展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

リーグ第21節 名古屋グランパスエイト戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 08/ 30
                 
Jリーグ第21節 鹿島アントラーズ 2-1 名古屋グランパスエイト
2006年8月30日(水)カシマサッカースタジアム  19:00キックオフ/9,457人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 中後 雅喜、岩政 大樹、大岩 剛、内田 篤人
MF 青木 剛、野沢 拓也、深井 正樹、ファビオ サントス
FW ダ シルバ、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、羽田 憲司
MF 増田 誓志、山本 拓弥、興梠 慎三 
FW 田中 康平

【得点者】 10分 津田 知宏(名古屋)、68分 岩政 大樹、80分 ファビオ サントス(鹿島)
【交 代】 68分 中後→名良橋、72分 ダ シルバ→増田、83分 深井→興梠
【退 場】 69分 青木 剛(鹿島)、84分 大森 征之(名古屋)

ホームでの名古屋戦、この組み合わせが持つ魔力はすごいですね。今日ばかりはさすがに負けるかと思ったが、退場者を出しながらも逆転勝ち。(名古屋もその後退場者がでましたが)非常に荒れた試合になったようで。

それにしても今日のスタメンは結構入れ替えてきましたね。本来のポジションと違うところでプレーしてる選手もいるし。ようやっとナラさんも復帰したんだ。

今日は後半途中からライブアントラーズ聞いてました。最初の岩政の得点の後すぐにシュート打たれてたみたいなんだけど、これはよく見られる得点後の集中が切れちゃったっていうやつか。まだまだ不安な点は多そうだけど、ファビオの初ゴール、ダ シルバのスタメン出場などおもしろそうなので、今日の試合録画して見てみようかな。

とりあえず今日のところは連敗ストップできて良かった。
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント