展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

【煽りV】リアルファイトを彩る音楽と演出-其の参-【ミノワマン】

category - 格闘技・プロレス
2007/ 02/ 13
                 
※リンク切れの際はご容赦願います。

田村潔司VS美濃輪育久 
『ミノワマン』
(2006年12月31日 男祭り2006-FUMETSU- 第1試合) 

使用曲 東京スカパラダイスオーケストラ 「(WE KNOW IT'S)ALL OR NOTHING 」



試聴はコチラから⇒田村vsミノワマン煽り使用曲

※選手入場曲

美濃輪育久 「One Minute in Heaven」   Sunbeam
試聴はコチラから

田村潔司 「FLAME OF MIND」 収録アルバムUWF LEGEND 9曲目
試聴はコチラから

もうこれは見てもらえばいいでしょう。説明は不要だと思う。

このVTRは美濃輪の天然っぷりが伝わってくる見事な作り。
美濃輪が改名すると言ったシーンで、それまで美濃輪のコメントの部分のテロップを横でずっと流してて、このVで一番言いたかった「ミノワマン」だけ、フォントをデカくして、縦書きにしてる。

見てるほうは横で流れていてリズムを作られている。それを色を変え縦書きで表現したことでリズムが崩され、「ミノワマン」のもつインパクトの大きさを強調することに一役かっている。映像でも炎が燃え上がることでわかりやすく強調してるが、この文字が及ぼす影響というも決して侮れない。

その直後、田村が映り、しばらく無言でいきなり目線を上に上げたかと思えば

「じゃ、ミノワマンで出てくるんですか?」

この制作者も予期してなかっただろう、田村の反応。田村が「何、それ?」と思うことはあっても、こうも自然においしい言葉が出るとは思っていなかったんじゃないだろうか。

更にはその後の美濃輪の映像をゆがましていくことで、彼自身の不思議さというものが演出された。

激動の2006年最後のイベント「男祭り」その第1試合目。聴覚を刺激される音楽と、視覚を刺激される打ち上げ花火、オープニングマッチに相応しい煽りVであり、入場、試合だったと思う。この試合がアクシデントはあったもののすっきり決まったことで、この興行が良かったという結果になったのではと思っている。

煽り映像はリンク先から(dailymotion)⇒田村潔司VS美濃輪育久 煽りV






美濃輪 OHI!Tシャツレッド

■武士道オープニング 
『やれんのか』
(2006年11月5日 武士道ー其の十三ーオープニング)

使用曲「Festivo」収録アルバム「座頭市」オリジナル・サウンドトラック 11曲目
試聴はコチラからできます。

座頭市の曲はこれが初めてじゃないけど、Vの関係で武士道#13を使わせてもらいます。

今年より「武士道シリーズ」が休止となったわけですが、日本で生まれた「武道の心」を持ったPRIDEの実験的イベント武士道。
武士道シリーズの侍を意識した映像や音楽はとっても気に入っていただけに非常に残念。

この曲はまさに「BUSHIDO」という言葉にピッタリとマッチしますよね。大和魂を感じさせながらも、リズム感もある。このリズムの刻み方がまた恐ろしく良いのだ。








※リンク切れの際はご容赦願います。
ミルコ・クロコップVS美濃輪育久 『卒業文集』
(2006年5月5日 無差別級GP2006 開幕戦
第6試合 PRIDE無差別級グランプリ2006 1回戦)

使用曲 「Don't You Know?」 Fantastic Plastic Machine
FPMB 9曲目
試聴はコチラからできます




煽り映像はリンク先から(dailymotion)⇒ミルコ・クロコップVS美濃輪育久


それは15年前の「卒業文集」に書いた 夢

         美濃輪 育久

ぼくは小学校のときからゼンソクがよくでて 学校をよく休んだ

ぜんそくが出ると薬をのんで、それでも治らなかったらすぐに病院に行った

プロレスを見たのは、小学校四年生の時だった

プロレスラーはからだがでかくて、腕や足もすごく太くて 自分と比べたら全然違っていた

”進路”を決めるときがきた

母親に相談したら

『自分のやりたいことをやりなさい

  でも、繊維関係の仕事は喘息が出るからやめなさい』

と、いわれた

だから ぼくはこういった

   プロレスラーになりたい

・・・・・・・・・母は笑っていた

学校の先生には『おまえの体格では絶対無理やぞ』といわれた

それはわかっていた

      でも 「将来」 は・・・


---尊敬する人物は?--- 『父だよ』

喜ぶ顔をみるために、スポーツも勉強も一番になりたかった

死んでしまった父と誓った夢は

   「世界一のファイター」になること

『時々ミルコにこんな事を言うのよ

  これを言うとミルコに怒られちゃうんだけど・・・

   神様もあなたの願い事ばかり叶えていられないのよって』

母親の言うとおりだった

 夢は去年、手からこぼれ落ちていった

   帰りの空で本当に考えた

        「もう、あきらめようか・・・」

 でも、あれは ”誓った夢” だから

もういちど やってみる・・・!

人生にはいろんな事があって

  本当にいろんな事があって

    いろんな夢をあきらめて
       
      人は大人になるのだろうか?

     五月五日・・・


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

Re: リアルファイトを彩る音楽と演出-其の参-【ミノワマン】
井上揚水ですか・・・それってもしかして佐藤D不在だったときの武士道かな?

男祭り全体を通じて良かったです。
次のベガス前評判はよくないが、選手の頑張りでこの評価覆すことができるか?
おーー書いてくれましたね。そうなんだよね。流れ的に第一試合ってのはその大会を盛り上がるかという大切な部分であるわけでリズムに乗った煽り、笑いも入れ、試合を行ったということで大成功といえるんじゃないかな。

ちなみにオープニングの部分で井上揚水のも好きだったな。