FC2ブログ
2007/03/15
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

【サッカー】雑誌、動員数【格闘技】、サゲマンならぬサゲブログ

category - 格闘技・プロレス
2007/ 03/ 15
                 
私がスポーツ雑誌を買う基準とか、スポーツの観客動員数のお話などを。あまりたいそうなことを期待せず、雑談として聞いていただければ。

最初は淋しいお話からスタートです。

この間から”廃刊”が噂されていた、プロレス専門誌「週刊ゴング」がNo.1168号をもって、一旦休刊することになりました。
週刊ゴング

私はK-1,UFCやPRIDEが出来る以前、プロレスが大好きで当時はよく週刊プロレスを買っていました。いろいろあったけど、ターザン山本(=山本隆司)が編集長のときが一番面白かったね。あの時代ゴングの方は竹内宏介さんだったっけ?後に金沢克彦なんてーのも編集長やってたが。

ただ週プロはよく取材拒否されてたでしょう、それで取材拒否してる団体の記事が読みたかったときは、ゴングにお世話になってました。

最近はプロレス雑誌といえば、週プロより、ゴングの方を立ち読みしてたなぁ。最後ということでゴングを発売日に購入しました。

”一時休刊”ということで、「あくまでも前向きな休刊・・・ゴングは絶対に潰れない!」というメッセージが書いてありました。

プロレス各団体の選手の惜別メッセージで綴られていて、たまに立ち読み程度だったゴングですが、必ず復活してくれよ!そういう気持ちになりましたね。

インターネットが普及し、また格闘技熱でプロレス界の低迷が長く続いてますが、私は今でも活字プロレスが好きですね。

私の雑誌を選ぶときの基準は下記の通り。

買うor立ち読み⇒kamipro、ゴング格闘技、Number(MMA特集の時だけ)

立ち読み⇒サッカーマガジン、サッカーダイジェスト、週刊プロレス、週刊ゴング

立ち読みし忘れることも多い⇒格闘技通信

週刊ゴングと同じ、日本スポーツ出版社のゴング格闘技も休刊だとか。インタビュー部分でじっくり読ませてくれ好きだったのになぁ。。。

うちのブログでも雑誌で人気なのは紙プロとゴン格、Numberだったんですよね。まさにあたしが購入する確率の多い3誌が人気でした。

サッカー雑誌のインタビューはいつかどこかでみたというような内容が多いので、立ち読み程度にしています。自分は雑誌も読み物と考えてるので、内容が薄いものは買わない主義なので。

さて、来月行われるPRIDE34ですが、一向にカードが発表されねぇ!しかも昨日イープラスから「チケットを発送しました」メールが来てて、

「カードがひとつも決まってないのに、チケットだけは早くよこすんだな!!」

なんてムカムカしてたんだけど

今日になって3カード発表になった。

※本日会見を開き発表されたカード

ソクジュ  vs  ヒカルド・アローナ
瀧本誠   vs  ゼルグ“弁慶”ガレシック
青木真也  vs  ブライアン・ローアンホー

やっと発表されたよお。噂通り、ソクジュ対アローナきましたね。
今日はハッスルの後楽園があるから、発表は明日かなと思ってたんだが。

でも、アローナってアブダビって噂もなかったっけ?
それと期待の新星「弁慶」がPRIDE初登場!瀧本が久々に復帰するけど、またやられるんでね?
青木はブログみてて試合でるのかなーと思ってたら案の定、相手はどんな選手なんだ?

pride34ticket

チケットに印刷されてた選手、左の上から下に順に

セルゲイ・ハリトーノフ、瀧本誠、ジェームス・トンプソン
ズール、石田光洋、ギルバート・メレンデス
バタービーン、ギルバート・アイブル、中尾”KISS”芳広
藤田和之、吉田秀彦、マーク・ハント
田村潔司、ヴァンダレイ・シウバ、ジョシュ・バーネット
郷野聡寛、デニス・カーン、ミノワマン
エメリヤーエンコ・アレキサンダー、ソクジュ、ヒカルド・アローナ
(実際の出場選手と異なる場合があります)

つっこみどころ満載なラインナップ。シウバはKO負けしたけど出れるのか、アレキはどうみてもでないでしょ、それにカーンも怪我という情報が流れてるし、郷野も手術後でまだ無理では?
田村も男祭り出たばっかだし、まだ出そうな雰囲気ないんだけど。

しかし、さりげなく載っている中尾"KISS"芳広さん。この人は出るかなという気がしてる。

残りのカードだが、ネットで出回っている噂では藤田対ハント、ハリトーノフ対アイブル、バタービーン対ズールとか。

それと開場:14:00開始15:00となっているが、全米で生放送やるのに本当に15:30開始でいいのか?また直前で開始時間が変更になったりするのかなど、大会前日くらいまでワクワク感があまりない(苦笑)。

しかし、そんな期待感のない大会や試合ほど終わってみたらよかったりするので、普段なら見送るナンバーシリーズ行くことにしました。

スタジアムバージョンでやるという情報も紙プロにあったが、さいたまスーパーアリーナのHPでは、アリーナバージョンになっていて、アリーナであの売れ行きだと動員数やばくねーかと心配しちゃうな。

この間の平日開催のHERO’Sのガラガラっぷりと、盛り上がらなさはすごかったね。鹿島のホーム開幕戦も20,000を切っていたわけだが、お客がチケットを買って会場へ足を運ぶ、この行動を起こさせるためのチームなり、主催者および選手たちの観客への呼びかけっつーか魅力ってホント大事だなと改めて思ったね。

行かないことに決めていて、2月の大会見て気が変わっていくことにした34KAMIKAZEだが、あそこは選手だけでなく、大会を盛り上げるという点においては、ファンの質が本当に高いよね。

本当に格闘技が好きな人が集まってるんだろうな。
でもあの冷たさからアクセスはそうないだろうと踏んできたこの間のへロス記事がだいぶ読まれてて謎でした。

多分ヘロスファンってわけじゃないんだろうけど、あまりの静まり返った雰囲気に驚いてこちらに来た際HERO’S開幕戦の記事をうっかり読んでしまったというかんじか。

ちなみにうちのブログでは、K-1MAXは人気が出る大会もあったり、そうでもなかったり。他のK-1や、HERO'Sは鹿島記事と同じくらいの反応。一番長期にわたって安定して1大会でアクセスを稼ぎ出しているのがPRIDEの大会です。

これって動員数とイコールなんだよね。
だってほら、K-1って視聴率はいいけど、動員数はそんなでもないじゃん?だいたい動員数1,2万のK-1、HERO’S、鹿島って同じくらいの数字、4万超え(次回はアリーナバージョンだから2万くらいか?)のイベントとはアクセス数でも差がある。こんなデータが面白かったりしてる管理人であります。



■サゲマンならぬサゲブログ

あー疲れた。

今日は昼間鹿島の試合(ナビスコ)があって、スカパーでもハッスルのリピートがあったんだけどどちらも見ておらず。
ここのところ深夜までいろいろな作業が続いており、お疲れ気味です。

鹿島はスコアしか知らないし、プライドの買収問題もあまり情報を得てないんですが、ちょっと一息入れて雑談形式で書いてみる。

ここで書いてる鹿島、プライドとも厳しい状況で、書くモチベーションがあがらないと思ってたでしょう?
ただ単に時間的な問題でした。

さて、前述の通り当ブログで話題にしている、サッカーの鹿島アントラーズとPRIDEが結構やばそうな雰囲気をかもし出している。

ハッスルはまだ能天気そうだが、ここもプライドと同じ会社がやってるからねー、どうなんしょ。

実は去年から2007年はこれらにとって厳しい状況になるだろうと予想してたんですが、まさに今のところズバリですな。

・鹿島アントラーズ
2005年6月頃から記事を書き出す。その年の前半は首位を独走していたが、書き始めてしばらくしてから下降線。結局優勝はできなかった。
リーグのみならず、ナビスコ、天皇杯も逃す。

・PRIDE
2005年11月頃からちゃんと書き始める。その年の12月の男祭りは小川-吉田戦もあり世間の注目度も高く高視聴率をはじき出す。
しかしながら、翌年の6月5日突如フジテレビから放送を打ち切られる。

・ハッスル
2005年10月の終わりから書き始める。こちらも和泉元彌の参戦でワイドショーで大きく取り上げられたハッスル・マニアで勢いにのる。
翌年の6月のハッスル・エイドで始めての全国放送が決定するも、6月フジテレビショックのあおりを受け、こちらもフジテレビでの放送は中止。

・K-1(ダイナマイト)
いつからか忘れたが、格闘技カテゴリーを新設してから書き始める。
2005年12月話題となった所英男が出てる試合や番組などは、去年アクセスが多かった。K-1系はこういった選手の売り方がうまいね。
2006年大みそかのダイナマイトでのオイルショック(ヌルヌル)では、格闘技ファンからの非難の声が大きく長い間話題となった。

以上、アタシがここで書き始めてからしばらくして、みんな下降線なんだよな。FEG系(K-1やHERO’S)は地上波があるから、よくわかんないけど、国内でここひとつが独走するようになったらやっぱ格闘技熱って奪われていくんだろうね。
K-1系はいい大会もあるんだけどね。やっぱいい意味でのライバルがいないと。

鹿島は今年4試合してまだ1勝もしてないし、プライドの買収やら訴訟やらがどうなるのかわかんないが、開きなおるだね。もう今は目が疲れてこれらの記事を追う気にならん!

まだ仕事関係のメールもせにゃ、アカンのよ。

あたしゃ、昔のプロレス思い出したね。

選手が離脱したり、団体が消滅したりさ、いろいろあったじゃん。
今なんて団体(もどきも含め)が多すぎて、全部は把握しきれないよ。

ちょっと前に話したけどさ、ジャイアント馬場さんが生きていた頃、新日本プロレスと全日本プロレスの老舗2団体がちゃんと機能してた頃が一番面白かったね。

さぁ、プライドはそろそろなんか具体的な情報があがってくるか?

というかいい加減にカード発表せいっ!!
本当に来月大会が開催されるのか、疑問に思うようになってきたよ。

プライドは大会終わって直後はいいんだけど、それが過ぎるとすぐネガティブな話題ばかりが延々続くからね。もううんざりしてくるよね。

今週にはなんか動き(カード追加なりの)が出てくるでしょ。また明日以降だね。



(2007年3月21日追記)








関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんばんは!

昔は週プロの方が面白かったんですが、最近はゴング派でした。
週刊ゴングとゴング格闘技が休刊ということで、淋しいですね。

今回のPRIDEは発表遅すぎですよね。ホントひどすぎます。

UFCはサクサクカードを決めていってるイメージがありますね。
ルールや雰囲気は好きではないけど、その辺りは評価できます。
こんばんは!ゴングは残念な結果になってしまいましたね。今後は週プロを買うことになるのかなあ。PRIDE行かれるんですね!良いなあ!確かにPRIDEはカード発表が遅いですね。それに比べてUFCは、その日の興行の中に次の興行の目玉カードの宣伝がしっかりしてますよね。ソクジュに期待したいですね!