展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

リーグ第6節 横浜FC戦、第7節  清水エスパルス戦、第8節  浦和レッズ戦

category - 鹿島アントラーズ
2007/ 04/ 15
                 
Jリーグ第6節  横浜FC 0-1 鹿島アントラーズ
2007年4月14日(土) 日産スタジアム 14:04キックオフ/19,367人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、ファボン、新井場 徹
MF 青木 剛、中後 雅喜、本山 雅志、ダニーロ
FW マルキーニョス、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 石神 直哉、後藤 圭太
MF 野沢 拓也、船山 祐二、興梠 慎三
FW 佐々木 竜太

【得点者】 25分 柳沢 敦
【交 代】 74分 ダニーロ→野沢、83分 柳沢→興梠、88分 青木→船山

昨日は行けばよかった。TBSで試合を見ました。
勝ったから行きたいということではなくて、なんだかわからないけど、昨日は本当に行けばよかったと久しぶりに思えた。

内容的には良かったわけではないし、自分でも何故久しぶりに鹿島の試合を見にスタジアムまで行きたくなったのかわからないんですが、鹿島のゴール裏が映った時、かつて自分もこの中にいたときのことを思い出し、この場所にいたかったなぁと感じたのです。

昨日は私が好きなカズがいるチームとの対戦ということもあり、最初はどちらかというと中立な立場で試合を見ていました。

鹿島は数日前のナビスコカップで名古屋グランパスを下しており、ホームでの名古屋戦不敗神話が、チーム状況がボロボロな現在でもしっかりいきていることに驚きをかんじましたね。ただし、名古屋の方はかなりのサテライトチームだったようで、この辺も鹿島はラッキーでした。

しかし、昨日はあれだけチャンスがあったのにもかかわらず、1点どまり。まーシュートがバーに当たったり、相手のキーパーが良かったこともあるんでしょうが、本当に決まらなかったですよね。

それでもヤナギが待望の先制点を決め、それからは完全に鹿島応援モードへ。久しぶりに見た鹿島の試合でしたが、新井場、マルキの出来の悪さにビックリ。どうしちゃったんでしょう。以前のマルキならああいった場面で決めていたような記憶があるんだが。

追加点が欲しかったのだが、横浜FCの出来の悪さもあり、なんとか1-0で勝つことが出来た。今はリーグ初勝利できたことのみを喜ぶべきなのだろうが、今後この調子でリーグ戦乗り切っていけるのか?

選手の交代もわけがわからず、これからに希望が見出せた戦いではなかったが、野沢の復帰、そしてこれから戻ってくるであろう田代この二人に期待をしたいところ。

さて、気持ちを切り替えるために永田さんの試合でも見るか。
多分久しぶりにこちらの記事はアップします。いつ書くかはわからないけど。


■第7節  清水エスパルス戦

Jリーグ第7節  清水エスパルス 1-2 鹿島アントラーズ
2007年4月21日(土) 日本平スタジアム 19:04キックオフ/12,738人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、本山 雅志、ダニーロ
FW マルキーニョス、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛、石神 直哉
MF 増田 誓志、船山 祐二、
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 32分、46分 柳沢 敦
【交 代】 57分 野沢→増田、68分 柳沢→興梠、89分 本山→大岩

柳沢2発快勝…J1第7節

鹿島・柳沢が2試合連続得点!11戦5発で今季絶好調!

左で頭で柳沢2発!鹿島乗ってきた



今年リーグ戦では、初の連勝ですね。
順位も暫定で二桁から脱出。

昨日はヤナギが連続ゴール。ふたつともいいゴールでした。
やはり野沢の復帰は大きい。昔はサブにさえ入れなかった時期があったよね、それが今は満男がつけていた「8」をつけて、堂々のプレーですよ。あの時は現在の姿なんて想像できなかったなぁ。

対戦相手が清水という事でちょっと嫌なイメージがあるんだけど、BS見てたらここ数年は清水に負けていなかったんだね。
これで清水に対する苦手イメージも払拭できる。

しかし、前半清水がおしてたのに先制したのはアントラーズ。本当にサッカーってわからないですね。

最後は時間をうまく使うプレーも見れて、ちょっとなつかしい感じがしたです。

さて、お次はホームでの浦和レッズ戦。今日その浦和は川崎に負けたんだよね。今年こそは絶対にレッズに勝ちたいなぁ。最近はレッズにはなかなか勝つことが出来ないんだもん。今日順位表見たら勝ち点差見るとまだまだ鹿島が抜け出すことは可能だ。

GWの連戦はきつそうだが、この時期に上位との差をつめたいところだよね。

そして、久しぶりにスパサカを見ました。いつ以来だか思い出せないくらい久しぶりです。小倉さん、鹿島目線で話してくれて好印象。前この番組に出ていた誰かさんとは大違いだ。




(2007年4月22日追記)

■第8節  浦和レッズ戦


Jリーグ第8節  鹿島アントラーズ 0-1 浦和レッズ
2007年4月29日(日) カシマサッカースタジアム 16:00キックオフ/36,146人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、青木 剛、岩政 大樹、新井場 徹
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、本山 雅志、ダニーロ
FW マルキーニョス、興梠 慎三

【控え】
GK 杉山 哲
DF 大岩 剛、石神 直哉
MF 増田 誓志、船山 祐二
FW 田代 有三、佐々木 竜太

【得点者】 なし
【交 代】 61分 興梠→田代、74分 ダニーロ→増田、84分 本山→佐々木

昨日はテレビ観戦でした。
レッズ戦テレビ観戦で済ますことになるとは・・・しかも、金曜まで土曜日に試合だと勘違いしてたくらいで、土曜日は青山に出かける予定だったのでテレビも見れないななんて思ってたんですが。

昨日はデジタル放送だったので、前半は映像のみならず、音声までも乱れておりほとんどよくわからなかった。後半の10分過ぎくらいから、突然ちゃんと映りだしたのは何故だ?

なので失点のシーンとかはバッチリみれました。
前半の興梠が決められていれば、昨日はまた違った結果になっていたかも。浦和は水曜日(?)中国(?)で試合だったらしく、またワシントンも不在で、勝てそうなゲームであった。

しかし、そんな中でも1-0で負けてしまうのが、今の浦和と鹿島の大きな差なのだと思う。

鹿島にも決定機はいくつかあった、しかしそれをキッチリと決めることが出来ず負けてしまった。昨日はヤナギが怪我で欠場していたため、キャプテンは新井場。だけどこのイバが危なっかしいこと。

あと、ダニーロはいまごろになってもフィットしないままで、いかがなものかと思う。

後半は鹿島がバテてセカンドボールを拾えずおされていました。
相手は鹿島より試合数多いのに、ましてやホームでの試合なのになんでこうなるかなと。

そして、大量の本当に大量の迷惑な紙ふぶき。
あれは試合のさまたげになるので、今後は配慮すべきだと思う。
鹿島側としては、浦和戦だからと意気込んでいたのだろうし、動員数が見込めるレッズ戦とはいえ、36000を越えたのは、普段は来ない鹿島のサポーターも数多く足を運んだからだろう。

しかし、現在の浦和にとってライバルは、ガンバだったり、川崎だったりするんだろうな。意気込んでるのは鹿島だけで、浦和はリーグ戦のひとつくらいのつもりだろうな。

といいつつ、私は現在家中を綺麗にすることに力を注いでおり、昨日も取扱説明書をファイリングする作業をしながらのテレビ観戦だったので、ジーッとは見てなかったんだけどね。

しかし、うちのブログもしぶといよなぁ。

多分そのうち、近い将来、以前のように現地観戦の記事なんかも書くチャンスがあるかも・・・だし。弱小ブログなので、2005年か、続いたとしても去年の秋ごろ鹿島ブログとしては終わっていたはずのにな。またスタジアムで観戦して、それを記事上げするところまでくるとはな。

さて、1月に予想してたより、鹿島の記事を多く書いてしまったため、ブログに書こうと思って書けなかったプロレスなどの最近の気になった話題を簡単に。

・本日やる横峯さくらパパのお気に入り美花と神取忍の試合が気になる。(が、多分ブログには書かないだろうな)横峯パパは大のプロレスファンで、最近プロレスが元気ない、藤田もこの間負けちゃったでしょうって言ってたが、そのPRIDE.34はPPV・会場観戦だったのか、ニュースをチェックしただけだったのか気になる。

・27日のパンクラスでの、坂口征二の息子であり坂口憲二の兄、坂口征夫のデビュー戦見たかったな。ボードッグがパンクラスをスポンサードするらしいが、パンクラスもなんであんなところと手を組んだかね。

・大仁田興行で鈴木宗男がレフェリーをしたらしい。第5試合のノーロープ有刺鉄線ストリートファイトを裁いたとか。

そしてK-1を少し、昨日は地上波観戦しました。しかも途中から、澤屋敷見逃した。まーいいか。てか、あたしは怒ってるぞ!

チェ・ホンマンの紹介VTRでのBGM、男祭りの小川vs吉田戦の煽りVでの使用曲使ってただろ!あれはな、何度見ても泣けるくらいの物語で、あたしにとってはすごく神聖な曲だったのに、よりによってチェ・ホンマンのところで使うとは。K-1は無理にPRIDEっぽくてかマネするなよ、もぅ。

そして気に留めたことは、リングアナがUFCでのリングアナだった。(どうみてもあの人そうだよね?)ちと、ビックリ。前からそうだったっけ?

タイトルマッチでのサダハルンバの英語が聞けた。

リングサイドのレイ・セフォーカッコイイ!曙さんもいたな。

試合自体はまーまーだったかね。ホンマンとか勝敗がわかりやすいし、マイティ・モーを優勝させたい大会だったんだろうなと思った。そして、まつ毛クリンクリンのバダ・ハリだが、藤本を秒殺。武蔵に勝っていきまいてた藤本のやられっぷりにワロタ。

さてと、来月のハッスルのチケットを買わなきゃだな。

(2007年4月30日追記)

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント