2006/03/16
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

HERO’S

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 16
                 
「HERO’S 2006」 2006年3月15日(水) 日本武道館
17:30開演 観衆:8,770人 満員

HERO’S開幕

2006年「HERO’S」開幕!去年見てハマってしまって、テレビ観戦楽しみにしてました。
バンナの試合からみました。
気になった試合のみいくつか。

闘うフリーター 三角絞め

まずは、この人を紹介するとき「闘うフリーター」という言葉がすっかり定着した、風呂なしアパートに住むフリーター、所英男さんの試合から。

この極真の池田選手って全くわからなかったので、どんな試合になるか予想もつきませんでした。入場曲は所ジョージさんが作ってくれた、Dynamite!の時のあの曲で!
開始から積極的にいく所さん。すぐにタックルからテイクダウンを奪うと、そのまま三角絞めへ移行。所さんの「落ちた」という声ですぐにレフリーが「一本っ!」と試合終了。池田は全く見せ場なく負けてしまった。
前田日明 リングへダイブする所英男

メインの重圧から解き放たれた所さんはすごい喜びようだ。そのままリング下にいた前田日明のもとへ挨拶へいく。

お面をつけた須藤元気 HERO’S

この日もド派手な須藤元気の入場シーン。お面をつけカンフーの衣装に身を包んだ須藤元気は試合前に気付けの酒を喰らう。

須藤元気 Dancing

面を取って素顔になった元気は、キョンシーたちを従えて花道へ。ダンスをしながらリングへ向かう。

試合は1R須藤が優勢も、ローセンのディフェンスのうまさが目立つ。次のラウンドでは須藤の動きが落ちたからか、ローセンも攻撃にでた。結局須藤は決められず判定もドローで延長戦へ。この日須藤は1Rはカンフー着を着て戦ってました。
須藤はタックルからテイクダウンを奪い、バウンド攻撃も繰り出し、須藤が優勢で終わり、判定も3-0で勝利。ローセンの粘りもあり、判定までいっちゃいましたね。
実は須藤は1Rで足を痛めてしまい棄権も考えたそうだ。前田は須藤をこの大会のMVPと言っている。

須藤、判定で辛勝


しかし、須藤元気の試合の前に、Dynamite!のKIDvs須藤の試合流して、他に放送されない試合があったのは残念。
            

去年KID相手に出血による無念の敗戦を味わった宇野。
今年こそはこのトーナメント勝ち抜いてKIDにリベンジだ。
(今回は去年の9月のようにトーナメントじゃなかったですね。楽しみにしてたというわりには、マッタリとしかチェックしてなかったんだなぁ、私)

グラウンドでの攻防 宇野、判定勝ち

1R途中から宇野がテイクダウンをとりグラウンドの攻防へ。
やはりグラウンドでは宇野が1枚上手。かなりパンチを浴びせていったんだけど、クレメンテの粘りもありこちらも判定へ。
宇野どうしたことか、よくなかったですね。勝ったもののすっきりしなかった。

そして、秋山vs石澤ですが、やはり秋山の貫録勝ち。やはりブランクがありすぎたか・・・
セコンドには藤田和之がいました。

最後に、大山の試合ですが、大山が左目横のあたりから大量出血してハラハラしちゃって見てられませんでした。

全試合の結果です。
■オープニング・ファイト
<HERO’Sルール/5分2R延長1R/75キロ契約>
× 國奥麒樹真    VS   アントニオ・マッキー ○
(フリー)           (米国/チーム ロード オブ ザ リング)
2R判定3-0 

■第1試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R/92キロ契約>
× 大山峻護  VS    メルヴィン・マヌーフ ×
(フリー)         (オランダ/ショータイム)
1R2分51秒、TKO ※ドクターストップ

■第2試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R>
○ ジェロム・レ・バンナ        VS  ジミー・アンブリッツ ×
(フランス/                   (米国/
Le Vanner X tream Team)         トッド メディーーナフリースタイルファイトチーム)
1R2分04秒、KO

■第3試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R/70キロ契約>
○ 宮田和幸   VS    エリカス・ペトライティス ×
(フリー)          (リトアニア/リングスリトアニア)
1R3分59秒、腕ひしぎ十字固め

■第4試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R/70キロ契約>
○ 宇野 薫        VS  リッチ・クレメンテ ×
(和術慧舟會東京本部)     (米国/チームブードゥー)
2R判定 3-0

■第5試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R>
○ ヒース・ヒーリング       VS    ゲーリー・グッドリッジ ×
(USA/ゴールデングローリージム)       (トリニダード・トバコ/フリー)
2R1分55秒、KO
■第6試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R/88キロ契約>
○ 秋山成勲    VS   石澤常光 ×
(フリー)          (TEAM JAPAN)
2R1分41秒、袖車絞め

■第7試合
<HERO’Sルール/5分2R延長1R>
× 山本宜久   VS   キム・ミンス ○
(フリー)         (韓国/リングス・コリア)
2R1分32秒、スリーパーホールド

■第8試合
<HERO’S特別ルール/5分2R延長1R/72キロ契約>
○ 須藤元気        VS  オーレ・ローセン ×
(ビバリーヒルズ柔術)     (デンマーク/Untamed)
延長3-0

■第9試合(メーンイベント)
<HERO’Sルール/5分2R延長1R/72キロ契約>
○ 所 英男       VS     池田祥規 ×
(リバーサルジム)        (極真会館)
1R0分49秒、三角絞め

関連記事
スポンサーサイト

            
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

最後が所さんでよかった。
須藤、宇野がパッとしなかったですからね。
現地で高いチケット代払って見た人たちはどう思ったんでしょうか?
とはいえ、またTV放送されたら次も見ちゃうんですけどね。
所さんの対戦相手、池田選手がどのくらいすごい選手かわからないまま試合終わっちゃいましたね。
須藤の試合は、対戦相手の粘りがすごかったですね。
でも、須藤、宇野とも期待してただけに、試合内容が・・・
宮田ですか・・・私それは見てないです。
前田の発言ですが、私もスポ新読んだ時、「それはないだろっ!」って思ったんで全く理解できないですね。
MVPはテレビで見る限り所さんでは?
こんばんは
所が完勝したので良かったと思いました。
そうでもしないと最悪の大会になるところでしたよ・・・
須藤、宇野が判定というのが痛かったですね。
こんばんは!所完勝でしたね!須藤は、お客を意識したフィニッシュ技を狙ってたと思うんですが、自身の怪我、ローセンの予想以上の寝技スキルに苦しんでましたね。日明兄さんの嬉しそうな表情が印象的でした!
こんばんは!
所くんは相手が素人とはいえ、きっちりメインの
重責果たしましたね。
あとは宮田がよかったくらいかなぁ…
前田の須藤がMVP発言はいやみではなく本心なんでしょうか?