2007/02/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

PRIDE.33 "THE SECOND COMING"、PRIDE 米で地上波放送も

category - 格闘技・プロレス
2007/ 02/ 25
                 
シャードッグのフォーラムに写真がいっぱいあった。

■PRIDE “THE SECOND COMING”
Saturday February 24, 2007
16:00 Open/18:00 Start Thomas&Mack CENTER/USA

2007年2月25日(日)9:00開場、11:00開始(日本時間)
トーマス&マック センター(米国) 観衆:13,180人

大会3日前まで気持ちの盛り上がりもなく、PPV買おうかやめようか迷ったんですが、昨日Sherdogの動画みたらやっぱりテンションあがってきましたね。

ネガティブな話題が多く、どーなるかと思いましたが、番狂わせも多くて結構面白かったですよ。

us2_1

現地のコメンテーターはジョシュ・バーネット。
us2_5
デニス・カーンもいた。
ハリソン・フォード

チャック・ノリス

ハリソン・フォードやチャック・ノリスたちも。
ニコラス・ケイジ
ニコラス・ケイジの濃い顔も。

オープニングは高田の和製英語で挨拶。はろー、アメリカ!
us2_2

映像のほうは確かに少しだけ和風で、煽りのVや入場時のLEDにも日本語を使用していた。煽りについては、最後の3試合は既にオフィシャルで公開されてた映像に外国人のナレーター(多分前回と同じ人)の声を入れたもの。もちろん立木さんの”じゃぱにーずいんぐりっしゅ”も数箇所に入ってます。

第1試合
Winner
JOACHIM HANSEN   VS   JASON IRELAND
3R 2'33" Submission (Armbar)
○ヨアキム・ハンセン VS ジェイソン・アイルランド×
3R 2分33秒 腕十字固め

なんかハンセン相手に付き合っちゃったかんじで、最後の最後でなんとか決めれてよかったけど。大晦日の負けがあるだけにちょっと心配なハンセンでした。やっぱハンセンはヒゲなしのスキンヘッドがいいよね。
us2_3

大みそかは最初公式の対戦カードの写真見たときどこのどなたかわからなかったよ。



第2試合
                 Winner
MISAKI KAZUO   VS   FRANK TRIGG
3R Decision (Unanimous) 0-3
×三崎和雄  VS  フランク・トリッグ○
3R判定0ー3

ハリソン・フォードが会場にきてた。インターバルの時映ってましたね。

トリッグがテイクダウン奪いグランドの展開。終始トリッグペース。
なんか膠着しちゃってさあ、以前も書いたがアメリカの大会に三崎和雄出したのなんで?まぁウェルター級GPの優勝者ですが、こういう展開になるのわかってるんだからさ。
us2_4

しかし、普段PRIDEとしては解説者であるトリッグに、負けるGP覇者ってなに・・・?今日は結果でもケンカでも負けたということでよいのでしょうか。

第3試合
                         Winner
TRAVIS WIUFF              JAMES LEE
1R 0'39" Submission (Guillotine Choke)
×トラビス・ビュー  VS  ジェームス・リー○
1R 39秒 フロントチョーク

煽りなし。 リーすごい!そうそうにパンチ入れてしめおとした!
リー

リ-2

us_10




第4試合
                            Winner
ANTONIO ROGERIO NOGUEIRA   VS   SOKOUDJOU
1R 0'23" KO (Punch)
×アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ VS ソクジュ○
1R 23秒 TKO

ビックリ!
ソクジュがホジェを秒殺
スピードと威力がすごい!本当にあっという間だった。kamiproのソクジュのインタビュー読みました。キャラは面白いと思ったんだけど、まさかホジェリオがあんなにあっさりと負けてしまうとは思わなかった。負けたホジェリオも唖然としてたね。

ソクジュ

ホジェはこの試合かってミドル級タイトル挑戦へってかんじだったんだろうけど、今後どーなるんだろうか。



第5試合 
Winner
SAKURAI HAYATO  VS   MAC DANZIG
2R 4'01" KO (Punch)
○桜井”マッハ”速人  VS  マック・ダンジグ×
2R 4分1秒 TKO

マッハの入場は不死身のエレキマン。
マッハの動きがいい。マッハの重いローがきいてたね。最後は右のパンチがはいった。



第6試合
Winner
SERGEY KHARITONOV    VS   MIKE RUSSOW
Submission (Armbar)
1R 3'46"
○セルゲイ・ハリトーノフ  VS  マイク・ルソー×
1R 3分46秒 腕十字固め

煽りはハリだけ。最後は腕を固めてハリの勝ち。
しかし、ハリトーノフの元気のなさが気になります。



第7試合
Winner
MAURICIO RUA     VS    ALISTAIR OVEREEM
1R 3'27" KO (Punches)
○マウリシオ・ショーグン VS アリスター・オーフレイム×
1R 3分27秒 KO

ショーグン勝ったが最初動き悪かったな。最後はパウンドあっさり。
負けっぷりはアリスターらしかった。



第8試合
                 Winner
GOMI TAKANORI  VS  NICK DIAZ
2R 1'46" Submission (Gogoplata)
×五味隆典  VS  ニック・ディアス○
2R 1分46秒 フット(トライアングル)チョーク

にゅーえいじサムライ
帯谷が五味のセコンドについてた。ディアスの長いリーチに大苦戦。1R後半すごい打ち合い。五味のパンチでディアスのまぶたか目の下からすごい出血。
しかしフットチョークで目が塞がりながらもディアスが五味を下す!!
五味

五味2


いやぁ、嫌な予感がしてたんだよね。なんか五味がやられちゃいそーな。でも五味は途中からなんであんな戦法をとったんだろうか?



第9試合 PRIDEミドル級タイトルマッチ
                    Winner
WANDERLEI SILVA   VS  DAN HENDERSON
3R 2'8" KO (Punches)
×ヴァンダレイ・シウバ VS ダン・ヘンダーソン○
3R 2分8秒 TKO

どうした、シウバ!弱々しかったな。左のパンチが入ってパウンド。ダンヘンが二階級制覇!会場からUSAコールが起こった。
ダンシウバ

ダンシウバ2




しかし、番狂わせ続出でしたね。
ハリトーノフ、シウバ、五味の今後が心配です。
特にシウバと五味のあの負け方・・・

今日思ったんだけど、通常のルールと違い規制が多いネバタ州のルール。シウバの場合、この違いが勝敗に響いたかんじがするな。とにかく、シウバ・五味のタイトル保持者にオーラを感じることができなかった。

シウバ、五味とも試合前はビッグマウスだったんだけど、終わってみればこの結果とやられ方。今年のライト級GP五味は出たくなさそうだったけど、これはしっかりと出て五味健在をアピールするしかないね。

なんか終わってみて、冷たい風が吹き込んでくるような淋しさと衝撃をかんじた今大会。

あと、煽りは前回と同じ雰囲気でイマイチ自分としては感情移入ができず、淡々とした印象をもちました。すでに最後の3つを見てしまっていたということもあったけど、もっと本来のPRIDEらしさを持ち込んでも良かったのではないか。

さて、次は4/8日本での大会です。
今日終わってやはり次へのテンションというのはあがってきませんけど、前日とかになればまた同じようにワクワクしてくるのだろうか。

とにかく複雑な気持ちですが、興行としては冒頭に述べたように、おもしろい大会だったと思います。

五味の試合翌日のインタビュー






■PRIDE 米で地上波放送も



2回目のラスベガス大会の反響デカイですね!追い風が吹いてきたか!?

PRIDE 米で地上波放送も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000017-dal-fight

--24日のラスベガス大会は米ESPN、ロイター、FOXニュースなど大手メディアが取材に訪れた。PRIDEの注目度は高まっており、同社長は「米4大ネットワーク(CBS、NBC、ABC、FOX)と交渉を進めています」と地上波獲得ももくろんでいる。--

2006年6月5日にフジテレビでの放送打ち切りからだいぶ経ちました。去年の男祭りで地上波復活かとの噂もでましたが、結局ないまま・・・
しかしながら先日のベガス大会で、私自身も余り期待感のないまま見たんですがいい意味で予想を裏切り、強烈なインパクトを残し、興行としてみたら大成功を収めたプライド。

確かに絶対王者シウバの王座陥落や、タイトル戦ではなかったものの-73kg最強といわれてた五味の敗戦など、幻想が崩れ複雑な気持ちにさせられましたが、ソクジュが安定感のあったホジェリオをまさかの秒殺KOにし、戦慄のデビュー戦で多くのファンを魅了したし、収穫の大きい大会だったと思います。

ソクジュはあれがフロックだったのかどうか何度もVみましたが、あのスピードと圧力、そして一瞬の隙を見逃さずだした左のクリーンヒット具合からして、次回以降も非常に期待がもてる選手ですね!

アメリカで本当に地上波がつくのかどうかはまだわかりませんが、一般層もプライドを見る機会ができれば、イベントのクオリティの高さに驚かされることでしょう。結果PPVの件数もアップするでしょうしね。

さて、次の大会は日本でのPRIDE.34ですが、藤田和之が出場しそうですね。

藤田がメーン級の扱いで登場へ
http://daily.jp/ring/2007/02/28/0000254114.shtml

確かに大みそかは汗かかないうちにさくっと試合を終えてしまったので、今度こそ意味のあるカードを組んであげてほしいな。

そして、今日はボードッグと提携したパンクラスの後楽園大会がありました。

メーンの北岡悟のコメントですが・・・

--パンクラスはbodogと提携しました。でも、僕が上がりたいリングはPRIDEです。世界最高峰のリングに上がりたいです。今年あるライト級GPを目指して頑張りますんで、応援よろしくお願いします。これからもパンクラスをよろしくお願いします。--
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200702/28/a07.html
(スポナビから)

現在、PRIDEとパンクラスの関係ってどうなってるんでしょうか?
近藤さんは、今後もPRIDEのリングにあがることができるのかどうか非常に気になっております。

最後に、ラスベガス大会を見てて、ちょっと気になってた榊原代表と、USAプレジデントのフィッシュマン氏の距離感。

携帯サイトKamipro Handのバラさんのインタビューでは

--エド・フィッシュマンさんがエライ勢いで、買うとか買わないとか行ってますけど、彼はPRIDEのノウハウもやったこともないですから。
彼が買っても何も生まれないし、買ってどうするの?って思いますよね。実際に運営はできないだろうし、誰も彼にはついていかないだろうし。--

と、追い風を受けてか、久々にバラ節健在のようです。
おっしゃるとおり、MMAの実績はない方のようですが、エンターテイメント業界に対してはパイプをお持ちの方。関係を壊さずプライドが更なる発展をするために協力し続けてほしいところですね。

そんなときに嫌な噂が・・・
http://www.sherdog.com/news/articles.asp?n_id=6847

The coup de grâce, however, may be the fact that PRIDE 35, already scheduled for April 28 in Las Vegas, may be in danger of not happening.

All weekend rumors swirled that PRIDE USA's president Ed Fishman is the one who controls the venue and date. If he is not successful in acquiring PRIDE FC he may just pull his support, and in doing so stop DSE from running in Vegas in April.

That scenario could be catastrophic for PRIDE. Fishman is also rumored to have deals in place to get the Japanese organization a much higher-profile presence on television in the States if he is indeed able to buy the promotion. Without him, PRIDE USA may be a pipe dream and after seeing how damaging the well-publicized divorce with Fuji TV has been for PRIDE, things are not looking up.

It's too bad because shows like Saturday's are the reason PRIDE has built the reputation its has among diehard fans of the sport, and it would be a shame if they become a thing of the past.


エド・フィッシュマンがPRIDEを買収できなかった場合、PRIDE.34をストップさせると言ってますね。
脅しをかけてきた!



(2007年2月28日追記)


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんばんは!

五味負けちゃいましたね。
試合見ましたか?全く不可解な戦いぶりでした・・・

もう、インタビュー聞いて頭にきちゃいましたよ。それでプロかよ!って思いましたね。
うーん、木口道場離れて本当に良かったのかしら?
こんにちは!五味のインタビュー見させてもらいました!「試合を楽しんだ」を連呼してたのが気になりました。プロレスラーみたいに内容を重視させた結果があのファイトスタイルだったのかなあ。また這い上がって欲しいです!
こんばんは。

昨日はシウバ、五味、ホジェリオが負けるという番狂わせ続きのインパクトありすぎる大会でした。

シウバは高熱の中闘ってくれたんですね。五味はどうしちゃったんでしょうか。ライト級は絶対的な存在がなくなってしまいました。もう一度勢いがあった頃の五味に戻ってほしいですね。
TBさせていただきました
シウバと五味は今後が重要になりそうですね
復帰戦はきっちり勝利して、シウバはタイトルマッチ、五味はライト級GPへとつなげてもらいたい!