展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ミルコUFCデビュー戦とK-1 WORLD MAX

category - 格闘技・プロレス
2007/ 02/ 07
                 
■UFC67 "All or Nothing"
2007年2月3日(土)=現地時間 
ネバタ州ラスベガス・マンダレイベイリゾート&カジノ

ミルコ・クロコップがオクタゴン衝撃のデビュー!!

第8試合(セミファイナル)
○ミルコ・クロコップ VS エディ・サンチェス×
1R 4分33秒 TKO 

なんといっても驚かされたのはミルコの入場シーンだろう。
ミルコは通常のDuran Duranの「Wild Boys」ではなく、ナントPRIDEのテーマ曲で入場した。こんなこと誰が予測できたであろうか!!

PRIDEと離別しUFCへと旅立っていったミルコ。男祭り前日の榊原代表の「ミルコ移籍報道」の、能天気なのか、自暴自棄からきてるのかわからない、ポジティブにとれたコメントが意味不明なままだったが、今回PRIDEのテーマで入場したということは、PRIDEファイターとしての誇りを胸にUFC参戦という意味だったのだろうか?著作権の問題もあるし、久しぶりに更新されていたミルコの公式サイトを読んだが、PRIDE側でこの曲を用意してくれたことは間違いない。

ミルコの移籍が正式発表された後のバラさんのコメントも、ミルコを気持ちよく送り出してやりたいというニュアンスだったし、揉めてUFCへ行ったという事ではないと捉えていいのかな。どういう話し合いがもたれたのか、またミルコがUFCへ行った本当の理由(雑誌で語っている以外の部分もあるのかもしれないし)はわかりませんが、関係が悪くなったわけではなさそうで、安心しました。

入場曲として今回限りの使用なのか、継続して使うつもりなのか不明だが、PRIDEファンは鳥肌立ちまくりだったことだろう。このテーマ曲を何故使ったのか、そのミルコの真意は?それにしてもよくUFCサイドがこの曲流すのOKしたな。

ミルコとUFCの契約は噂によると6試合だとか。彼自身ヒョードルとの再戦を熱望しているので、再びPRIDEに戻ってくるのか、雑誌のインタビューで語っていたとおり、UFCチャンピオンとして、UFCとPRIDEの架け橋のような形で絡んでくるのか、今後のミルコの動きが非常に気になるところですね。

まぁ、今回このような形でUFCデビューしたということで、PRIDEファンもUFCでのミルコをより応援する人が増えたと思うし、本当にミルコのこういった部分は憎たらしいくらいですよね(笑)。

さて、ミルコ以外でも元PRIDEファイターたちが、このUFCの大会で勝利を収めています。

○クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン VS マービン・イーストマン×
2R 3分49秒 TKO

○アンデウソン・シウバ VS トラビス・ルター×
2R 2分11秒 タップアウト 

この間改めて思ったが、やっぱりUFCよりPRIDEの方が面白いよなあ。

■K-1 WORLD MAX 2007~日本代表決定トーナメント~
2007年2月5日(月) 17:30~ 
有明コロシアム 観衆8,961人

昨日は飲み会があった(おまけに風邪気味)ので、帰ってきてから録画放送を見ました。
結構カットされまくりだったりして、よくわからない試合もあった。それにしても判定が多い大会だわな。テレビで見た試合のみ、データを残しておきます。

第2試合 トーナメント1回戦 
×小比類巻 貴之 VS アンディ・オロゴン○
3R判定 1-0 延長R判定 0-3

第3試合 トーナメント1回戦
○TATSUJI VS HAYATO×
判定 3-0

第4試合 トーナメント1回戦
×宍戸 大樹 VS 尾崎 圭司○
判定 0-3

第5試合 トーナメント1回戦
○佐藤 嘉洋 VS  白須 康仁×
判定 3-0

第6試合 スーパーファイト 
○ブアカーオ・ポー.プラムック VS ツグト“忍”アマラ×
判定 3-0

第7試合 トーナメント準決勝
×安廣 一哉 VS TATSUJI○
判定 0-3
(リザーブマッチの勝者安廣が出場)

第8試合 トーナメント準決勝
×尾崎 圭司 VS 佐藤 嘉洋○
判定 0-3

第9試合 スーパーファイト 
×アルバート・クラウス  VS  ムラット・ディレッキー○
1R 1分27秒 KO

第10試合 トーナメント決勝
×TATSUJI VS 佐藤 嘉洋○
1R 2分25秒 KO

佐藤の優勝、ブアカーオの勝利はいいとして、オイオイ小比類巻さんよお、アンディに判定負けかよ!しかも、だいぶやられてて、すげえ出血してたじゃんか。しかし、アンディは身体能力が高いですね。

個人的に面白かったのはシュートボクシングの宍戸とテコンドーの尾崎の試合。宍戸については試合のレポくらいしか読んだ事ないし、尾崎なんて全く知らない選手だったが結構楽しめました。私はてっきり宍戸が勝つんじゃないかと、あまり情報がない中でそう思ってたんですが。この尾崎面白い選手ですね。小柄だけどルックスも悪くはないし、宍戸が攻めてるときにスキをついてきた一発もあったしね。

佐藤戦でも最後の最後まで諦めない姿勢は見えたし、また見てみたい選手だなとそう思ったです。

結構番狂わせが多くそれなりに、楽しめた。一応情報をシャットアウトしてみたんでね。結果しっちゃうとビデオ見ないと思ったのよ。

それにしても1回戦大金星をあげた、アンディが負傷、小比類巻も負傷でリザーバーの安廣が出るとは。ワンデートーナメント、佐藤は試合をこなすごとによくなっていった印象だったなぁ。途中カットされてたりだったんで、あくまでもテレビで映った部分だけの印象ですがね。

ブアカーオとツグト・アマラがもう少し見たかったのと、フレッシュな風貌で好印象だったHAYATOと応援してたクラウスが負けてしまい残念でした。
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

おはようございます。

ミルコはUFCで連勝し続けて、またヒョードルと戦ってほしいですね。入場曲はミルコサイドからのリクエストということで、ダナとしてはこれを受けざるを得なかったんでしょう。

K-1MAXは面白かったですね。尾崎という存在を知ったのが一番大きかったかもしれません。アンディの能力には驚かされますね。ナチュラルでああなんだから、磨き上げればもっとすごいことになりそう。
こんばんは!ミルコやりましたね!それにしてもあの入場!鳥肌がたちました!いわれる通り、UFCがよくOKしましたよね。
MAXは、波乱が多くて中々面白かったです!小比類巻はやっちゃいましたねえ。アンディは、あのキャリアでたいしたものです。自分も尾崎選手良いと思いました。次に期待です!