Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2021-05-05 (Wed)

「古代エジプト展-美しき棺のメッセージ-」@Bunkamuraザ・ミュージアム

渋谷のBunkamuraにあるザ・ミュージアムで「ライデン国立古代博物館所蔵
古代エジプト展ー美しき棺のメッセージー」という
展覧会を見に行ってきました。


※緊急事態宣言の発令により4月25日(日)~5月11(火)日まで臨時休館となっています。



「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展ー美しき棺のメッセージー」@Bunkamuraザ・ミュージアム

『ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展ー美しき棺のメッセージー』  Bunkamuraザ・ミュージアム



私が行ったのは4月23日(金)で、この日は東京では緊急事態宣言が出ると言われてましが
行くと決めたのはだいぶ前でたまたまその日に重なってしまったという感じ。
おそらく発令されれば美術館も休館することでしょう。

ザ・ミュージアムというと割と人が少なく午後でも余裕で観れるというイメージがあったのですが
休館前にと駆け込みで来館する人もいると考えて当日はオープン前に到着。



映画のル・シネマ、美術館のザ・ミュージアムに分かれて整列させられ開場を待ちます。
思ったよりは人が来たが混雑というほどではない人数。


そして10時のオープンになるとル・シネマへの来場者が先でその後にザ・ミュージアムの来館者が
係員によってザ・ミュージアムの入り口付近まで案内される。
引率者に連れられて美術館入り口まで行くってなんか新鮮。
入り口で手指消毒、検温があった(この日美術館はしごしているので記憶が曖昧)くらいで
ホームページに記載されていた来場者の代表の連絡先を書くとかはありませんでした。


平日の午前ということもあってか混雑するということもなく最後までスムーズに観れました。


オランダにあるライデン国立古代博物館が所蔵するエジプトのコレクション25000点から
200点以上が展示されていてなかなか面白い展覧会だった。


4つのキーワードで古代エジプトからのメッセージを解き明かそうということで
エジプトを探索、発見、解読、スキャンする4つの章で構成されている。


中でも面白いのは第3章「エジプトを解読する」と第4章「エジプトをスキャンする」です。


ミイラのつくり方がパネルにイラスト付きで丁寧に解説されており
そのわきにはパネルと同じ内容が書かれたA4サイズの白黒の資料も置かれていて自由に持ち帰ることが出来ます。


(資料の方は公開していいのかわかりませんので掲載しません)






脳みそを搔き出したり心臓と腎臓を除く内臓を取り出したりと想像するだけで「ウッ」とする。


その取り出した内臓を入れるカノポス壺も展示されていて
「この中に死体から取り出したばかりの臓器を入れていたのか」と思うとゾッとします。
もちろん棺もたくさんありました。


最終章のスキャンでは実際にミイラが置かれ映像での解説もされていた。
亜麻布で丁寧にぐるぐる巻きにされたミイラを前にして、その性別や年齢また復顔された生前の顔を見て
この変色した布で巻かれた物体の正体がこんなだったんだと知ることが出来たが
生きていた人間だったとは思えないくらいカチコチの物体すぎて実感がわかず。


まぁでもよくこんだけ年数が経っても腐ることなくもっているなと感心させられる。


駆け込み来場を懸念したが平日ということもあってか混雑なく見れて良かった。
そのため鑑賞時間も予定よりも短くて済んだ。


この日の夕方(夜)以降に緊急事態宣言が出たので美術館は翌々日の日曜日から休館が多いみたいだ。
おそらく土曜日は混雑したところも少なくはなかっただろう。
平日に予定しておいてラッキーだったな。


「古代エジプト展」は6月27日までやっているのでこのまま閉幕することなく
おそらく5月、6月のどこかから再開されるんでしょうね。





「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展ー美しき棺のメッセージー」@Bunkamuraザ・ミュージアム



Bunkamuraザ・ミュージアムでは秋に、ポーラ美術館のコレクションを展示する美術展があるみたいです。
こちらも興味がありますね。





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント