2006/09/09
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ハッスル・ハウスvol.20

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 09
                 
■ハッスル・ハウスvol.20
2006年9月7日(木)後楽園ホール 
19:00~ 観衆:2,220人(超満員札止)
house00.jpg
スカパー見たけど面白かった。先月のハウスよりは見所多かったな。そしてお客さんの熱が伝わってきて、臨場感あふれるテレビ観戦となりました。
house01.jpg
house02.jpg
house03.jpg
house04.jpg
この日は8月でRGMの任期が切れ、GM総選挙が行われた。普段はGMの開会宣言によりスタートするのだがこういった事情でこの日はなし。変わって新GMの候補者達による討論会が繰り広げられた。進行は実況の矢野さん。
house05.jpg
おさらいしとくと候補者は

house06.jpg
RGM(よしも党)

坂田
坂田亘(坂田軍団)

しゃがれ声スーツ姿
佐藤耕平(高田モンスター軍)
以上の、3名。

すでにオフィシャルではインターネットによる投票が行われており、管理人も投票したが、この結果は坂田がダントツの首位!よって、坂田が次の『代理人3WAYマッチ』で坂田の代理人の崔領二が、勝てば2本先取したことになり坂田新GMの誕生となる。

第1ハッスル
ハッスル仮面レッド            ザ・ネオデビル・ピエロ1号
ハッスル仮面ブルー     VS    ザ・ネオデビル・ピエロ2号
○ ハッスル仮面イエロー         長州が ×
8分17秒 空から黄色がふってきた!!

先月でた「長州か」の蛾バージョン「長州ガ」所々で本家”長州力”の得意技、リキラリアットやスコーピオンズデスロックをだしてたな。
この試合のみどころはなんといっても試合前のVか。アタシは結構この第1試合(ハッスル仮面がでるやつ)のVが好きだ。
司令長官がハッスルGM立候補者の顔が地味すぎるとボヤいてると
house07.jpg
顔が地味すぎるのはオマエも一緒だろ
house08.jpg
お前の場合は地味を通り越して、ド派手なるブサイクと言ってもいいがな。
ひ、ひどいです総統。
house09.jpg
総統にとってGM総選挙とは・・・
いきなり”だいたひかる”風に「どうでもいいですよ・・・」
house10.jpg
house11.jpg
ビターン!の前にパワーホールが流れ長州力風の総統
house12.jpg
house13.jpg house14.jpg
ハッスル仮面と長州ガ

第2ハッスル
○ Erica    VS     ドクロンZ ×
マーガレット       ドクロンZ・パパ
6分19秒 乙女の恥じらい♡

house15.jpg
9月5日ハッスル事業局へひとりの女子レスラーが殴りこみに来た。
house16.jpg
イケメンと闘いたいと言ってるエリマーに対し、自分がやりたいと直訴。
house17.jpg
パートナーは「私の偉大な父」

house18.jpg
ハッスルのリングへ帰ってきたドクロンZ。この人でなくなったときはどーしたのかと心配でしたが。ある事情があったんだね。

多分だが、このドクロンの復帰を待ちわびてた野郎は多いと思うんで、ドクロン復帰だけでも十分だったが、きましたよ、ドクロンZの中の人の本当のお父ちゃんが。そう「小さな巨人」グラン浜田が。
(ドクロンはお母様(グラン浜田の妻)の具合が悪くメヒコへ里帰りしてたんだが、その後病状はよくなったんだろうか。)

先に娘のドクロンZが入場する。その後娘の「パパッーー!」の叫び声に続き「私がドクロンZのパパなのだぁ。」と聞いた事がある声が聞こえ、「天才バカボン」の歌が流れバカボンのパパと同じようにハラマキして、顔に娘と同じペイントをしたドクロンZパパが入場。


出てきちゃったワーーー!

本物のパパさんっ!!


house19.jpg
しっかし「天才バカボン」ってまんまやんな~。

house20.jpg
本物の親子タッグ
house21.jpg
house22.jpg
「チェンジー!」と叫びながら自軍へ帰ってくる娘に、もっとがんばれと気合のビンタ!

結局久々のハッスルのリングに帰ってきたばかりのドクロンZがフォール負け。
パパ「お前、オレが教えたプロレス全然出来てねーじゃないか」
娘はスペイン語で父に答える。
パパ「それをいっちゃオシマイよ。年もあるんだよ」
娘「×●※ーー○☆」
Erica「何、そのコミュニケーションのとり方は!?みんなわからないわよ。それでいいの?」
パパ「(微笑みながら)これでいいのだ。」
その後浜田親子が抱き合い去っていく。

Erica「なんなのあのバカ親子は!?なんか試合に勝って、勝負に負けたかんじ。何この空気は!?」その後名古屋大会で3D相手に防衛戦を行うことを発表。

第3ハッスル ハッスルGM総選挙 代理人3WAYマッチ
○ 大森隆男(RGM代行)
VS
崔領二(坂田亘代行)
VS
× ジャイアント・バボ(佐藤耕平代行)
3分47秒 マックスボンバー

RGMの代理人”X”の正体は『大森隆男』だった!

RGに「プロレス界に大ナタを振るう、ワイルドハート」と紹介され、その正体に気が付いた観客から早くも歓声がわきあがる!
house23.jpg
本物の大森隆男が登場!

アタシはてっきり藤波かと思ってたんだが、大森ときたか。
これには後楽園ホールのお客さん大喜びだったね。いいな~。
house24.jpg
抱擁。一応RGの代理人なので・・・
house25.jpg
最後は崔をアックスボンバーでリング下へ落とすと、バボにもアックスボンバー、貫禄のフォール勝ち!

まぁ最初にRGの代理人が「X」ってとこで、ある程度の選手を連れてきて、勝たせるというブックであることは想像がついていたが、やはり大森がバボをアックスボンバーでリングに沈めた。大森連れてきたならもうちょっと試合見せてくれよ。この間のTGより試合時間短いじゃんかよ。
house26.jpg house27.jpg

自分の手柄のように出てきたRGにブーイングが浴びせられるが、更に調子をこいたRGはよりによって「やっぱ強いわ、高山さんは。ノーフィアー!」と失言してしまい、怒った大森にボコられる。
house28.jpg
大森がリングを去ると
「おいっ、最後にすごいオチがきたな。オマエら、こんなやつがGMでいいのか?」と坂田候補が登場。
house29.jpg
人に頭を下げたことがないという坂田が「清き一票」獲得のために土下座した。

house30.jpg house32.jpg

ここでハッスルブレイク。アントニオ猪木のテーマ曲に乗って、あんときの猪木が登場し選挙の方法を説明。会場に入るときにもらった投票用紙にRGか坂田亘の名前を書いて投票する。その後は石井千恵が挨拶。

house31.jpg 3d.jpg
ハッスル1期生・石井千恵は来月彼女の地元である名古屋大会でデビューが決まっているが、その相手がナントあのチーム-3Dのスパイクにこの日決定した。確かに3Dの中にあっては非常に小柄な選手だけど、大丈夫か?どんな試合になるんだ??この子が見た目は女を感じさせないのに、喋りが苦手らしく舌足らずでたどたどしい。だけどコメントが「スパイクをやっつけます!」と頼もしい。

セミハッスル
○ KUSHIDA   VS   赤鬼蜘蛛
TAJIRI        鬼蜘蛛 ×
9分13秒 超新星ラナ

kushidatuika.jpg
先月のハウスでエキシビションマッチとして同じ練習生の石井千恵と対戦した櫛田雄二郎がリングネームを「KUSHIDA」としてハッスルデビューした。ハッスルの「ハンカチ王子」だそうだ。
house33.jpg
ハッスルというと話題集めにカイヤとか和泉元やとかの芸能人をリングにあげていたが、とうとう新人ふたりをデビューさせるね。今までは若手というと石狩太一とか藤井軍鶏侍とか(両者とも現在行方不明中)やどっこい浪口など、その弱さをアピールさせるような出し方しかしてこなかったわけだけど、今回の二人はソレとは全く違う出し方をしていくようだ。ハッスルは従来のプロレスよりエンタメ度が強いわけだが、やはり会場で魅了される試合はレスラーによるプロレス。最後に行った先月の後楽園では、天龍源一郎vs佐藤耕平の試合がお客さんが一番わいてたな。なので、こういったプロレス、格闘技の下地がある選手達がハッスルのリングでデビューしてくれるのは誠に嬉しいことである。

house34.jpg house35.jpg

このKUSHIDAはデビュー戦でセミに登場で勝利!相手が赤&青鬼蜘蛛だが、今までの若手に対するイメージはない。

※メイン前に開票結果が発表される。こちらも坂田が1本取り、新GMは坂田亘となった。

メインハッスル
小川直也            川田利明
大谷晋二郎    VS    天龍源一郎○
× 金村キンタロー        アン・ジョー司令長官
15分16秒 モンスターの絆

house38.jpg house39.jpg

まだ天龍のモンスター軍入りに抵抗がある川田。この日は自分の入場局じゃないと試合に出ないとゴネる。

ハッスル軍は小川の曲じゃなくブリブラダンスで登場。
house40.jpg

対するモンスター軍は川田のテーマで川田と司令長官が入場。
house41.jpgその後に天龍のテーマ曲でモンスター大将が入場。ガウンを新調した天龍、その下にはモンスターK川田利明とおそろいのモンスターカラーのロングパンツが。天龍と川田の「天の川タッグ」
house42.jpg

昔「天龍同盟」ってのがあって、川田もそこの一員だったんだよね。つまりは天龍と川田は師弟関係。1990年に全日本を天龍が離脱したんだけど、川田はそのまま全日に残った。当時「明るく楽しく激しいプロレス」をしてた全日本でそのような経緯が二人にあったんで、まさかハッスルのリングで天龍と川田のタッグが見られるとは感慨深いわ。
全日本プロレスとかで復活するならまだしも、ハッスルでめぐりめぐってこういう風になるとは、マット界は本当に何が起こるかわからないね。この日は大森もハッスル初参戦果たしたし。

最初は自称モンスター軍NO.2の座をあっさり後から来た天龍に奪われご機嫌ナナメだった川田だが、歩み寄りの姿勢を見せる天龍に川田のこだわりも氷解したのか二人の合体技が見られ勝利する。途中でのふたりの起き上がりこぼしチョップとか、天龍のグーパンチが良かった。最後には握手をかわしてた。
前回後楽園でハッスルを見たときにも書いたが、天龍の逆水平って音が本当にすごいんだよね!こういうのがリアルに伝わる後楽園ホールは好きです。

モンスター軍が大将による勝利に喜んでいると、
「おいっ、オマエらそこまでだ!新GMのお出ましだぞ」とド派手なラメのジャケットを着て、胸に赤い花をさした坂田が崔領二を引き連れて登場。
house43.jpg

house44.jpg house45.jpg

この坂田GMを入れた三つ巴戦のマイクが面白かった。小川はスベリ気味だったが。

house46.jpg
モンスター大将天龍が微笑みながらこのやりとりを上から見下ろしてるんだが、いい風景だ。いいい10月シリーズから新GMの仕切りとなるわけだが、マニアでは公約通り「えい子」参戦となるのか、自分としてはえい子より大物レスラー参戦の方が魅力的なのだが。
俺がハッスルを変えるといっていた坂田、どうなっていくのか楽しみだね。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんにちは。

開幕戦、ズールが出てきたときはどうなるかと思いましたが、準決勝、決勝の3試合はいずれも素晴らしかったですね!
来年は噂されてるミドル級でしょうか。
こんにちは!
私は「格闘技セレブ」御用達の”スタンドA”で見てました!
今回はモニターが見えにくかったため、細かいところはほとんどわかりません。

ノゲイラージョシュはジョシュを応援してたので、勝った時は叫びましたね(苦笑)。

この大会でのミルコはモチベーション高かったですね。ここ最近の元気のなさがうそのようでした。
どうも
生観戦だったですね。
無差別級GPがかなり盛り上がったので、またいつかやってもらいたいですね!
こんにちは!行かれたんですね!自分はスタンドSで見てました!ジョシュvsノゲイラ良かったですねえ!これぞプロの試合といった感じです!フィナーレは感動しましたね。ミルコの涙にグッときました。次は皇帝退治ですね!
こんばんは。

シウバはボコボコにされちゃいましたね。彼からはPRIDEに対する愛情が感じられ、負けてもなお応援したくなる選手のひとりです。

この大会見に行ってよかったです。GPの試合はいずれもハイレベルな闘いでした。
観戦お疲れさんです。この日はオイラSMAPを見に行くという裏切りを犯しました(笑)

とにかく予想がおおはずれ。ミルコの優勝はよかったけど。シウバの負け方には放心状態でしたね。またもみちゃいけない構図でしたよ。