展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

どうなるPRIDE!?

category - 格闘技・プロレス
2006/ 06/ 07
                 
昨日はあまり寝た気がせず、会社を休みたいくらいでした。


私がフジテレビがPRIDEから撤退するというニュースを知ったのは5日の19:20頃。昨日は珍しく早い時間にブログを書こうと思って書いていたところこのニュースを知ったんです。

先週末は格闘技とサッカーの試合が多く、武士道の記事を書いたのみだったので残りのサッカーの記事をエントリーする予定が、この件を知り非常事態だったので書きかけのサッカー記事をフジがPRIDEから撤退するという記事に差し替えました。


読んではいないのですが週間現代がPRIDEと暴力団の関係についてかなり書いているのは知ってました。昨日書いた別冊宝島の「新日、K-1、PRIDEタブー大全☆2006」などは読んでいたしそれ以外でもこういった噂はしってたので、気にはしてたんですけどね。別にPRIDEだけでなくプロレス・格闘技などの興行関係にはこういった噂はつきものですしね。(暴力団との関係を肯定してるわけではないし、DSEが実際彼らとどの程度の関係なのかはわかりませんのでその辺は深読みしないでくださいね)まだ「総合格闘技」なんて言葉もないプロレスから入った自分としては、今までも選手達がくっついたり離れたり、引退したり復帰したり、団体が消滅したり色々とありましたから。気持ちを強く持ちたいところ。


この間ですか、現代が「フジテレビがPRIDEの放送を9月で打ち切る」という記事を書いていたようですね。その辺から「これは本当にまずいことになりそうだ」という不安が常にありました。
フジテレビが放送をやめ、イベントに関与しないということはDSEにとってどれくらいのダメージの大きさかっていうのはファンのみんなはわかっているはず。


PRIDEの魅力とは制限の少ないルールの中での過酷な闘い。質の高いトップファイターたちが繰り広げる時には残酷な結果をも生み出すバーリ・トゥード。
そしてそれだけではなく試合前の両選手の紹介ビデオというと安っぽいが煽りのVTR、選手の入場シーンの演出のクオリティの高さ。リングアナ、実況のアナたち脇役たちも含めこの辺りも盛り上がる要素のひとつですよね。


フジが撤退するということは今後PRIDEが生き残り他局で放送されたとしても、こういった演出面のクオリティが低くなる可能性は大。なんかPRIDEがPRIDEじゃなくなっちゃうような。

スカパーの方は放送を継続するのかどうか正式な発表がされていません。これもなくなるようだとPPVの収入さえもなくなるわけで、本当にやばい状況になります。第一フジが制作をしなくなってどうやってスカパーの放送をするのか。


昨日は何かの報道をみてDSEが主催するもうひとつのイベント、ハッスルの地上波も中止と書きましたがこちらはまだ正式決定されていないようですね。ハッスルの方は本日加藤GM代行が今後も予定されているイベントをやるとコメントしました。


代表の会見は7日と報道されてましたが、今日のスポナビでは8日となっています。どっちが本当なんでしょうか。


※ハッスルの全国放送中止も発表されました。スカパーもヤバそうですね。そして社長の会見は8日のようです。


5日の時点でフジテレビのHPからPRIDE関係のものが消されていますね。怖いくらい対応が早い。
4日はさいたまスーパーアリーナにてPRIDEの「武士道シリーズ」があり、PPVでの放送がありました。


10日の夕方にはフジテレビにて放送が予定されていた。5日の14時から行われたPRIDE新道場「Dreamers」の道場開きの会見時にはフジからのお祝いの花もあり関係者の姿も確認されたとか。それから4時間後に「打ち切りの」発表。フジがDSEから急遽手を引かざるをえない事情とはなんだったのだろうか。いずれにしてもDSEからのコメントがないことにはこれ以上は何もわからないですね。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント