2007/03/28
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

PRIDE重大会見レポートと写真館

category - 格闘技・プロレス
2007/ 03/ 28
                 
PRIDE重大会見 六本木ヒルズアリーナ
2007年3月27日(火) 18:00~

PRIDE 長い冬の時代を乗り越え、春が来た!

2007年4月8日(日)のPRIDE.34 KAMIKAZEがDSE主催の最後の興行となります。

バラ


もう皆さんご承知のとおり、この日をもって榊原代表は退任、残ったスタッフは全員、ロレンゾ・フェティータ氏の下新会社(=PRIDE FC WORLDWIDE)へ再就職します。

バラさん除く全員がこの会社へ移行ということで、今でのPRIDEのクオリティは損なわれないと思いますよ。

---------------------------------------------------

16:00過ぎに六本木ヒルズアリーナに到着しました。
すでに行列ができており、後ろの方の席だと諦める。

どうやら整理券は配布終了とのことで、立ち見が確定。

しかしながら17:00過ぎにいよいよ入場となると立ち見は順番関係なしとのことで、鉄柵の真後ろ1列目をゲット!

整理券配布され席が用意されてた人たちは、カーブがかかった関係者席のだいぶ後ろなので、記者席すぐ後ろを取れてラッキーでした。着席してた人たちよりは断然舞台までの距離が短いから。

opening1

まずスクリーンに2003年東京ドーム大会のオープニング映像が流れた。あのサラ・ブライトマンの、「TIME TO SAY GOODBYE」がBGMのアレです。

なんで2003年なの?

この時点でやっぱり代表は今日辞めることを発表するんだろうなと思った。

opening0

その後全選手入場、直後吉田vsシウバ戦、シウバvsジャクソン戦、ノゲイラvsミルコがダイジェストで流れた。

さすがに試合の映像が流れてる間はファンは見入ってましたね。

opening3

その後も開始までいろんな試合が流れる。
2005男祭りや、地上波がなくなってからの無差別決勝戦、ラスベガス大会、男祭り2006、最後は先月のラスベガス大会で18:00になる。

進行役は笹原さんでなく、太田真一郎さんでした。
加藤さんの姿も見えた。

開始5分くらい前あたりにスクリーンを正面にして、右側の空席に選手たちがどどっとなだれ込んできた。左側から真ん中は記者などの関係者たちが座っています。

バラ0


18:10過ぎ頃でしょうか、榊原代表が姿を現し挨拶をします。
baratakada

今日のための原稿を書いたが全部は書ききれず、途中から自分の現在の生の言葉をいれてお話しますということで、ちょっと涙ぐんだかんじで言葉に少しつまりながら話すのをみて、退任確定だなと確信しました。

代表の言葉は他でも出てるでしょうから省きます。
次に高田が登場、バラさんへのメッセージを。

今までは代表と呼んでたけど、これからはまた”バラちゃん”と呼ばせてもらうと。そうなんですよね、高田と榊原さんの出会いからPRIDEが生まれたんです。これは高田の本「泣き虫」に書いてあった。

その後榊原さんから、新しいPRIDEのオーナーが紹介される。
レニー・ハートさんの「PRIDEの新しいオーナー ロレンゾ・フェティータ」とコールされ、フェルティータ氏登場。

ロレンゾスクリーン

バラとロレンゾ


ロレンゾ氏の挨拶そして今後どうなるかというシミュレーションということで、今後のPRIDE,UFCの予想図ということでVTRが流れた。

普段オープニングで流れる映像のようなつくりで、ナレーションは立木文彦氏が担当!最初のVTRではBGMであの「ゲリラ・ラジオ」が復活!!

なつかしい・・・

内容はMMA版ワールドシリーズ、トヨタカップがPRIDE&UFCによって展開されるといったかんじでした。

ちょっと順番は定かでないけど、榊原さん退場後、フェティータ氏がダナ・ホワイトを呼んだ。ダナ呼ばれるとき一部から歓声があがってましたね。

その後PRIDE34のプロモビデオが流れる。
今度はLast Man StandingがBGMだ!
ナレはもちろん立木さんです。

この映像で追加カードがわかる。
藤田和之vsジェフ・モンソン決定!
ヴァンダレイ・シウバも出場決定みたいです。他にはミノワマン、トンプソンの映像も流れていた。

ビデオが終わるとダナがジェフ・モンソンを呼び入れます。
今日は風が強く、結構寒かったのにもかかわらず、モンソンはなんと半そでTシャツ1枚。

ダナとモンソン

ダナとモンソン2


高田も対戦相手の藤田を呼び入れる。
高田ダナモンソン

事前の打ち合わせ通りだったんでしょう、UFC×PRIDE対抗戦という煽りで、ちょっとダナと高田が挑発しあう感じ。

そして「日本の野獣 藤田和之 出てこいやー!」

高田藤田ダナモンソン

モンソン、藤田のコメントも互いに挑発。

5ショット

写真撮影は、フェティータ氏もはいり5人でパチリ!

ufcpride

MMAの2大メジャー、PRIDEとUFCが共存共栄、切磋琢磨しながら今後もより繁栄していくはず。

いつ頃だったが記憶が曖昧だが、ミルコ・クロコップからのメッセージが読まれた。

「今日このような発表が出来たということで、世界最強のあの男にリベンジできるチャンスが回ってきたと自分に都合よく解釈している。あの夏の日は本当に悔しくていまだに安眠を妨げることがあるくらいだ」

というような内容でした。

ダナたちが引き上げ、最後に主な日本人ファイター(地上波打ち切り後の会見と同じメンバーが主体)が舞台に登場する。

all3

高田が「誰か選手を代表して挨拶してくんない?」と呼びかけると吉田が手を挙げて、「地上波がなくなりましたが、榊原代表と、フェルティータさんの英断でこんなすばらしい発表ができました・・・」的なコメント。

次は誰がしたんだっけなぁマッハあたりか、ちと記憶があやふやです。
吉田の次が郷野だったようです。

gono

ファンからは「郷野!」って声が飛び交っていて、出たがり郷野が挨拶を。

all1

菊田もいたし
all2

ラスベガス大会でまさかの敗戦を喫した五味もいた。
田村長南マッハ

紙プロの田村のインタビュー読みました?
今回は「赤いパンツの頑固者」田村潔司も来場してた。
kiss

塩試合後、試合は組んでもらえないものの、こういう場には呼ばれる中尾”KISS”芳広の姿も。

最初始まる前選手軍団の中に帽子をかぶったひとがいて、てっきり藤田かとおもったら西島洋介でした。

田村まで来た会見でしたが、何故かミノワマンは来場せず!
次の試合へ向け新化させるべく、特訓中だったのか??

forever

最後は「PRIDE Forever」の文字が・・・

全体的な印象としてよい結果になったと思います。榊原代表も、フェルティータ氏も言っていたとうり、フェティータ氏がUFCとPRIDEのふたつのMMAイベントを持つ。UFCの下にPRIDEがあるわけではなく、UFCとPRIDEは同格で、いい意味で互いにMMA界で競い合っていく形だ。

エド・フィッシュマンなんかに売却しないで、こういう結果になったのは最高の決断ではないだろうか。

高田が言っていたが「PRIDEを札束で叩いて・・・心無い行為」云々は誰のことを言っていたのだろう。フィッシュマンのことだったのか。

尚PRIDE公式では、通常の会見動画はメンバー(有料会員)しか見れないのですが、今回は無料で見れます。

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1175003368

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1175003641

http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1175004386

2007年3月28日追記

明日はkamiproの発売日です。
今回は買うつもりですよ。

KamiproHandに結構PRIDE関係の記事が出てましたね。
当初23日に発売する予定だったのが、なぜ29日になったのかなど今日はhand読みまくりでした。

昨日の発表後の囲みの取材も全文アップされてた。
いくつか気になった箇所を書いてみます。

新会社PRIDE FC WORLDWIDEだが、所在地は現在DSEのオフィスがある場所。DSEは榊原さんひとりになって、ここから出て行き、新会社は4月中に設立予定。

100%ロレンゾ・フェティータ氏が出資する。
新しい代表はまだ決まってないが、噂されてた外部からの選出はない。
榊原さんは今後は一切PRIDEとはかかわりをもたないとのこと。

地上波打ち切りの原因だったであろう、グレーなイメージはバラさんが一人で背負い去っていく。これによって新しい組織はクリーンだというアピールをして悲願の地上波復活を目指します。榊原さんの今後は未定。

大会スケジュールは現在告知されてるものと変わらず。逆に6月に国内でのナンバーシリーズとニュージャージーでの開催があるかもしれない。

フィッシュマン氏からは一部報道にあった買収の具体的なオファーはなかった。アメリカでのマーケティングや、プロモーション活動に対しての複数年契約はあった。

しかし、すでに開催された2大会を見てもDSE側が望んだことはやってくれなかった。「こういう状況でリスクを負って一緒にやっていけないので、結果が出ないからやめようと」提案したそうです。

フィッシュマン氏からは1円も借りてないし、訴訟問題に対しては淡々と決着をつけるだけ。

そして、昨日私が書いた高田が

「PRIDEを札束で叩くような心無い行為」云々はフィッシュマン氏のことではなかったようだ。

エリートやShowtimeからさかんにオファーを受けていたが、資本力はあっても実績がない彼らに対し、断りをいれた。だから一部で報道されてるような、エリートがPRIDEから買ってほしいという申し出を断り、FEGを選んだというのは違うといっている。彼らと組んでも熱は生まれないだろうと語っていた。

そして、34にドン・フライが電撃参戦!することが発表されたわけだが、自分も含め「なぜに今ドン・フライ??」と思った人も多いと思うが、フライはバラさんが辞職することをきいて、「もう一度PRIDEに戻って試合がしたい、今回はサカキバラの為に闘う!」と言ってくれたそうだ。

熱い男だねー。

バラさんはまだ数試合カードに余裕があるから、PRIDEの立役者はオレだ!という選手は是非名乗りを上げて欲しいと語っていた。

見送るはずのナンバーシリーズだったが、チケットを買っておいてよかった。DSE主催の最後の大会、PRIDE.34も気がつけばもう少しで開催されるんですね。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

いやいや人が多すぎたのと、寒くて携帯がなかなか打てず、ショボイレポートになってしまってすいません。

本当にいい会見でしたよ。独特の雰囲気でした。

ドン・フライが何故いまごろ?って思いましたが、参戦に至るまでの経緯をしって胸が熱くなりました。

これからはカードの幅が広がる期待感があるのがウレシイですよね。

ダナはやたら声がでかくてうるさかったです:笑

創世記をそして現在のPRIDEを支えるファイターたちが今回も沢山来てくれました。パンクラスからは前田が来ててちょっとビックリでした。

こんにちは!速報おつかれさまです!気になって何度も見てました。動画もみましたよ!ダナは見た目怖いですね笑。選手は少路などPRIDE初期を支えた方もきてましたね。頑固者田村は相変わらずの人気ですね!今回の出来事、カードの幅という面ではとても素晴らしいことだと思います。個人的にはUFC軽量級(ヒューズ、GSPら)とPRIDE戦士の戦いがはやく見たいです!夢ひろがりますね!速報ありがとうございました!