2006/09/30
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

高田・向井夫妻の双子出生届受理

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 30
                 
昨日の高田のブログでの”うれしいニュース”ってコレだったんですね。

向井亜紀が涙、代理母出産認められた

この件は、最初から流れを見てきたので、いい結果になってよかったです。以前、この代理出産の最初から最後双子が生まれるまでの様子を追った番組をどっかのテレビでやってたなぁ。向井さん、病気と闘うだけでも大変だったろうに、子供が大好きなノブさんのために奮闘してて、向井さんのパワーに圧倒されたよ。彼女あの細い体からは考えられないくらいパワフルだ、さすが高田の嫁。

古いことなんで記憶頼りだが、この二人確か結婚するまでもラクじゃなかったんだよね。向井さんのお父さんが、結婚に反対されてたんじゃなかったっけ?だから結婚するって知ったとき、へーようやっと出来るんだ~なんて思った記憶が。まぁ戸籍の問題がクリアになったから、これで少しは落ち着けるようになったのかな。しかし、高田の人生って波乱万丈だな。

kamipro

この間立ち読みで済ませてしまった「ゴン格」買えばよかったかなー、もう行った書店では売切れてた。昨日はkamiproを買って来ました。表紙はヒョードル、ちゃんとオープンフィンガーのグローブつけて刀持ってるところがニクイぜ!

巻頭はヒョードルのインタビューなんだけど、何故かジョシュが途中から飛び入り参加。次にDSE USAのインタビューがあるんだが、アメリカで大会を開くのって大変なんだね。レフェリーはともかくセコンドまでライセンスがいるんだ。あと9試合以上やらなきゃいけないっていうのは、ボクシングだと1大会26ラウンド以上っていう決まりがあるらしく総合にあてはめるとだいたい9試合になると。UFCとの対抗戦だが現時点では厳しいのかね。私は最初からあまり期待してなかったっていうのもありますが。

ミルコ

GP後ということで当然この話題が多かったですね。ミルコについては、本人ではなく代理人今井氏のインタビュー。噂が出たときは「なんだかイヤぁなかんじだな。だけどハッキリするまで見守ろう」と思った、WFA移籍!?騒動についても真相を話されています。
あーあ、なーんだそういう事か。最初知ったときそんなもんだろうと思ったんだが、あまりにいろんなところで出てたからさ、ちょっと心配になっちゃったけど。その『噂』が出るキッカケとなったDSEとの金銭問題の件も、確かに言われて見ればいくらだったのかしらないがあのハイレベルな4人で、1日2試合戦わなきゃ優勝できない。この命がけのGPの賞金が低いものだったら、そりゃ彼らのモチベーションも下がる可能性もあるし、プライドが傷つけられる気もするだろう。

そして今回圧倒的な強さをみせたミルコの”ヒミツ”鼻呼吸ですが、本当にこれ侮れないね。まさかここのところ低迷気味、優勝するというイメージがわかなかったミルコがあのような他を寄せ付けない強さを見せて優勝するとはね。ビックリでしたよ。

もうあの大会は凄すぎて今年のベストバウトっていっちゃっていいですね。あのgp3試合というか個人的には第2、第3試合、この2つが見れただけでもう今年はいいかなとそんな気持ちですよ。
言葉はいらない、ただスゴイっていうだけでしか表現できなかったもの。あの後PPV見て細かいところをもう一度書こうかと思ったが、やめた。スゴイこの一言だけでいい。

他には高田総統率いるモンスター軍のNo.2天龍源一郎のインタビューも読み応えアリ!天龍さんってあの世代にしては未だにいろんなものに柔軟に対応し、挑戦していくレスラーで頭が下がります。
この人の試合生で見るとそのスゴさがわかりますよ。

興味がある方は書店へ行って立ち読みなり買うなりしてください。ネットが普及しなんでもタダで気軽に情報収集が出来る時代だからこそ、自分の足を使い、目で見て情報を得て欲しい、そんな風に思います。

PRIDE過去記事一覧
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント