展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「第三の来訪者・危険な結婚」 (1981年)  阿刀田高 『来訪者』

category - 土曜ワイド劇場
2006/ 02/ 14
                 
●「第三の来訪者・危険な結婚」  1981年2月14日
原作: 阿刀田高  『来訪者』  遠い迷宮 阿刀田高傑作短編集 ミステリー 収録
脚本: 松田寛夫
音楽: 佐藤允彦
監督: 中島貞夫
制作: C.A.L
出演: 秋吉久美子、大和田獏、市原悦子、山形勲、
岡江久美子、三浦真弓、花沢徳衛、小沢象ほか



和彦(大和田獏)は、東京のある小劇場に所属する売れない俳優。
その和彦が、財界の実力者大西(山形勲)の姪で
事実上の相続人である真紀子(秋吉久美子)と恋に落ちた。



だが、和彦には年上の愛人(三浦真弓)がいる。
売れない役者と富豪の令嬢、和彦はまさか
自分と真紀子の仲が結婚にまで発展するとは思ってもみなかった。


殺人が殺人を呼ぶミステリー。







原作は阿刀田高の「来訪者」という短編小説。
出てくるのは浮田和彦と結婚した真紀子と、二人の間に生まれた娘・幸恵を
出産した病院の雑役婦・神崎初江と最後に刑事がちょろっと。



和彦と真紀子は比較的裕福な家の子供で、
持ち家に住んでいて何かにつけて初江が家へ訪れては
幸恵の様子を見に来る。


しかも、家政婦としてこの家で働きたそうな素振りを見せてきた。


初江が帰ったその日の午後、刑事が真紀子のもとを訪れ
初江の一人娘が産んだ女の子が殺されたことを知った。


真紀子はこの話を聞き、熱心に家へ上がり込んでくる初江の様子から
あることを連想する・・・というもの。



ドラマの方は見たのはかなり前なので記憶が非常にあいまいだが
大和田獏と岡江久美子夫婦が出ていてベッドシーンがあったような覚えがある。
あっているかどうかはわかりませんが、岡江久美子が下着姿だったような。



じめっとした陰湿な雰囲気と夫婦共演ってのが頭の片隅に残っていて
ときおりこのドラマのことを思い出していたりしました。



ドラマでは殺人が重ねられていくとありますので
どんな内容なのかもう一度見てみたい。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント