A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

美女シリーズ4 白い人魚の美女・江戸川乱歩の「緑衣の鬼」(1978年) - 2006.07.08 Sat

土ワイ放送開始翌月の「氷柱の美女」を皮切りに
「浴室の美女」「死刑台の美女」に続く4作目です。



1年間にこんなに作られるなんて、最初から人気が高かったんですね~。
「一周年記念娯楽大作」として放送されました。



江戸川乱歩の緑衣の鬼


●「白い人魚の美女・江戸川乱歩の緑衣の鬼」  1978年7月8日
原作: 江戸川乱歩  『緑衣の鬼
脚本: 宮川一郎
音楽: 鏑木創
監督: 井上梅次
制作: 松竹
出演: 天知茂、五十嵐めぐみ、夏純子、
荻島真一、荒井注、朝加真由美、松村達雄ほか




白い人魚の美女


地球全体が熱病にかかったような蒸し暑い夜だった。
明智小五郎(天知茂)と助手の文代(五十嵐めぐみ)が
事務所から帰ろうとするとビルからライトの灯りがこぼれ
ブラインドから覗くと大きな影がうごめいていた。


車でそこを通りかかったとき、ビルの屋上で一人の男が
ライトの前で不思議なポーズをとっていた。


白い人魚の美女

二人が車を降りるとひとりの女がやってきて
男の影に襲われそうになり怯えていた。
明智たちが駆けつけると、その女性は文代の女子大の先輩で
絹川芳枝(夏純子)という美しい女だった。
芳枝は詩人笹本静夫と結婚していた。


芳枝の家には日夜奇妙な影が出没し、
静夫はノイローゼになって寝込んでいた。
その影は不気味にも笑うのだという。
明智たちは芳枝を家まで送り届けると
芳枝に誘われるまま家へあがり静夫を紹介された。



静夫は明りが怖いといい、部屋を暗くしていて
サングラスをかけていた。
すると部屋に男の笑い声が響き影が映り
外へ出てみると芳枝の写真が入ったロケットが落ちていた。


明智は波越警部(荒井注)にロケットを持っていき事情を話し
芳枝の身が心配で文代に様子を見に行かせた。

白い人魚の美女

センセって本当に美人に弱いんだから。


文代が笹本家へ行くと玄関が開いていて笑い声が響き
中へ入ると芳枝が倒れていて、静夫は部屋で殺されていた。
文代も背後から何者かに襲われた。
薄れていく意識の中で緑色のマントを見た。


波越からの電話でロケットが財閥の夏目菊太郎(松村達雄)のものであることがわかった。
明智が笹本家へ行くと、文代が倒れていたが
静夫の死体も、良枝の姿も消えていた。
浴室から音がしていってみると、手伝いのタマ子が浴槽で死んでいて
モジャモジャ頭に帽子をかぶった緑色のマントを着た男が覗いていて
明智が気づくと逃げていった。


明智と波越がロケットを持って夏目邸へ行った。
ロケットは確かに菊太郎が購入したものだった。
夏目の弟菊二郎の娘が芳枝だった。
芳枝は大学を出ると静夫とすぐに結婚したが
静夫とは会ったことはなく以来疎遠だった。


菊太郎には太郎と知子(朝加真由美)という子供がいた。
太郎は病気でいないというが、部屋をみせてもらうことにした。


白い人魚の美女



するとそこはドアも、壁も、カーテンも何もかもが緑色で
芳枝の写真が沢山飾られていて、知子の話では
太郎は芳枝が好きで静雄と結婚してからノイローゼになってしまった。
波越は部屋にあった太郎の写真を持っていった。
太郎の顔には左の頬に事故で負った傷跡があった。
その後、太郎の行方はわからないままだった。


ホテルに緑色の格好をした男が宿泊していた。
フロントでは手配中の男と似ていると警察に通報した。
主任は緑色の男の部屋に入ってみると
トランクが動き開けてみると芳枝が閉じ込められていた。
波越たちがホテルに到着して部屋に入ると
気を失った芳枝と主任が残されているようだった。
部屋はロックされていて密室だった。


入院した芳枝は明智と波越に緑の男が静夫を殺したといい
頭を殴られたと説明した。
そこへ菊太郎と知子が見舞いに訪れてしばらく皆で熱川の別荘で過ごすことにした。
最近雇った信頼のおける秘書の山崎(荻島真一)も同行することになった。



白い人魚の美女

と、ここで信頼が置けなさそうな荻島真一が美女シリーズ初登場!
さらにセンセに学生時代本気で明智の事務所に入りたかったとか
明智の推理力を美学だとか芸術だとか褒めまくるという胡散臭さ。


熱川バナナワニ園

そして、美女シリーズといえばココ
バナナ・ワニ園も初登場!

バナナワニ園

園内の風景が映りまくります♪



芳枝から熱川に誘われた文代が到着した。
もう夕刻なのに水族館に行こうという。
文代は山崎たちに部屋に案内してもらうと
双眼鏡を持っていた山崎はあそこが水族館だと教えてくれた。



白い人魚の美女


文代は着替えてから向かおうと、もう一度双眼鏡で場所を確かめようとした。
するとそこに緑の帽子とマントを着た男がいるのを見つけた。
緑の男は芳枝を見つけるとブラウスを剥いで襲おうとする。
慌てた文代はそばにいた知子とともに水族館へ向かう途中
山崎とでくわした、水族館へ着くと山崎が芳枝のブラウスを見つけて
知子に警察に知らせるようにいうと、文代とふたりで館内を探した。


二手に分かれ、文代のほうが気絶した芳枝の衣服をはぐ
男を見つけて追いかけていくと姿を見失ってしまった。
そこへ向こうから山崎が走ってきた。
緑の男は消えてしまったが、水槽に気を失った芳枝を見つけた。


病院で見舞いに来た明智に、芳枝は探偵という職業を超えて
自分を助けて欲しいというが、それを明智は拒むと
「先生ってやさしいように見えて、根は冷たいんですね」と傷ついた様子だった。


知子に見知らぬ少年が太郎からの手紙を渡しに来た。
子供の頃遊んだ洞窟に警察に知らせず来てくれと書かれてあった。
知子の様子を見て心配した山崎がやってきて
結局ふたりで洞窟へ向かうことにした。
洞窟の中へは知子だけが入っていった。
奥には緑の男がいて、知子はネクタイで首を絞められて殺されてしまった。


一方、東京では身元不明の預かり荷物のトランクの中から
静夫と思われる男の腐乱死体が発見された。


白い人魚の美女

静夫の納骨を済ませた芳枝と山崎が明智の事務所へやってきた。
明智は太郎が精神異常に見えるが、事件は密室の中で行われている。
その辺の違和感と密室のなぞは犯人が
ただ単に頭がいいだけではないような気がすると話した。
芳枝は忙しい明智に変わって自分によくしてくれる山崎に気持ちが移っているようだった。


二人が事務所から帰っていくと、明智は文代に
菊太郎の莫大な財産が誰の元へ行くのか気になると話す。


山崎と芳枝は菊太郎に二人で新しい家庭を持ちたいのだと話した。
山崎を信頼している菊太郎は賛成して、財産を全額寄付するつもりだったが
これを機会にそれについてもゆっくり話そうと芳枝たちに言った。


白い人魚の美女

ふたりは菊太郎が賛成してくれたことに大喜びしていた。


芳枝と山崎が部屋に帰りひとりになった菊太郎は
突然部屋の電気が消えて芳枝の悲鳴が聞こえ
緑の男を山崎が追いかけていったが見失った。
芳枝も緑の男に連れ去られまたしても行方がわからなくなった。

翌日、菊太郎は明智と波越に太郎のことはあきらめて
芳枝と山崎が結婚したら自分の跡を継がせることを決めたと話す。


芳枝の捜索をしている最中大きな洞穴を見つけた。

白い人魚の美女


抜け穴があるのか?
それについての資料を菊太郎から見せてもらった。
夜、緑の男を追いかけていった波越は空井戸に落ちてしまった。
そのまま中へ進んでいくとふたりの緑色のマントを着た男を見つけた。


白い人魚の美女


そのうちの一人を捕まえたところで、山崎とであった。
山崎もあの資料を見て井戸から抜け道の存在を知り確かめようとしていたのだ。
波越が捕まえた緑の男は明智の変装で、そばには芳枝が倒れていた。



白い人魚の美女

明智はぬかるみに靴の跡を見つけるが、自分達のものしかないという。
波越は「なるほど、(緑の男)夏目太郎は宙を浮いていって・・・
そんなバカなぁ。」とひとりツッコミ。


別荘に帰った芳枝から、襲った男は緑の服に身を包んだ太郎だったことが話された。
すると窓からこうもりが入ってきて、芳枝と山崎の結婚を知って
地獄へ道連れにしてやるという紙に書かれた太郎のメッセージを残していった。


白い人魚の美女

さらに寝ていた芳枝を緑の男はナイフで切りつけて逃げた。
山崎は波越に医者を呼べと命令し、明智にも何が名探偵ですかと
初対面のときの歯の浮くお世辞はどこへやらだった。





文代が熱川の別荘へやってきた。
東京で大事件が起こったとかで明智と波越を迎えに来たのだった。
帰るといった明智に菊太郎は無責任なと責めるが
明智は内密に菊太郎と打ち合わせをする。
そして、芳枝と山崎を呼び出すと、この事件の二つの不可解と
五つの不可能について解説し、自分達は東京へ帰ると言った。



白い人魚の美女

「どうして・・・」じゃなくて、「どおして・・・」


山崎は無責任だと明智にいうが、明智が財産を芳枝達に譲るという
遺言書を弁護士に届けるという役目があることも話すと
山崎は財産なんていらない、芳枝との結婚を許してくれただけでいいんだという。


明智の見送りに芳枝と山崎が出て行くと、車に乗る明智に
菊太郎が遺言書を手渡しにやってきた。
これが東京の弁護士に届く夕方から、芳枝の相続人としての
効力が発生すると説明する。



その日の夜、菊太郎の部屋に緑の男が姿を現して
菊太郎の首を絞めようとするが反撃されて
とっさに銃で撃って逃げてしまった。


騒ぎに気づいた芳枝が悲鳴をあげると、山崎が駆けつけてきた。
菊太郎の死体は部屋から消えていた。


翌日、警察が来たところへ電話が鳴り山崎がとった。
それは死んだと思った太郎からで
菊太郎を殺して死体を水族館の奥に捨てたと言い残すと消えた。



白い人魚の美女

芳枝と山崎と刑事たちが水族館へ入ると菊太郎が倒れていたが
むっくりと起き上がった。
山崎が驚いていると、東京へ帰ったとばかり思っていた
波越が現れてそれは菊太郎ではないという。


白い人魚の美女

すると裏手からもうひとりの菊太郎がやってきた。

白い人魚の美女


ひとりが変装を解くと、正体は明智だった。

明智はすでに犯人がわかっていたので
ピストルの弾を空砲に摩り替えて
血糊で撃たれたように見せかけていたのだ。


そして、明智の真相の解明タイム!

階段から緑の男がやってきた。
文代の変装だった。


緑衣の鬼は犯人がなりすましたり、スライドを使ったり
相棒をつかい、声はカセットテープを利用して
緑の服を着ている夏目太郎に見せかけていた。


最初に殺されたのは笹本静夫ではなく太郎だった。
太郎の緑好きに目をつけて入れ替わったことから
今回の犯罪がスタートした。


最初に明智たちがみた静夫は犯人の変装で
その後死んだフリをして文代が気を失っている間に
姿を消して太郎の死体を静夫の死体であるようにみせた。
そして、残った菊太郎の30億の財産の相続人である知子を殺した。


笹本静夫こそ、山崎で妻の芳枝も共犯だった。
ふたりが犯人だとするとこれまでの密室も密室ではなく
芳枝が緑の男に傷つけられたのも自作自演であった。

白い人魚の美女

犯行を認めた山崎は毒を飲むとなぜか階段を上り水槽へ落ち
夫のあとを追うように毒を飲んだ芳枝も
「明智、呪ってやる」と本性を現し水槽に入る。

白い人魚の美女


ふたりは水族館の水槽の中で重なり合うように死んだ。














2、3作目は美女役の犯人は明智に恋心を抱くんですが
今回は夫婦(笹本静夫=山崎)だったので
美女はセンセに恋しているようにみせかけながら
夫と叔父の全財産を奪おうという悪女っぷり。
最後には捨て台詞を吐いて自害します。


こんなワルの美女には夏純子はピッタリですね。
きれいなんだけどしたたかそうで
その相方の荻島真一もひと癖あるので
お似合いの夫婦といったかんじでした。


江戸川乱歩は子供の時から好きで
今回家にあったポプラ社の緑衣の鬼を読んでみたんですが
目次にもちゃんと「白い人魚」とあって
芳枝が水族館の中へ入れられてました。
ドラマと違って服はちゃんと着てましたが。

地獄の道化師なんかもそうだけど
わりと原作に沿って映像化されていたりします。




白い人魚の美女

明智の衣装は、天知茂の私服だという話をどこかで読んだ気がしますが
今回も柄の上着に、白襟の黒シャツという素敵なファッション。


上の方にある白のジャケットなんかもデザインが独特で
面白くてついついチェックしてしまいます。



白い人魚の美女

美女シリーズお馴染みの波越警部の部下たち。
いつも登場しているような。









美女シリーズ 記事一覧


1. 「氷柱の美女・吸血鬼」

2. 「浴室の美女・魔術師」

3. 「死刑台の美女・悪魔の紋章」

4. 「白い人魚の美女・緑衣の鬼」

5. 「黒水仙の美女・暗黒星」

6. 「妖精の美女・黄金仮面」

7. 「宝石の美女・白髪鬼」

8. 「悪魔のような美女・黒蜥蜴」

9. 「赤いさそりの美女・妖虫」

10.「大時計の美女・幽霊塔」

11.「桜の国の美女・黄金仮面Ⅱ」

12.「エマニエルの美女・化人幻戯」

13.「魅せられた美女・十字路」

14.「五重塔の美女・幽鬼の塔」

15.「鏡地獄の美女・影男」

16.「白い乳房の美女・地獄の道化師」






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ハッスル18 «  | BLOG TOP |  » ハッスルキンングフォーエバー&小橋のその後は?、中田英寿がハッスルへ!?

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (258)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (693)
土曜ワイド劇場 (157)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「危険な童話・私は殺さない・・・・」(1977年)  Oct 22, 2017
平日朝イチでも混雑!「怖い絵展」@上野の森美術館 Oct 21, 2017
「探偵事務所・奇妙な依頼人!」 (1996年) Oct 19, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦、29節 サンフレッチェ広島戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ