2006/04/23
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ハッスル・ハウスvol.13

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 23
                 
「ハッスル・ハウスvol.13」
4月22日(土) 後楽園ホール 
19時開始 観衆:2,100人

ニューリン様

この日は試合が組まれてはいなかったが、NEWインリン様ことニューリン様が後楽園ホールに初登場!

諸注意はHGから。やはりまた野次に対しての注意があったが、特に後楽園みたいな小さなところだとこういう寒い野次がうざいことこの上ないからな。「会場をひかせるのはRGだけで十分です。きっちり線引きフォーッ!」
本日の試合紹介で第2ハッスルだけ、「安田忠夫の試合」と紹介されてウケた。

第0ハッスル
× 鈴木健想  vs  ハッスル仮面 イエロー ○
5分37秒 フライングボディープレス→体固め
これは、この日試合が組まれてない鈴木夫婦がRGMに代わって挨拶をしにリングに上がっていた岸本PRに試合を組むよう詰め寄り、岸本PRが「ハッスル仮面、助けて」の声にイエローが参上したというもの。
なので、「第0試合」ということになったようだ。

試合は場外乱闘アリ、そしてまたもや誤爆から健想のフォール負け。
明日の試合で健想がビックリさせてくれるようだが何をやるつもりだか。しかし、イエローちゃん人気者ですな。

第1ハッスル
金村キンタロー  ソドム ○
田中将斗    vs    ゴモラ
× 黒田哲広       ジャイアント・バボ
10分00秒 ソドムバスター→片エビ固め

第2ハッスル
○安田忠夫 バッケン・ブレイク ×
12分59秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め

”バッケン・ブレイク”って何?ってかんじだが、まぁ競馬好きな借金王安田でバッケンとくるからには
「バッケン=馬券」であることは容易に想像がつくわけだが。小生初めて「馬券ブレイク」って雑誌があることを知りました。ひとつ勉強。
馬券ブレイク!
これがその「馬券ブレイク!」だそうだ。

でそのドイツ出身らしいバッケン・ブレイクだが競馬に精通してないため、あのコスチュームがどういうものなのか意味不明のまま。
            

セミハッスル
“ハッスルあちち”大谷晋二郎 vs 坂田亘 ○
×横井宏考                崔領二
12分59秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
坂田とタッグを組む予定だった天龍が頭部負傷により欠場。
そして何故か石狩と軍鶏侍が行方不明の噂。やはりハッスルから卒業か。確か軍鶏侍は小川から離れたはずでは。手薄になった(というのだろうか)ハッスル軍には横井が。
試合は坂田が横井からフォールを奪い青木裕子は水着姿を披露しなくてすんだ。最後に坂田は「裕子は俺の前でしか水着になれないんだよ」と今後の水着賭けマッチを撤回したとか。青木裕子の水着もいらないと思うんだが。天龍と組む坂田ってのは見てみたいな。
                   
メインハッスル
○TAJIRI     アン・ジョー司令長官
Erica   vs  赤鬼蜘蛛 ×
マーガレット      ドクロンZ
11分44秒 バスソーキック→片エビ固め
Ericaとマーガレット、顔が放送コードギリギリな蜘蛛が嫌いな二人に、蜘蛛なら任せておけと頼もしい助っ人が。今回は弱っちい男子ではなく、TAJIRIと一緒にモンスター軍に挑んだ。

試合後バルコニーに総統たちが登場。ニューリン様もいた。
しつこく喰らいついてくるTAJIRIに「黒ひげ危機一髪」似で気持ち悪いと一蹴。なるほどTAJIRIはこういうふうにNEWインリン様に絡ませていくわけね。後楽園2日目はTAJIRI&あちち&ハッスル仮面イエロー組対アン・ジョー司令長官&ソドム&ゴモラ組ですって。おデブのイエローちゃんが自らアピールしてTAJIRI組みに加わった。お茶目なイエローちゃんだわ。

大阪と違い特にサプライズがあったわけでもなく、通常のイベントだったようで。今日は日曜の昼間だし、マッタリと進行してくんでしょうな。

関連記事
スポンサーサイト

            
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント