーッホ、ヤッホ、ヤッホ、マイケル! マイケル、マイケル(ループ)
今日は場違い。でも、気にしない マイケル(ポーズ)」

---------------------------------------------------------
PRIDEが5年に1度のW杯開催
こんなネタもあるのだが、今日も帰りが遅く時間がないので明日以降にします。
---------------------------------------------------------

マイケル


2/10後楽園ホールでの「ハッスル・ハウスvol.11」で行われる”ハッスルオーディション”の1,2次通過者は10名だそうだ。そのうちの8人が5日に通過者発表会見に現れた。この後3,4次審査を通過したものが公開オーディションに出ることになるそうだ。

1,2次通過者8名(2名欠席のため)の中には青木裕子をはじめとし、新日を離脱した長尾やお笑い芸人のマイケルの姿もあった。(てかマイケルかよ!)

 マイケルはお笑いに転身する前は振り付け師のKABA.ちゃんの下でレッスンを受け、TRFのバックダンサーとして活躍するなど、身体能力の高さは証明済み。格闘技の経験はないが「お笑いというのは言葉の格闘技。僕はダンスでハッスルの新しいジャンルを作っていきたい」と意欲満々。オーディションに合格した際には「みなさんも期待していると思うんですが、HGとヤッてみたいですね」と、05年に大ブレークし、ハッスルのリングでも活躍しているハードゲイ芸人・レイザーラモンHGとの“エナメル素材”対決を熱望した。(スポナビより)

お笑い芸人対決かと思いきや、「エナメル素材対決」ですかw
ダンサーだから運動能力はあるんだろうけど、リングでお客に見せるプレーはできるのか?

また長尾ってのも微妙なところだ。ちなみに長尾の応募の動機は「一からやり直すつもりです。(新日本では)自分の能力にカギがかかっていた。ハッスルには、そのカギが落ちているかな」ということらしい。
この日は榊原代表も同席。「契約更改していない人は、10日のオーディションに、どんどん足を運んでほしい」と、新日系の選手の応募を呼びかけていた。そして「明るい話題が少ない、だめなだめなプロレス界に、ハッスルは夢を与えていきたい」と続けた。

例によってこの模様はハッスルのオフィシャルに詳しく出ているのだが、あたしゃ、このくだりがうけた↓

会場の窓ガラス全部が割れんばかりの大声を出したマイケルは“マイケルダンス”で通過者を圧倒し、「今日は場違いかも?……気にしない」とマイケルは開き直りあいさつ。

うーん、元気だけはかってあげようか・・・

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

おうっ、テレビ観戦っすか。
マイケルなんかをオーディションに出すもんだから、またワイドショーが・・・元彌の時ほどではないんだろうけど。
no title
マイケルさんめざましテレビで特集やってたね。明日のハッスルハウスPPVだけど楽しみだよ。
誤字が多くてすまんです。
マイケルさんめざましテレビで特集やってたね。明日のはするハウスPPVだけど楽しみだよ。