FC2ブログ
2007/01/04
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

【男祭り】たまアリと鹿島のコラボレーション【写真館】、新日本プロレス1.4東京ドーム大会

category - 格闘技・プロレス
2007/ 01/ 04
                 
2006年最後の日、さいたまスーパーアリーナへ男祭りを見に行ってきました。

なんとこの日は私が応援してる鹿島アントラーズのホームスタジアムカシマスタジアムを彷彿とさせるたまアリだった。

男祭り看板

今大会のポスターが看板に。ファンの皆さんはここで記念撮影(パチリ)

男神社

さいたま新都心駅に着き、近くのイトーヨーカドーで買い物を済ます。さいたまスーパーアリーナへ向かうとそこはすごい人だかり。さすがにグッズ売り場へ行くのはやめた。
けやき広場へ行くと「男神社」があった。
「鹿島神宮」を何故か思い出した。

福引券をいただき福引所へ行くと、ハッスルで活躍中のバンザイさん(石井千恵)がテントの中で普通のバイトの人のようにお手伝いをしてました。

男ステッカーやれんのか?
残念賞?のステッカー

中へ入ると、カシスタグルメを思い出させてくれる、出店の数々。

男汁

飲食コーナーには、『男祭り肉まん』や『男汁』、『男フランクフルト』があり、男汁なんてカシスタの名物『もつ煮』いや、『つみれ汁』のようだった。

男射的と男体力測定

さらには、男射的や男体力測定などがあり

男おみくじ

男おみくじなんてーのもあった。だって神社だもんな、ここ。

すでにイベントは終わり間際で、この日試合が組まれていなかった、桜井”マッハ”速人、三崎和雄、長南亮がいた。

イベント

ハイプラ会員やグッズを1万円以上買った人は選手たちと握手&写真撮影も。

マッハと三崎

マッハと三崎。

三崎と長南

長南と三崎

桜井マッハ速人

防寒対策バッチリのマッハ。2月のベガス大会は出場するのかな?

佐伯さんと長南

罰ゲームで坊主となったPRIDE武士道広報の佐伯さんの姿も。武士道は休止だそうだけど、淋しいけどよかったかな。だって後半はさ、なんだか佐伯さん色強すぎたから。前田とかもういいよ。佐伯さん、やるならもっとセンスあるマッチメークをお願いしますよ。

イベントも終わり、そろそろ会場へ入れというアナウンスがあったので、急いで会場へ入ることにした。

ロビー花

場内へ入ってすぐのところに見えにくいが、ロビー花がふたつ。華原朋美から吉田秀彦と中村和裕へ。吉田道場とどんな関係なんでしょ。

館内物販コーナー

屋外のグッズ売り場が混んでいたので、会場の中にあるグッズ売り場でパンフレットを買うことにした。

男祭りパンフ

lasvegaspride32

B5版の黒仕様。去年の男祭り-頂-からの軌跡が。悲願のベガス大会の模様も。

WeAreReds

会場へ入ると通路んとこの壁に浦和レッズのエンブレムが!どうやらレッズの選手のサイン入りらすぃ。さすが、さいたま。

男神社ナイトバージョン

帰りに再び男神社付近へ行ってみた。夜の男神社がキレイ。

そして、先日このブログでも書いた、じゃらんのクリスマススポットで取り上げられていた、けやき広場のイルミネーション。

クリスマススポット

けやき広場

ボケボケですが、こんなかんじでした。

このオフィシャルの案内が、鹿島公式を思い出させるぜ!

PRIDE公式のイベントの案内

鹿島公式のイベントの案内

おしまい



■新日本プロレス1.4東京ドーム大会






新日本プロレス 創立35周年記念 
■「レッスルキングダム IN 東京ドーム」
2007年1月4日(木) 東京ドーム 観衆:28,000人

約1ヶ月ぶり(?)くらいに新日本プロレスを見ました。
去年のドーム大会でドームは最後って言ってたんだが、今年も結局やったね。全日本プロレスと共催という形式らしい。
おいらはワープロで見たんだが、スカパーのPPVでもやってたらしいね。果たして数字はどれくらいいったんっしょ?

去年のドーム大会は花やしきで新日の選手がタダ券配ったり、当日ドームがほたる状態になったり、その後の契約更改で多くの選手が離脱したりと話題が多かったなぁ。話題というよりネタといったほうがいいかな。

テレ朝で深夜の1:10からの放送、PRIDEのPPV見直してたらすっかり時間経つのを忘れてしまい、1:25頃からあわててテレビつけましたよ。
つけたら棚橋が映ってました。テレビでの放送順に。

IWGP級ヘビー級選手権 60分1本
○ 棚橋弘至(王者)   VS  太陽ケア(挑戦者)×
17分9秒 片エビ固め
※棚橋が3度目の防衛に成功

決着がつく少し前から見たので試合についてはよくわからん。至宝:IWGPだもんな、流出はさせたくなかったんでしょ。タナがケアを下す。ここでIWGPのベルトをタナが守ったということは続く、三冠はみのる防衛だな。お互い痛みは伴わずといったところか。

3冠ヘビー級選手権 60分1本
○鈴木みのる(王者)  VS  永田裕志(挑戦者)×
17分22秒 レフェリーストップ
※みのるが2度目の防衛に成功

永田さん、みのるの煽りとはいいたくない、試合前のVTRが流れ、相変わらず人を小ばかにしたみのるの入場から。みのる花道の途中でベルトを放り投げ、そのまま横寝、それを見つめる永田さん。(永田さんの入場はカット)

永田さん
ちょい悪オヤジ永田さんの顔芸。新春早々やってくれた。白目のむき方がすごかったことwコレが正月特別バージョンなのか!?この前に永田さん、みのる両者顔面から流血してたんだけど、血をしたたらせながらの永田さんの白目むきはド迫力!というか大爆笑www

みのると永田さん
みのるはやられてるようでスキを伺い反撃する。最後は永田さんを落としてしまった。みのるといい、永田さんといい演者としてGOOD!です。

解説の高山さん
実況席に高山の姿があった。高山の解説って、PRIDEでいうところの高田みたいなもんだとアタクシは勝手に認識してるんですが、こういう解説者というよりも一緒に見てるアンちゃん的高山の解説は何気に好きだったりします。それにしても、みのると高山、この二人が揃って去年のクリスマスにハッスルのリングで試合してたこと、これはやっぱすごいことだったよなぁ。今年もハッスルしちゃうんでしょうか。

つづいては全日本の四天王のひとり川田と、新日本の若きエース中邑の一戦です。

○川田利明   VS  中邑真輔×
19分2秒 体固め

デンジャラスK
デンジャラスKナツカシス。もう今ではすっかりモンスターKの印象が強い。いやぁあの頃の全日本好きでよく見に行ってましたよ。一番好きだったのは2代目タイガーマスクの三沢光晴がマスク脱いだ時かね。鶴田組VS三沢組の、あの時間がいくらあっても足りないくらいのタッグマッチ見ごたえがあったからね。三沢がゴディを倒したときなんかも興奮したね。なつかしいねぇ。

全日本プロレス川田利明

今回は全日本プロレスの一員として参戦するといっていた川田。最近ハッスルでのファイトしか見てないので、久々にガチの川田が見れる喜び。でもさ、あの無口で頑固だった川田が、ハッスルしちゃうとはねぇ。ビックリですよ。

中邑真輔
中邑真輔、確かに体はでかくなったわな。
試合ではなんか川田の衰えを感じたり、ちょっと淋しく感じましたね。この中邑ー川田の対戦の意味がわからずただ試合を見ただけで終わっちゃいました。

○ 蝶野正洋   VS  小島聡
武藤敬司         天山広吉×
18分43秒 クロス式STF

そして・・・来たよキタきた。闘魂三銃士(橋本さんは没だが)が8年ぶりに一夜限り(?)の復活。

闘魂三銃士
コレまた懐かしすぎる映像。あたしゃこの時武藤の大ファンでね。だってカッコよかったじゃん。確かにあの頃から動いて汗かきだすと、頭頂部のあたりのヤバさが強調され「ハゲ進行したら好きではいられないかも・・・」なんていう乙女(爆)ならではの、悩みもありましたけど。でも武藤って見た目も動きもカッコよくて、本当に週プロ毎週のように買ってたね。あの頃の武藤の入場曲「Hold Out」が好きです。G1初年度の映像もあったよー、蝶野が優勝したんだよね、座布団飛びまくりで。私も流れ的に橋本が優勝するのでは?と思っていたから、蝶野の優勝には驚かされました。

武藤と高田
これもまた懐かしいね。武藤vs高田。この頃もよくテレビ見てたわ。私は新日本対Uインター、この抗争も好きだったわね。この時はカッキーが好きだった。大して赤いパンツの頑固ものは出て行かなかったね。

三銃士蝶野&武藤とテンコジのタッグマッチ。やっぱ三銃士が勝ちましたか。これは三銃士を応援してるときなかなか長州に橋本が勝てなかった、あの時のことを少しだけ思い出したわねー。まだまだ蝶野&武藤としてはテンコジ&ドームだからといってヤツらのために寝れるかよ!ってかんじなんですかね。しかしこれまた、蝶野の衰えを感じた試合でもあった。

それにしても今年のドーム、何人入るんだろうと思っていたら、主催者発表が28,000人。ええーっ、にまんはっせんにんってさ、ドームでどういうことよ、ガラガラでしょ。ほたるどころの騒ぎじゃない?いや、逆にどっかのブロック丸ごと閉鎖して、密集感演出したほうがいいと考えたのか?実券はいったいどれくらいだったんだ??

約1時間という枠の中での放送で、随所カットされまくりの試合でしたが、最後の最後で蝶野、武藤組が勝って、直後二人が白いハチマキ巻きだして、ビジョンに橋本真也が映り、橋本の入場テーマ「爆勝宣言」が流れてた。新日は未だに橋本利用するんだね。

カットされてたこともあるし、少し新日見てなかったせいもあるのか、なんか昔のように感情移入が出来ず、去年同様淡々と試合を見ました。




(2007年1月5日追記)





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんばんは。

五味ですが、この間の石田戦見る限りモチベーションは問題ないかと思います。試合後のインタビューの動画もみましたが、完全にふっきれたようでしたよ。

五味には旬なメレンデスをあててもいいかもしれませんね。こちらはタイプ的にも青木よりわかりやすい。日本人無敗のメレンデスが王者五味を倒すのか、それとも五味が破ってメレンデスに初の土をつけてしまうのか。スリリングな試合になると思います。

コメントありがとうございました。また気軽に遊びに来てください。
青木vs五味は極vs打マッチになりますね。おそらくお互いが苦手とするタイプですね。

ただ、青木にとっての総合のテーマは「vsストライカー」なんでいいとして、問題は五味のモチベーションだと思います。

五味に燃えるものがあれば、お互いアグレッシヴなんで、目茶目茶スリリングになるんでしょうね。

ご返答ありがとうございました。いつも更新楽しみにしています。
はじめまして。

今なら五味ー青木を見てみたいですね。タイプとしてかみ合わないかと思っていた五味ー石田戦は内容も、この一戦をやったタイミングもよかったと思うので。

センスといったのは、11月の武士道で判定が多く、しかもかみ合わないからゆえ判定になってしまったと思われる試合が多かったからです。特に帯谷ーブスカペは帯谷の良さが消えてしまったという印象を持ちました。
はじめまして。

センスあるマッチメークって
誰と誰がいいんでしょうか?