展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

アメリカ戦

category - 日本代表・サッカー
2006/ 02/ 11
                 
日本 2-3 アメリカ(国際親善試合) 2/11 13:00(日本時間)=2/10 20:00 米国・サンフランシスコ:SBCパーク

GK 23 川口能活(磐田)
DF 2 田中誠(磐田)
DF 5 宮本恒靖(G大阪)
DF 22 中澤佑二(横浜FM)
MF 21 加地亮(G大阪)
MF 14 三都主アレサンドロ(浦和)
MF 15 福西崇史(磐田)
MF 4 遠藤保仁(G大阪)
MF 18 小野伸二(浦和)
MF 8 小笠原満男(鹿島)
FW 9 久保竜彦(横浜FM)

【得点者】24分ポープ、39分デンプシー49分トウェルマン(アメリカ)
60分巻誠一郎、89分中澤佑二(日本)

もうすぐワールドカップだというのに前半のあの試合内容はなんなんだ!?本番ダイジョウブなのか。
最初の方でゴールの上へ飛んだ加地のシュート以外、前半はシュートなし、しかも41分頃までCKゼロ。
完全にアメリカにペースを握られて押されまくりで、1トップの久保へボールがいかなかった。とにかく守備に追われて攻撃どころじゃなかった。(シュート数はアメリカ29本に対して、日本はわずか7本:日刊スポーツより)
アメリカにフィジカルで劣るし、寄せの速さに戸惑ってかどうかわからないが、ミスパスも多かった。ボールの取られ方とか、取られる位置悪すぎ。アメリカはスピードあるし、プレッシャーがきつかったですね。簡単にクロスをあげてきてましたし、またそういうときにゴール前にしっかり何人かの選手が入ってるんですね。

もうテレビは左側(日本サイド)ばっかり映してました。
あぶねーなぁって場面が続いてたら、案の定失点・・・
今日は小野も、最初のボランチ二人も良くなかった。

後半建て直せるかと思ったらセットプレーからアッサリ失点でどうなることかと思ったが、今日は交代した選手達が頑張ってくれました。
長谷部、阿部が入ったくらいから、流れは日本ペースへ。その後高さのある巻がダイビングヘッドでゴールを決めた。巻やってくれたね!今日は久保が久々の代表の試合だったんだけど、1トップで孤立してたし、周りともあわなかったりで、ちょっとかわいそうでした。

あと1点入れば追いつけるかも!と思ってたが、その1点が入った時間が遅すぎたな。中澤が珍しい足でのゴール。

しかし、長谷部良かったね。
浦和に入ったとき、端正な顔立ちで地味にウォッチし続けた選手だったんだけど、まさか将来代表入りする選手に成長するとは。
Jでは敵チームの選手だけど、代表では活躍する姿を楽しみにしてるよ。だけど、新戦力の長谷部とか佐藤寿人が入ったが、W杯出場のためにアピールする時間は少ないよな。この他に海外組もいるわけだから、最終メンバーに残るには厳しい戦いだな。

それより、何よりも、今日の試合見て本番に向け、モチベを上げることが出来ない自分がいるわけだが。
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんにちは。
本当にアメリカ戦の前半は途中から見てはいられませんでした。
2月はまだ2試合あるので、今度こそは本番へ向けて期待の持てる試合をして欲しいですね。
昨日は長谷部、巻、佐藤寿人が良かったですね。彼らに残された時間は短いけど、次の試合出番があったら結果を残して欲しいですよ。
こんばんは。
今日の試合、前半は酷かったですね・・・。
私はもう言葉になりませんでした。
でも後半入った長谷部は収穫ありです。すごく落ち着いてプレーしてました。
代表の中盤は駒が豊富ですから、簡単に代表定着とはいかないでしょうが、他の中盤の選手にはいい刺激になるのではと思っています。
次の試合はそれなりに内容ある試合を期待します。