FC2ブログ
2006/05/13
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ハッスル17

category - 格闘技・プロレス
2006/ 05/ 13
                 
「ハッスル17」
5月13日(土) 仙台市体育館 
17時開始 観衆:6,690人(満員)

タマアゴ

来月のハッスル・エイドで何かが起こる!?
試合終了後、小川が「顎」が突き出たタマゴを持ち出し、ハッスルエイドで「ダーッ!」っと生まれると宣言。このタマゴには「A」の文字があり、「アゴ、A、ダーッ!」とお騒がせな”あの男”を連想させる。まさかとは思うがねぇ。
あちちは「タマアゴから出てくるものは必ずやハッスル軍に福をもたらす。高田総統はもちろん、日本中がビビってたじろぐはずだ」という人物の正体は、一体何者なのか?

ハッスルの諸注意はあちちが担当。
あちち2:50Tシャツ

似ている二人、あちちと江頭2:50のコラボレーション「あちち2:50Tシャツ」

あちちあられ

これからの季節にぴったり!?「あちちあられ」

楽天イーグルス

仙台ということもあり楽天イーグルスのマスコット、カラスコも登場!RGMをやっつける!

第1ハッスル
ハッスル仮面 レッド       恐・イタコ
ハッスル仮面 ブルー  vs  ザ・ネオ・デビル・ピエロ1号×
○ハッスル仮面 イエロー     ザ・ネオ・デビル・ピエロ2号
10分00秒 フライングボディプレス→体固め

最近出番が多い、恐イタコが登場。
青森から誕生した恐山出身のイタコだが、いろんなところへ出没してるな。ただし最近ネタ切れなのか、同じ人ばかり憑依してる気がするが。

ジャンピングニー
ジャンボ鶴田のジャンピングニー
オー!
その後はお決まりの「オー!」(なつかしい)

ハッスル仮面
勝利したハッスル仮面。(写真は公開中の16から)

第2ハッスル
○金村キンタロー  ジャイアント・バボ
Erica   vs  ザ・ピラニアン・モンスターΩ×
マーガレット   ドクロンZ
7分49秒 爆YAMAスペシャル→体固め

ちょっと「下ネタ」に走りすぎですよ。「キンンタ、マー」とかEricaを強引にマカオに行く設定にして「キンタ、マカオに着く」や、黒田を絡めて「キンタ、マー、クロダ」とかさ。ハッスルは子供も多いんだし。

さて、こちらのブログへも「ドクロンZ」のキーワードで来る人も少なくなくて、去年後楽園ホールへ見に行ったときに、たまたま誕生したドクロンさんが未だに人気で少し嬉しく思ってる管理人です。あの時は間近で見るドクロンさんの編み上げの素晴らしいコスチュームに、下着はどうしてるのか?など妄想をかきたてられました。あの時アリシンZをドクロンZにしたジャガーYは現在妊娠中らしいですね。おめでとうございます。

ドクロンとキンタ


今日も金村にジャーマンやったり、リング下の机に寝かされてボディプレス受けたりと、この人の試合はおもしろい。しかし、よくあのセクハラ攻撃に耐えてるよな。いろんな意味でドクロンZを応援して行きたいと思ったデス。

第3ハッスル
○TAJIRI      仙台市・ロー
大谷晋二郎 vs  赤鬼蜘蛛×
田中将斗      ザ・フライング・バンパイア25世
11分11秒 バスソーキック→体固め

「仙台市ロー」って何?って思ったら「仙台四郎」さんという、明治時代に実在していた人物だという。彼が訪れたお店は客足が増え、「福の神」といわれ写真を飾ってるお店も多いそうな。

仙台市・ロー

この真ん中にいるのが”仙台市・ロー”だ。仙台四郎さんそっくりの顔立ちで、リングで正座をしたりして、田中も一瞬困惑気味だったが、ローの正面に同じく正座する。
仙台へ行った人からよくお土産でいただく「萩の月」をTAJIRIたちの口へぶち込んだり、(これは攻撃にはならんじゃん:笑)なかなか軽快な動きをするじゃんか。

アタシはこの「福笑い」ってか「ひょっとこ」風のマスクがたまらんです。

このあとニューリン様が登場。
グリーンミスト

TAJIRIの毒霧攻撃に憤慨。エイドで直接対決実現か!?

セミハッスル
“ハッスルスーパータッグ選手権~坂田軍が負けたら青木裕子が即水着マッチ”
○坂田亘  vs 川田利明
崔領二      佐藤耕平×
13分14秒 前方回転エビ固め

また「水着賭けマッチ」かよ。

坂田と青木裕子

あたしゃよくわからんが、この青木裕子がかもしだす「暗い色気」ってんですか?これが男性ファンの心を捉えてるですかね。いつ”ジャージ”から”水着”になるかってのでこんなに引っ張って行ってるのがある意味すごいわな。川田からは「くたびれた姉ちゃん」扱いされ、坂田の本物の彼女(小池栄子)との水着マッチを持ち出されてるし。
未だに佐藤耕平が何言ってんだかわかんないってのが、いつ彼の言葉を聞き取れるようになるのか、果たしてそんな日が来るのかアタシはそっちの方で引っ張られてるよ。

メインハッスル
○小川直也            アン・ジョー司令長官×
ザ・グレート・サスケ  vs  白使
HG               ゴモラ
19分41秒 STOボンバー→片エビ

白使とHG

アタシ的には久しぶりに見る新崎人生いや、白使。
しかし、みちプロ関係は「男盛」といい、いいね~。
”ふんどし”キーワードで人が来るたび、男盛のふんどし姿が脳裏によみがえる今日この頃ですが、男盛といえば「アレクサンダー大塚」アレクって以前はPRIDEのリングにもあがってたのに、ちょっと目を離してるスキにふんどし男盛とはねぇ。アレクってバトラーツのイメージが強いのだが、バトラーツといえばトーイの愛称で知られる石川雄規を思い出す。ってかバトラーツって島田レフェリー(島田二等兵)もいたじゃん。モハメド・ヨネ他今はNOAHのリングで見る選手もかつては在籍していた。うーん、なつかしい。

昔話はこれくらいにして、試合はHGの69ドライバーで白使の洗脳が解けて、最後は棺おけに入り、宮城県某所にあるという墓に返されたようだ。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

驚きといえば、エイドに向けカイヤだけではフルハウスにするには厳しい。当然他にも考えているんでしょうが。
1ヵ月後に迫ったハッスルエイドだが、どんな仕込をしてくるのか気になりますね。
こんばんは。
さすがに「1,2.3、ダーッ!」の人ではないと思いますけど(そうだったらイヤだ)
ニューリンでインパクト大だった「卵シリーズ」
ハッスル軍からはどんな人物が誕生するんでしょう。
うーんあまり腑に落ちないオチだとね。驚きのものがほしいね。
こんにちは!ハッスルの卵シリーズ大好きです笑。「タマアゴ」の中身だれなんですかねえ!やっぱり猪木なのかなあ・・・うーん、難しい。ハッスルエイドを待つしかないですね!楽しみです!!