FC2ブログ
2006/11/21
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「目撃・殺人鬼に狙われた運命の母と子」 (1981年)  夏樹静子 『目撃』

category - 土曜ワイド劇場
2006/ 11/ 21
                 
愛する男との生活を夢見た女が、九年前に捨てたわが子が
殺人犯に狙われているのを知り一切を捨てて守ろうとする。




●「目撃・殺人鬼に狙われた運命の母と子」  1981年11月21日
原作: 夏樹静子    目撃―ある愛のはじまり (光文社文庫)
脚本: 野上竜雄
音楽: 鏑木創
監督: 瀬川昌治
制作: 国際放映
出演: 香山美子、夏木陽介、倉田まり子、
菅井きん、三島ゆり子、平凡太郎ほか




目撃



無口で頼りにならない夫と口うるさい義母との生活に
耐え忍んで日々を暮らしてきたあさ子(香山美子)は、
ふとしたことからトラックの運転手・徹夫(夏木陽介)と知り合い
密会を重ねるようになった。


味気ない結婚生活に疲れていた彼女は、徹夫と愛し合うようになって
新しい人生を夢見るようになった。



そんな時、金貸しの老人が殺され金が盗まれるという事件が発生。
犯人の姿を恭太(斎藤優一)という少年が目撃していた。


恭太は九年前にわけあって、あさ子が捨てた息子だった。

あさ子は恭太の命が狙われているのを知り、身を捨てて守ろうとする。








関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント