展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

お題バトン

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 02/ 17
                 
ジュンさんから、「お題バトン」がまわってきました。

私のお題は「鹿島アントラーズ」
この”題目”を『』の中にはめ込んでいきます。
鹿島アントラーズについてはコチラをお読みください。

少し話がそれますが、昨日記事だけ書いて、今日は画像を差し込んで、文面をそれにあわせて修正して、アップしようとしたら、今日加筆した部分が突然消えました_| ̄|○

なので、これは再度書き直しています。
ちゃんと書くつもりが、こんな事件で時間をくってしまい、ショボくなってしまいました。

一昨日から、この時間、FC2のアクセスが悪いです。
一昨日は深夜、FC2からアクセス禁止状態(実際はアク禁じゃないっすよ)になっており、管理者画面へ入れなかったし、自分のブログも読めなかったよ。せっかく書いた記事消すなよ!もう。

それじゃ、書き直した文章でいってみよう。

            

Q1.本だなやPCに入っている『鹿島アントラーズ』は?
  書籍といわれるやつは、立ち読みか図書館で借りて読んでいるので無し。雑誌形式(?)は、クラブが出している「イヤーブック」と、ファンクラブの会報誌「月刊 フリークス」です。(サッカーマガジン、サッカーダイジェストなどの雑誌は除く)

yearbook2005
今年はまだリーグ戦始まってないので、去年のイヤーブック。
#30鈴木隆行
中身はこんなかんじ。各選手の紹介と、インタビュー、前年度の試合のデータや分析などが書かれています。

  PCについては、ゴールシーンや、鹿島を取り上げた番組、スタジアムで取った写真の数々、選手やチームスタッフに関するWEBの記事など多数あります。フォルダで分類して、管理してます。
ちなみにチームのスタッフに関する記事はスカウトの平野さんの記事とか諸々。
「新しい力」を見極めるプロ・スカウトの眼
鹿島のサッカー文化

Q2.今、妄想している『鹿島アントラーズ』は?
  Jリーグは3/4開幕(鹿島は3/5アウェーのサンフレッチェ広島戦)なので、今年の試合について妄想中。
鹿島は今年、6年という長期政権を築いてきたトニーニョ・セレーゾ前監督から、パウロ・アウトゥオリ新監督へ交代しました。
去年12月に行われた、クラブチーム世界一を決める「トヨタカップ」で、優勝したブラジルのサンパウロFCを率いた監督です。当時在籍してたシシーニョ(ブラジル代表)はスペインのレアル・マドリードへ移籍しましたよね。

チームは現在、恒例の宮崎キャンプに入っており、去年までとは違う新しい練習方法、そして新加入の選手を試すなど、今シーズンに期待がもてるトレーニングをしてるようです。
今年入団した、U-19(19歳以下の日本代表)で主力の内田篤人(17歳)を紅白戦で主力チームで起用するなど、もしかしたら鹿島史上初の高卒ルーキーのスタメンがあるかもしれません。この選手、今週のサッカーダイジェストにも「第2のシシーニョになれるか?」というような見出しで2ページに渡って、書かれていました。内田のポジションはは右のSBで、先に書いたシシーニョと同ポジション。アウトゥオリ監督がサンパウロの監督やっていたときには、シシーニョがいたし、今回はこの内田がいると。この監督の下内田篤人がシシーニョのようになれたらいいなと思ってます。

内田がキャンプの紅白戦で主力組に入れたのも、鹿島ではこのポジション選手層が薄いんですね。名良橋は怪我がちだし、内田潤はアレだし・・・去年もボランチの青木をコンバートして起用してた、苦しい台所事情があります。鹿島はチームのコンセプトが「育てながら勝つ」ですから、大型補強をするチームじゃないんでね。

このようなことから、補強(新卒新人は除く)がなかったものの、新しいシーズンへ思いを馳せているところです。逆に右SB,ボランチ補強しなくて大丈夫なのかとの不安もありますが。

Q3.最初に出会った『鹿島アントラーズ』は?
 Jリーグが始まった頃は、ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ1969)のファンだったので、対戦相手として見てましたね。今から13年程前でしょうか。その年に見たのが最初なのか、翌年なのか古い話なので、あまりしっかりと覚えてないです。
 ちなみに鹿島は茨城のチーム。私は東京出身&在住なので、茨城には縁がないのですが、好きになったキッカケは確か、チームというより、選手から入っていった記憶がある。それにやはりタイトルを獲って強かったので、それも気持ちが傾いていった理由かな。有名な外国人選手がいるのも魅力でしたし。
 もういないのですが、柳沢敦が好きでした。その後は2002年まで、1位:鈴木隆行 2位:柳沢敦 3位:中田浩二 4位:小笠原満男という順で好きだった。今は4位の選手しか鹿島にいません。ただし2位の選手が近々戻ってくるかもしれませんが・・・ちょっと戻ってくることに関しては微妙、手放しでは喜べないな。まぁ来週くらいになんらかの報道はされるでしょう。

Q4.特別な思い入れのある『鹿島アントラーズ』は?
  2000年「Jリーグ史上初、3冠達成!」
国内サッカーでは、リーグ、ナビスコカップ、天皇杯と大きなタイトルが3つあります。鹿島は唯一1年間にこの3つを全てを制覇した事があるんですね。(私はこの天皇杯の決勝で、清水サポからチクチク嫌味言われましたわ。)

国内チームの良さは、試合だけでなく練習を見に行く事もできることですかね。海外のクラブチームのファンの人も現地まで行ってる人もいるんでしょうが、そうそう気軽に行ける距離じゃないしね。
ちなみにブログ始まってから行った練習(サテ練ですが)はこんなかんじです。

Q5.友だちに、お題つきで回してください。
もともと安易な形で始めたブログ。ここまで続くとは正直思ってなかったんですが、続くキッカケとなった中尾さんに回したいと思います。
最初はサッカー中断期で、インテリア関係の話題が多かったんですが、旧ブログ時代にコメントをいただいて、それから大変お世話になってます。ここと違って、いつも美しい画像や時には厳しいメッセージなど、考えさせられる事が多いブログです。スポーツ系のブログもいいですが、こういう管理人さんの人柄がダイレクトに伝わってくるブログもいいですよ。
もちろん、お題は「小原流」で。

関連記事
スポンサーサイト

            
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんばんは。

サポーターでもないのに2回も試合みれば十分だってば。すごいことだわ。生で見てもらえたなんて、ホントありがとうございますm(__)m
りょも!!こんなに細かく書いてくれて有難うございます。昔二度ほどアントラーズの試合見にいった事あるだけで詳しくないので非常にわかりやすかったです。

PRIDEの速報はおまかせあれ。