2006/03/04
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

PRIDE31テレビ観戦

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 04
                 
メインの西島の試合を見終わった後、思わず目が潤んでしまいました。

dse
Dream Stage Entertainment presents

pride31
PRIDE.31("Last Man Standing"Videoから)

気になった試合から、放送された順番を無視して書きます。

西島入場

試合前はこの試合がメイン?と、DSEの西島への期待の高さをうかがわせた、西島洋介vsマーク・ハントから。西島は今年のラッキーカラーの緑と黄色のパンツ着用で、決戦のリングへ向かう。
まずはお約束のこのカードの煽りの映像が流れた。西島が強くなりたい一心で、日本でのボクシングのライセンスを剥奪されながらもアメリカでの修行の日々の映像が流れる。ファイトマネーはスズメの涙。家計は妻が働いて支えた。二人の息子は自分の試合を見たことがない。PRIDEデビュー戦のこの試合、息子達に自分の生き様をみせたかったのだろう。その苦労人の西島が、闘志溢れるファイトで魅せてくれた。本人が会見で「強さを求めていったら、PRIDEだった」と言っていた「PRIDE」のリングで。

1Rハントの攻撃をかわしていた西島だが、やはり体重差からかハントにマウントポジションを許してしまう。しかしその後、すくりと立ち上がって脱出した西島。これには会場も沸いていた。

西島優位に

そして、1R残り20秒をきったあたりから、体重差のあるハント相手にあわやというシーンまで作り出した。事前に試合の内容はあまりチェックしないようにしてたので、まずは36キロの体重差ある元K-1王者ハント相手に1R耐えたのはすごいと素直に思ってしまった。

続く2R。鼻血たおびただしく噴出してきた西島。さすがにこのラウンドになると劣勢だ。パンチを打たれながらも耐える西島だったが。。。
2R終了直前

2Rが終わる直前にはコーナー付近で崩れてしまう。しかし本人はダウンしてないよと。ドクターの見解は意識があるので続行するが、あと一回やられたら止めるしかないと。

最終ラウンド。さすがにダメージが蓄積してる印象だ。もう気力だけで闘っている。
壮絶に散る

最後はハントの右ストレートで、リングへ壮絶に散った。
PRIDEデビュー戦は残念ながら、敗戦となった西島。しかしながらハントのマイクにもあるとおり「ニシジマは本当の戦士だった。今日彼と戦えたを光栄に思う」というとおり、西島の意地が随所に見られた試合。メインにふさわしい内容の濃い一戦でした。次は体重差がない選手との試合を見たい。

さて、お次は西島に続いて男をあげた高阪剛vsマリオ・スペーヒー
仕掛けていく高阪だがスペーヒーの攻撃から劣勢になると、それをおそれず前へ前へと行く。こちらも気持ちの強さが伝わる試合。最後はパンチの連打でKO。

高阪

試合後高阪は「もし、できることなら5月のトーナメント(無差別級GP)に出て、それを最後に選手を引退します。だから、もう一度力を貸してください!」

吉田秀彦
高阪が勝った時、吉田の嬉しそうな表情が。ガッツポーズもしてたような気がします。画面すぐ切り替わっちゃったんで不確かですが。

マウリシオ・ショーグンvsマーク・コールマン
これはダイジェスト扱いでしたね。

ショーグン

ショーグン2

写真ではわかりにくいんですが、ショーグンの腕が逆側に曲がってました。レフェリーストップなのに続行しようとするコールマンに対し、シウバ等がリングへ乱入してました。ショーグン大事に至らないといいんですが。

「赤いパンツの頑固者」田村潔司の試合です。
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvs田村潔司
田村潔司

ノゲイラの圧勝。田村は全く見せ場がなく、何をやりたかったのかわからなかったし、この試合が田村ではなかったらとりあげてもいなかったかも。

赤いパンツの男
試合前のPVより。サクが戦いたい相手のパンツの色を「赤」と。

サクのラブコール
その後サクは実際に田村へラブコールする

ふんどし高田
ふんどし高田さんも「出てこいや!」と田村を挑発。試合内容について書くことがなかったので、写真で遊んでみました。

ジョシュ・バーネットvs中村 和裕
ジョシュさん

これもほとんど書くことはないかな。カズが足を決められたときはタップするかなと思ったんだけど。結局スリーパーにて決着。ジョシュのマイクも放送されなかったし。うーん、PRIDEでジョシュさんのプロレス技みたいな~。

セルゲイ・ハリトーノフvsアリスター・オーフレイム
テイクダウンとってからはオーフレイムの一人舞台。ハリトーノフは全く見せ場がない。出血がすごかったんですが、右肩を脱臼、鼻も骨折してたらしいですね。

右手と鼻
右手は全く動かない状態のハリトーノフ。

武士道

テレビでは一番最後に(会場では休憩前後でしょうね)4/2有明コロシアムで行われる「PRIDE武士道-其の拾-」宣伝のため、ベルトを肩に掛けて登場!

五味隆典

「4/2に有明コロシアムで行われる武士道のメインイベントに出場させていただくことになりました。チャンピオンらしい試合をやりたいと思うので、みなさんも遊びに来てください」とコメント。

------------------------------
ちょっとPRIDE以外のプロレスの話題も。
先週日曜に新日のレスナーvs曙(タッグマッチ)をみました。
プロレスラー曙は懐が深い感じですね。今後が楽しみです。レスナーも同様に感じたのか、試合後リング上で二人は握手を交わしてましたね。

そしてNOAHの試合はようやっと昨日ビデオを見ることができた。
タッグで対戦した秋山に対し、鈴木みのるが試合が終わった直後、リングの上で秋山に自分のTシャツを無理やり着せてた。
その後のコメントで
「体が大きい秋山がひっぱっても敗れない、鈴木みのる『ベロだしTシャツ』3800円で絶賛発売中!」って鈴木がいってたのがウケました。
明日はハッスルもあるけど、NOAHの武道館大会でもあるんですよね。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

田村は残念でした。
皆さんいわれてる通り、何をしに出てきたのかわからなかったです。でも、試合前の雑誌のインタビューとか読むと、もしかしたら善戦してくれるかもと思ったのですが。

試合前の煽りのVTRは良かったです。
オープニングもカッコよかったし。
はじめまして。
コメントありがとうございます。

メインとしてはどうなのかと思ってた西島だったけど、結果はメインにふさわしい試合内容となりましたね。

やはりハントとの体格差はデカかったので、次は同じ階級の選手と戦わせたいです。
こんにちは!PVから田村VS桜庭を実現したかったDSEの思いが伝わってきますね!田村の試合前のPVって所が意味深ですね笑。吉田の表情いいですね!TKとは仲良さそうですから嬉しかったんでしょうね!
 
はじめまして!
チュニと申します。
西島の試合は結構感動しました。
次回は、無差別級ではなくミドル級での
試合を見たいです。
息子とかをホドリゴしたかった。