Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2021-04-29 (Thu)

「女教師殺し」 (1995年)  殺しシリーズ(相田博士)18

考古学者の相田古志郎と相棒の須田警部補が活躍する
「殺しシリーズ」の18作目。


●「女教師殺し・留学・婚約・バラ色の彼女がなぜ狙われた?
湖に浮かんだ墜落死体の謎」  1995年4月29日
脚本: 新藤兼人、石倉保志
音楽: 津島利章
監督: 松島稔
制作: 近代映画協会
出演: 愛川欽也、黒沢年男、濱田万葉、
久野真紀子、宇梶剛士、桶浦勉、金井大ほか




富士五湖の西湖に女教師・影山圭子(成清加奈子)の変死体が浮かんだ。


近くで発掘作業をしていた考古学者の相田古志郎(愛川欽也)は
富士見署の署長(桶浦勉)から協力を頼まれて
新人助手の若葉かおり(濱田万葉)と現場に到着。


死因は内臓破裂で、麻酔薬を嗅がされて高所から落とされたらしいが
周辺には崖もなくどうやって殺されたのか謎が残る。


休暇で近くにハンティングに訪れていた横浜港署の万年警部補
須田熊五郎(黒沢年男)も加わり捜査が開始。



女教師殺し 美人殺しシリーズ



圭子は横浜市立第六中学校の教師でアメリカ留学が決定し
帰国する三年後には大学の助教授の椅子が約束されているというエリート。


前日から浜田秋江(久野真紀子)が経営するペンション湖畔亭に
同僚教師三名と予備校の講師の婚約者・田宮修次(宇梶剛士)、
親友の青徳院高校教師・森口清美(菊地則江)と宿泊していた。


須田と署長が関係者に事情聴取を始めるが、相田は秋江と従業員のユキと接触。
そこで、昨夜圭子の米国留学壮行会が終盤に入ったとき
谷井という男から圭子に電話がかかり以来様子がおかしかったことや
田宮と清美が特別な関係にあるらしいことを聞き出した。



女教師殺し







今回の留学は財団法人教育の未来の公募に合格したことによるもので、
訃報を受けて教育の未来の副理事長・深谷嘉郎が圭子の両親を連れてペンションに到着。


田宮は深谷に「ある高校の入試について」と耳打ちし脅している様子だった。
翌日、深谷のあとを追って田宮も東京へ行くと教育の未来設立時に
寄付をした大手運送会社の社長・立花剛三(小宮健吾)と三者会談をする。


その様子を田宮を尾行してきた須田が目撃し、田宮の周辺を調べたところ
予備校を辞めて独立する予定であることを掴んだ。
田宮はその日のうちに湖畔亭へ戻り須田も相田にこのことを報告。



女教師殺し




翌日、浜辺で清美が圭子と同じような状況で殺されているのが見つかるが
周辺には高所はなく犯行時刻頃飛行機やヘリが飛んでいた形跡もなく
どうやって墜落死させたのかわからないままだった。



そんな時、相田は圭子の同僚教師から五か月前に同じ中学校の
英語教師・新津愛子(川田あつ子)が飛び降り自殺していたと聞かされる。
相田と須田は事件を調べるために横浜へ行く。


清美は青徳院高を辞めて田宮の学校に勤める予定だった。
立花の息子・ツトムは圭子がいた横浜市立第六中学校に通っていたが
成績不良だったにもかかわらず清美がいる名門の青徳院高校に入学している。


これらの情報により相田たちはツトムの入学で不正があったのではないかと調べ始める。



女教師殺し






相田は関係者一同を集めると、立花の母・ふみ(風見章子)から
ツトムの入学に際し不正があったことを証言。


圭子は教育の未来の選抜試験を合格させてもらう代わりに
ツトムを青徳院高校に入学させるとして立花と取引した。
清美と関係のある田宮を通じて入試問題を入手したのだ。


ツトムから相談を受けていた愛子は田宮たちの悪事を暴こうとしたが
それに気が付いた圭子は愛子の父が汚職が原因で自殺していたことを突き止め
その口を封じようと脅してきた。


しかし、脅しにも屈しないとわかると田宮、圭子、清美は愛子をマンションの屋上から
自殺に見せかけて突き落とした。



女教師殺し 美人殺しシリーズ



それを知っていた人物がひとりだけいた。
愛子の実の姉で浜田秋江こと新津秋江だった。
秋江は妹の復讐を決意し、愛子の恋人で現在は
湖畔亭の営業しているトクラ(松永博史)に相談。



トクラは旅行代理店に勤めていたことがあり気球を操作することが出来た。
秋江はその技術を教わり、圭子や清美を次々と気球から墜落死させたのだった。






//////////////////////////////////////////////////////////////////



このシリーズは次作で終了するのだが、今回は川島なお美がつとめていた
助手の若葉かおり役を濱田万葉が演じている。


濱田万葉自体は悪い役者ではないのだがこれまでと違ってどうも相田、須田との
軽快なテンポが出てこない。



須田警部補役の黒沢年男もテンション低めで勢いが感じられず
須田が飲んでいる時にうっかり関係を持ってしまった女が登場したりで
全体的にイマイチ。




************ 殺しシリーズ ************

1. 「息子殺し・エジプト短剣の謎」

2. 「女主人殺し・寝室に鍵を・・・」

3. 「女優殺し・霧の湖畔を死体が歩いた」

4. 「若妻殺し・披露宴から消えた白いドレスの女」

5. 「未亡人殺し・妖しく燃える湘南夫人の完全犯罪」

6. 「花嫁殺し・沖縄新婚旅行連続殺人!」

7. 「婚約者殺し・飛騨高山・露天風呂に誘った美しい女」

8. 「人妻殺し・会津磐梯高原-五色沼、逆さ吊りの死体の謎…湖畔に誘ったペンションの女」

9. 「美人秘書殺し・日光鬼怒川、婚約披露パーティー・アーチェリーの矢が血に染まる…」

10.「美人コンパニオン殺し・三河湾”鳥落し”死の断崖から生きかえった女」

11.「新妻殺し・東尋坊―金沢―芦原温泉、北陸ツアーに怨みの手裏剣が散った…」

12.「美人外科医殺し・南房総リゾート病院の秘密!豪華クルーザーの乗客に真犯人が…」

13.「美人お嬢さま殺し殺し・蓼科高原に死のロープウェイが走る!花嫁の幽霊が手招きを…」

14.「美人真珠王殺し・伊勢志摩、ビーナス像に秘められた紅い涙…難問トリックを解く!」

15.「美人デザイナー殺し・華麗なファッションショーに怨念の毒針が飛んだ…」

16.「人恋橋・幽霊殺し・逆さ吊り死体の惨劇 霧の中に消えた妖しいセーラー服の女…」

17.「美人OL殺し・天城峠-呪われた山荘の秘密」

18.「女教師殺し・留学、婚約、バラ色の彼女がなぜ狙われた?湖に浮かんだ墜落死体の謎」




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント