FC2ブログ
2007/01/02
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

PRIDE男祭り2006-FUMETSU- Part2

category - 格闘技・プロレス
2007/ 01/ 02
                 
■PRIDE男祭り2006-FUMETSU- 誇りは、誰にも奪えない。
2006年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナ
開場時間14:00 開始時間16:00 観衆:48,709人




『言葉ではなく、闘いでありがとうを』

オープニングから第6試合まではコチラ






【PRIDEルール】1R 10分、2R,3R 5分
【武士道ルール】 1R 10分、2R 5分





第7試合  【武士道ルール】
Winner
五味隆典       VS     石田光洋
GOMI TAKANORI         ISHIDA MITSUHIRO
1R 1分14秒 KO

天下無双 火の玉ボーイ 

  五味隆典 大みそかに完全復活!!


「交わらねぇ  気に入らねぇ 
ニッポンの大みそかにニッポンの大喧嘩」


前回の武士道では佐藤D&立木さんの黄金コンビが復活で、気合が入りまくりの煽りで煽りVヲタとしては何度見ても飽きない素晴らしい煽りでしたが、この日の試合前の選手紹介VTRは、試合とうまく融合しており、溶け込んでいるというような印象を持ちました。







今年GPが開催されるライト級の旬なカード。そして”因縁”の日本人対決。4月にマーカス・アウレリオ戦でまさかの敗戦を喫してしまった王者五味。PRIDEで初の黒星。2005年12月31日、先輩:桜井”マッハ”速人を破り、得た王者という称号。それからわずか数ヵ月後に待っていた悪夢・・・



そのアウレリオを破ってしまった、石田。あの時、リングサイドには五味がいたんだけど、その様子を五味は険しい表情で見てたね。その後夏の武士道の時の記者会見だったっけ?石田についてコメントを求められ、不快感をあらわにしてた。互いに意識をせずにはいられなかった五味と石田。




この日の煽りでもそのあたりにポイントを絞ってましたね。二人の対戦が正式決定し迎えたホテルでの記者会見。石田は五味を「強い相手だけど、勝てない相手じゃない」といい、くすぶっていた火の玉ボーイを再び燃え上がらせてしまった。



fumetsu_57

『青春のエスペランサ』というニックネームをもらった"さわやか青年”石田くんの入場。何故か入場曲を変えてきた。




fumetsu_58

fumetsu_59

こちらはLEDの映像も入場曲もいつもどおりの五味。

会見でも目を合わせない両者。果たしてどんな試合になるのか。長期戦になると石田君有利かなと思ってたんだが、さすがにさすがに五味が勝つだろうと予想。ただ苦戦はするかなという思いが自分の中にはあったんですが。

いざ蓋を開けてみると・・・

早い時間帯五味のストレートが入り、石田が崩れ落ちると上から鉄槌を下ろし続ける五味。相手を動かないように固定しながら打っていくときの表情が怖かった。一度逃れようとした石田を捕らえ更に打ち続ける。石田くん何もさせてもらえず試合終了。

五味の殺気立った表情が本当にすごかった!
2006年五味を襲った悪夢をこの1試合で見事に振り払った。名古屋でのあいては実績がある選手じゃなかったし、横浜でのアウレリオ戦は消化不良。そういった意味でもこのタイミングでノッている石田と対戦した意味はでかかったと思う。

リングでふたりが対面したとき、やはり五味は風格をかもしだしてましたね。修羅場をくぐってきたし、独立もした、背負ってるものが石田とは違うそれを感じることができました。






第8試合  【PRIDEルール】
                      Winner
吉田秀彦       VS       ジェームス・トンプソン
YOSHIDA HIDEHIKO         JAMES THOMPSON
1R 7分50秒 TKO(セコンドタオル投入)




fumetsu_61

fumetsu_62

何気に会場人気が高いトンプソン様。



fumetsu_63

fumetsu_64

試合決定がなかなかされず、調整不足が心配な吉田。



あぁこれはもう試合がどうとかこうとかじゃなく、吉田が心配だよ。結局高阪がタオルを投入して試合が終わったんだけど、ちょっと早くとめなきゃ危ないよ!明らかに途中から吉田の様子がおかしかったじゃん!
見ちゃいられないよ。ちょっと後味が悪すぎ。



これは両者ともなんだけど、今回対戦相手がなかなか決まらなかったし、なんか吉田踏んだり蹴ったりだな。そして、トンプソンは面白い選手だね。吉田の様子がヘンになるまでは試合は面白かったね。





第9試合  【PRIDEルール】
                            Winner
ジョシュ・バーネット       VS       アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
JOSH BARNETT                 ANTONIO RODRIGO NOGUEIRA
判定 0-3



fumetsu_65


この魚だよ、この魚!!

(上の写真はお魚=fishです。わかりにくいけど)
いやね、人間何度も同じ夢見るってことないですか?
わたしはあります。例えばオフィス街にある高層ビルで早く自分の目的地に着きたいのにそこになかなかエレベーターが止まらず悪戦苦闘してる夢だったりいくつかある。





その中のひとつ。熱帯魚屋さんにいて、自分の目線よりちょい上あたりに大きな水槽があって、その中にでっかくてかわいくもない、嫌いなタイプの魚が入ってて怖いなぁと思っていると、いきなりその水槽が壊れ中にいた魚が飛び出してくるんだけど、その魚がこの日ノゲイラが入場するときに写ったコレなんよ。ただそれだけなんだけどね、この魚はなんて名前なんだ?





fumetsu_66

fumetsu_67

まずは青コーナーからノゲイラが入場。

fumetsu_71

fumetsu_72

ジョシュ・バーネット入場。




短い期間での再戦。ジョシュは今年、PRIDE皆勤賞。
しかもハードな無差別級GPの決勝戦も戦っており、疲労度が気になります。あの準決勝戦、ノゲイラが判定に不服ですぐにでも再戦したがっていて、ジョシュのことだからオファーがきたら断らないんだろうなとは思ってたけど、これはもうちょっと寝かした方が良かったな。




まぁでもそうはいっても、今年2回目の同カードだが今回も見所が多かった。でもやっぱ予想通り判定でノゲの勝ち。うーん、ジョシュは出すぎだよ。本当にちょっと休んだほうがいいんじゃないか?




ただ今年彼の活躍が、暗いニュースが多いPRIDEにあって、救いになっていたのは事実。この人の活躍がなければ今年のPRIDEはどうなっていたか。



fumetsu_75

判定を待つジョシュとノゲイラ
fumetsu_76

結果が発表され、肩車されるノゲイラと、がっくりするジョシュ





第10試合 PRIDEヘビー級タイトルマッチ  【PRIDEルール】
Winner
(王者)                       (挑戦者)
エメリヤーエンコ・ヒョードル   VS      マーク・ハント
EMELIANENKO FEDOR             MARK HUNT
1R 8分16秒 羽根折り固め
※ヒョードルが3度目の防衛に成功




fumetsu_77

fumetsu_79

ヒョードル登場。


fumetsu_81

タイトルマッチということでハント、ヒョードル両者の国歌が吹奏される。


fumetsu_82

試合開始前、ベルトが返還されたり、認定書が読まれたりする。


fumetsu_83

いよいよ試合開始。




fumetsu_84

ハントは早い段階であっさりとテイクダウンを奪われる。ありゃ、ここで終わりか!?なんて思っていたんだが、この日のハントは魅せてくれましたね。ヒョードルの腕を極めようとしたけど、ヒョードルは表情がかわらないんであれはどれくらいきいてたんでしょうか。ハントが優勢になったときは会場大いに沸きましたね~。
しかし最後は王者がキッチリきめる。フィニッシュの時のハントの苦痛にゆがむ表情がすごかったです。いやぁ、ヒョードル強いわ(高田風)





fumetsu_85

ハントからタップを奪い、防衛した直後の様子。


fumetsu_86

トロフィーを手にファイティングポーズを決める。


fumetsu_87

再びヒョードルの腰に戻ってきたベルト


fumetsu_88

全試合を終了し、ここで全選手登場。
ここで当日試合がなかった菊田早苗とか武士道系の選手たちも呼ばれリングにあがる。松井大二郎もいたよ(笑)。ちょっとボーっとしてたら



「中尾"KISS"芳広」

とコールが聞こえた!

なかおきっすよしひろ!?

ガチムチ

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




エエエッ、あたしゃてっきりカズとの激塩試合繰り広げたことで中尾さんはお払い箱だと思ってたのに、ちゃんと呼ばれてリングに上がっているではないか!
上の写真にもしっかり写ってます。真ん中にヒョードルがいて、向かって右隣白いTシャツが五味、その右隣ブラウン系の服着て帽子かぶってるのが中尾さんです。

俺たちの兄貴中尾さんの生存を確認でき、しかもどうやら首も繋がっているっぽいことがわかり、帰り間際静かに興奮いたしました。





最後に選手の何人かがコメントする。

fumetsu_89

その中にはウェルター級GP覇者三崎和雄も。

fumetsu_90

五味もマイクを取り、ファンへメッセージを。



トリはヒョードルでした。




開演前のイベントの様子はコチラ






関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

男祭りよかったですよね!
DSEにとってまだ苦しい時期だと思ったので、軽く見に行ってみようってかんじだったのが、本当にいってよかったと実感しました。

男肉まんはかなりボリュームがあったそうです。やはり男性向けですね。

中尾さんですが、かなり同性愛者から人気のようでして、彼らからすると「兄貴」なんですよね。このブログは意外と同性愛者の方が多く訪れるブログだったりします。
こんばんは!見ましたよ!男祭り。面白かったです!中尾は俺たちの兄貴なんですね笑。観戦記を通して感じた事は、この年末の雰囲気良いなあということです!男肉まん食べたいな笑。ヒョードルは、やっぱり最強ですね!質の高い興行を提供し続けるPRIDE、今年も応援したいです!観戦お疲れ様でした!