2006/11/21
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

嵐の前の静けさ・・・、佐藤大輔祭り!kamipro&ゴン格最新号

category - 格闘技・プロレス
2006/ 11/ 21
                 
今日は生憎の雨、明日は晴れるようだが。

何にも動きがない今日この頃。うーん。

さて、こちらへの来訪者で多いのは、PRIDEの煽りとか試合の動画を求めてくる方々。無差別級GP決勝戦では未だに放送日を検索しに来る人とかいて、ちょっとびっくりしました。
今日現在PRIDEは地上波放送がなく、試合はスカパーやネットの配信に頼るしかない状況なんですよ。

スカパーは今年は1大会3,150円、武士道シリーズは2,100円でした。ちなみにハッスルは2,100円。私も土曜日武士道11/5大会を購入しました。久々にあの煽りが帰ってきたし、試合自体は特に燃えるものはなかったけど、佐藤&立木復活記念ってことで。

武士道ですが、今週の金曜からDMM.comでも配信されますね。こちらは煽りと入場はなしなんでしょうが、過去のGPが見れるのがイイ!2000年のGPは佐竹とかアレクの名前があって懐かしい。その他にも桜庭vsホイスなんて、当時大興奮しながら見た試合もある。あの時は燃えたね~。

そうそう、遂にカード発表が1つもされないままチケットの一般発売をしてしまった男祭りですが、今年も一応参戦いたします。
今回は家庭の事情もあり、行くかやめるか非常に悩みましたが、他のスポーツの試合は諦められても、これだけはダメでした。何度も何度もやめようと思ったのに、諦めることができなかった。

なので会員優先販売は見送ってしまい、昨日の一般発売初日に購入しました。スタンドAは500レベル(よくても400の後ろか)になりそうだったので、Sにしました。200レベルなので見やすいでしょう。

ってことで、今年も行くぞ「男祭りっ」

さぁ、心穏やかに待つとしようか。




■佐藤大輔祭り!kamipro&ゴン格最新号

まず11/21事務所内で高田の会見がありましたね。男祭りのメインはヒョードル対ハントだそうです。うーん、これどうなんだろうか。ただ、現時点での出場予定選手の顔ぶれがスゴイ!全10試合を予定してるらしいので、この中から4人以上はふるいにかけて落とされるわけか。私は藤田が見れればいいやぁ。あとお久しぶりのハンセンもよろしく!

kamipro105_1.jpg
10/22発売のkamiproとゴン格買いました。今回は2冊とも買いでいいです。両方とも表紙はジョシュ(ゴン格はカール・ゴッチとの2ショット!)だった。
kamipro105_2.jpg
記事幅の関係もありジョシュのインタビューは飛ばしますが、大みそか出場したら今年はPRIDEでの皆勤賞です。ナツラの時疲れが溜まっていたので無理してでなくてもいいと思うんだが、本人が出たがってるのね。足の手術をしたばかりのミルコも男祭り参戦したがっていて、来年クロアチアに柔術家:ホナウド・ジャカレイが来るそうですよ。やっぱアローナじゃなかったね。ただしジャカレイはクロコップ入りというわけではないそうだ。

kamipro105_3.jpg
決勝に駒を進めながらも、直前に怪我による棄権をしたパウロ・フィリオ。この不可解な出来事を同じチームのブスタマンチが語っています。本命・フィリオ、自身もモチベーション高く望んだはずのGPだが、休憩時に急に「ヒザが痛い」と言い出し、その後も「注射も効かないからこれでは闘えない」といって自ら決断を下したようだ。
ダメージを負っていても「体の一部が動く限り、勝てる可能性があるから試合を捨てない」と言っていた選手がいるPRIDEだけに、このあさっりした棄権は後味の悪さが残る。

kamipro105_4.jpg
いつかはやるだろうと思った”スパッツ対決”江頭2:50×青木真也
「元:警察官」と「犯罪者」の対談、前回の武士道から黄色ではなくレインボーのスパッツを穿こうと思っていたらしい。しかしエガちゃんはハッスルといいDSE絡み多いな。

次は地上波放送と佐藤さんのインタビュー。立木さん復帰の経緯についても触れています。


さて、皆さんが気になる「大みそか男祭りでの地上波復活」ですが、21日の会見で高田もそのことについてコメントだしてました。大みそかまであと1ヶ月ちょいだが、どこかの局と交渉はしているようだ。「可能性は”0”ではない」ということ。ゴン格の代表のインタビューでは、
「厳しいかもしれないですね。まだ諦めてませんが刻一刻と時間がなくなってきてるので区切りをつけないと」とコメントしてます。

kamipro105_5.jpg
来年はシリーズ再編が濃厚で、廃止(統合といったほうがいいか)が噂される「武士道」ですが、やはりナンバーに吸収されるようだ。武士道の中で育ってきたライト・ウェルター級の選手を、武士道だけに収めておくのはもったいないということで、来年はミックスした形で行われそう。「武士道」というネーミング自体は、海外のシリーズで使う案もあるそうです。

GPは各階級を4年に一度を検討中。アメリカでの興行もやれて5大会だそうで、既に決定してる2月のベガス、4,6,7(or9)、10月見込みで、通常のリングの使用が認められてるカリフォルニアは4月か6月にやれればいいなと。気になる#32@ベガスのPPVの件数はまだ出てないとのこと。

そして、男祭りですがサプライズも考えててミルコの相手がそれのようだ。ただし、まだ最終調整中で早ければ今月中に発表かも!?一般的にもインパクトのあるニューフェースとは一体誰なんでしょうか。

kamipro105_6.jpg
両誌ともインタビューしていたのが、武士道で電撃復帰を果たした、”フジテレビの火薬庫”こと佐藤大輔。
榊原代表も「フジが戻ってこないなら、せめて彼だけでも戻ってきてほしい」と語っていた、”彼”のロングインタビュー。

PRIDE放送打ち切り後はF1のお仕事をされていたそうで、辞意は固めていたものの、携わっていたF1のビッグイベントで区切りをつけ、10/31付けで退社。独立ということだが、また新しい会社の名前は決まっていないらしいよ。

kamipro105_7.jpg
こちらがオフィスになる予定。ディレクター補佐の人が入社する予定らしく、その人と一緒に武士道の映像を3日間で仕上げたそうだ!
一部で佐藤さんが作ったのでは?と噂されてた、ベガスでのヒョードルvsコールマンの煽り、あれは佐藤さんはアドバイスはしたけで実際に作ってはいないとのこと。なんせ10月まではフジの社員。10/21にやったベガスの煽りは作れないでしょ。

今回「やれんのか」と「世界」がやたら強調されていたVでしたが、オープニングはメッセージ満載で、いままでやれなかったうっぷんが溜まっていたのがよくわかった。
ちなみに1試合目のムサシvsロンバードの煽りにあった

「お久しぶりです。立木文彦です。
世界を驚かせる旅に、我々もお供いたします。
まずは・・・
BUSHIDO いってみよう。
武士道、しゅっぱーつ!」


~世界を驚かせる旅に・・・~の台詞はDSEの笹原広報局長が言ってたのを気に入って佐藤さんが使ったというもの。

フジテレビを退社した理由はもちろんPRIDEがやりたかったからということだが、後付でその他の理由も考え当然だがいろいろと考えた上での決断だったようだ。家族の反対もあったらしい。

F1は世界中の多くの人たちがみるスポーツだが、「日本発世界へ」の可能性があるのはPRIDEくらい。製作者としてそれに賭けようという思いがあったようだ。

そして何より「感情移入」

F1は世界を舞台にした大イベント。でも歴史もあり自分はオリジナルではない。PRIDEは初期からかかわっていて、自分のオリジナルだと思えるコンテンツ。そこに4万人の人たちが集まってくれる。
だからPRIDEファンには人気のVTRもF1のコアなファンには不評だったようだ。F1の現場にいるときここにいちゃいけないと感じたんだろうな。求められてる場所へ行くべきだと・・・

立木文彦さんのPRIDEへの復帰の過程がおもしろかった。てっきり佐藤さんが口説き落としたと思っていたのだが、フジを退社する相談を立木さんの事務所の人にしたら、それを聞いた立木さんが

「佐藤大輔がフジテレビにいる限りはフジで放送しようと動くでしょ?でも出るんだったら、もうPRIDEがないってことだよね。じゃあ、俺もやるよ」と立木さん自ら佐藤さんと共にPRIDEへ戻ってきたということ。

確かにフジテレビのPRIDEの現場の人たちは熱があった。DSEとしても、このあたりまだ割り切れずにいる人たちも多いだろう。だからこそ、立木さんがフジでの復活、また熱くPRIDEをサポートするメンバーと一緒にPRIDEをやりたい!と希望した気持ちもわかる。

しかし佐藤氏退社に伴いフジテレビでの放送再開が厳しいと判断した立木さんは迷わずPRIDEに戻ってきたのだろう。
佐藤さんの話だと「円満退社」で、上司(清原P)も快く送り出してくれて、

『いつかまたフジテレビでPRIDEをやろう
その時はお前の会社でお前にやってもらうから』


と、言ってくれたそうだ。

オープニングの「やれんのか」は五味のセピア色の画像がでて、五味に”やれんのか!”と叩きつけてるわけだが、復帰した佐藤氏、立木氏両人も自身に問いかけていたのだろう。そしてそれは同時に「PRIDE」自身にもいえることだ。巨大な後ろ盾「フジテレビ」を失い、演出面でもクオリティが落ちた。選手離脱・資金面など不安が多々あった2006年6月。
しかしその後、悲願のアメリカ進出を成し遂げ、佐藤&立木によって「芸術作品」とも呼べる、煽りVのクオリティも戻ってきた。煽りは以前の素材が使えないなど、以前の質に戻すまでには1年かかると佐藤さんは言っている。

いろいろとあった2006年最後の日、PRIDEは何を見せてくれるのだろうか。そして、厳しい状況だとの印象をもった「地上波復活」だが、1発逆転があるのか。まだまだPRIDEから目が離せない!



(2006年11月23日追記)

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんばんは。

今日タイトル戦、ヒョードル対ハントが発表されましたね。一応出場予定選手を見ると豪華なんだけど、あとはマッチメークをどうしてくるかですね。全10試合を予定しているのと、サプライズがあるかもしれないので、あの中の何人かはふるいにかけて落とされてしまいますね。

大みそかは行きますよ。ジュンさんもご一緒ですよ。
こんにちは!PRIDEカード発表遅いですよねえ。嵐の前の静けさでしょうか。チケット買ったんですね!自分は去年行きましたが、今年はまだ迷ってます。最近はサプライズカードを期待する毎日が続いてますよ笑。タイソン関連は不安の方が多いですね。