FC2ブログ
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

桜庭和志、緊急入院に思うこと

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 27
                 
昨日の時点で知ってたんですけど書かなかった。
うーん、じっくり書く時間もないし書くのどうしようかな~って思ったんですけど、やはり書こうかなと。時間がないときって自分が言いたいことうまく書けないんだよね。よく書きそびれがあるので、事がことだし軽々しく書いてるようでやなのよね。

桜庭和志、無念のドクターストップ! 10.9HERO’S欠場

サクが練習中に倒れたという話、初めに知ったときとてもショックでした。今年PRIDEからHERO’Sへ電撃移籍をして、少し距離を置きつつあったサクだけど、今となっては別にその選択について恨む(やり方はどうかと未だに疑問だが。でも高田道場離れた時点でフリーなわけだし)気持ちもないけど、PRIDEを応援してるものとしては熱烈に応援できなくなったのも事実。

私はもともとプロレスから入って、UFCの存在を知り、バーリトゥードという言葉を知った。確か93年くらいで当時は雑誌のレポ頼りだったのだが、すごいものが出てきたと衝撃を受けた。その前後、Uインターの安生洋二がロスにあるグレーシー道場破りを敢行する。だからその流れでPRIDEが出来、文字通り高田延彦が「男のプライド」をかけてヒクソンと闘ったところからPRIDEはチェックしてたのだが、やはりPRIDEにハマるキッカケとなったのが『グレイシーハンター』桜庭和志の存在があったからこそ。サクがPRIDEに残した功績は大きい。ホント2000年のホイス戦なんてスゴク燃えたよなぁ・・・

8月のHERO’Sは見たけど、サク危なかったな。見たときの印象は「サク、あんたがやりたかったことはコレかい」とただそれだけ。
そして序盤にボコボコにやられ、サク負ける!と思ってたんですが・・・以下は略です。

去年のヒカルド・アローナ戦見たときの事をチラリと思い出してしまった。あれも私にとっては衝撃でした、シウバに負け続けてる時以上にってか問題にならないくらい。あの試合の時はブログを初めて間もない頃で、ここまで続くとは思ってなかったので格闘技のカテゴリーはなく記事にはしてなかったんだけど、「サクが壊れる!」そう思った。その後サクの状態がどんなだったか、必死でWebの情報あさったっけ。
だから秋になってケンシャム戦でサクが復帰したときはどんなに安心したことか。このときの煽りvのモンキーマジック桜庭がまた泣かせてくれるんだよ。


今日のスポナビの記事によると、どうやら学生時代から首は痛かったらしく長年の格闘技人生で更に負担がかかって、倒れるというところまできちゃったんだろうね。

ただ恐ろしいのは、こんな状態だから10.9欠場ってのは当然だが、年末のDynamite!で復帰か?みたいな事が書いてあるがやめてくれ!

そのHERO’Sだが無職状態だった金子賢が所英男と対戦決定したね。PRIDEと違って第0試合扱いじゃないだろうし、視聴率的にはオイシイだろうからどう扱うか遠くから見させてもらいますよ。なんせ、アンディの追悼興行にボビー・オロゴンとか曙だすところですからね。

HERO’S自体も去年の方が面白かったな。ま、KIDと元気がいないってのもありますが。

でもサクってどういう方向へ行きたかったんだろう。PRIDEでも無差別に出たかったようなニュアンスのコメントしてたが、実際には武士道のウェルター級の出場を勧められていたようだけど、武士道というまだまだ確立されてないこれからなかんじのシリーズに出る事が、自分が第一線で活躍する選手から格落ちしたっておもったんでしょうか。でもHERO’Sでサクのライバルになれる選手はいないような。

PRIDE過去記事一覧
関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント