2007/05/05
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

リーグ第9節  FC東京戦、第10節  横浜マリノス戦、第11節  ジュビロ磐田戦

category - 鹿島アントラーズ
2007/ 05/ 05
                 
Jリーグ第9節  FC東京 1-2 鹿島アントラーズ
2007年5月3日(木) 味の素スタジアム 16:05キックオフ/30,436人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、本山 雅志、ダニーロ
FW 田代 有三、マルキーニョス

【控え】
GK 杉山 哲
DF 大岩 剛、石神 直哉
MF 増田 誓志、船山 祐二
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 59分 中後 雅喜、82分 増田 誓志
【交 代】 66分 ダニーロ→増田、79分 田代→佐々木、85分 本山→大岩

20070503_fctokyo
久しぶりに鹿島の試合を見に行ってきました。

20070503_2
GWお天気が良く、暑いくらいでした。

20070503_3
ここアクセスはいいんですが、みづらいのが難点。
20070503_8
指定席側もキックオフが近づいてくるとかなり埋まってきました。だけど以前はもっと埋まってなかったっけ?あっ、両チームとも現在は低迷中だっけか。

20070503_4
この日は「鬼太郎デー」だったらしく、チケットの半券をもっていけば”鬼太郎ソフトクリーム”がもらえたみたい。私はめんどくさくてもらいにいかなかった。

キックオフ15分くらいまえスペシャルゲストの言葉に少し反応。ウエンツ瑛士はさすがに来ないだろうとは思ってましたが・・・

20070503_5
スクリーンに目玉のおやじが出ただけ。
20070503_6
ショボッ

20070503_アマラオ
今でもアマラオ
20070503_sexyfootball
せくしぃふっとぼーる
20070503_ガスサポ
ガスサポさんたち

20070503_7
試合前の鹿さんたち

で、試合なんですが。

これはどこかを批判してるという意味ではなく、鹿島のサポーターの人たちは優しいから、多分勝ててよかったとか、逆転勝利だったので刺激があったのでしょう、最近目が疲れて鹿島関連のネットチェックは全然出来てない状態なので今回はわかりませんが、結果を重視して勝てたことを素直に喜ぶ記事が多いんではないでしょうか。

うちは鹿島だけを書いてるブログではございませんので鹿サポの目を気にする必要もないし、鹿島のことも少し書いている弱小ブログの強みで思ったことを素直に書いてみよう。同じような印象の記事を書いても見てる人はつまらないでしょうし、今回の試合ひどかったのであえて綺麗に纏めることはしませんよ。

確かに経過と流れは、アウェーでの逆転勝利。鹿島の応援をしにいったので、私自身も同点と勝ち越し弾にはおおいに喜ばせてもらいました。

だけど試合内容が悪すぎです。
さすがJ1の16位と11位の試合、どっちもどっちで前半は0-0で折り返すんですけど、この時点でもうグダグダな展開が続いてたのでグッタリ。。。

簡単なパスミスが多いし、シュートは打たないしで何がやりたいのかわからなかった。これは相手のFC東京もひどすぎで、前半の鹿島からなら2,3点取れてておかしくなかったはず。相手の精度が悪く、しょぼかったため鹿島としては助かりました。しかし、田代もこれは決めなきゃというヘッドをふかしちゃったし・・・もう失点するまでは、ホント笑うしかないというような内容だったな。

後半このような流れから0-0の引き分けもありえるなと考えてたんですが、57分ついに均衡が破れ、ガスのワンチョペにゴールを許してしまう。それまでも相手が何度となく外してくれていたので決めれないと私自身タカをくくってましたが、これはやられてしまいました。あんな自由にさせちゃったらダメでしょ。

しかしそれからすぐのCKで、こぼれを中後の力強いシュートで同点へもちこむ。それまでの中後はパスミスなど正直よくなかったんですが、彼のゴールは大きかったですね。さぁここから、逆転へっていう気にさせてくれましたから。

その後、ダニーロに絶好のチャンスが訪れ逆転か?と思ったんですが、何故かシュートを打たない!もうイライラさせられましたよ。

結局はそのダニーロと交代で入った増田が逆転弾となるキレイなヘッドを決めるんですが、マルキのクロスもよかった。増田は頭から決めるのうまいですね。

そのまま動かず2-1で逆転勝ち。

本来ならアウェーでの逆転勝利は嬉しいはず。だけど、負け試合と同じようなあの疲れは何?試合が終わってオブラディやってましたが、あの内容でアウェーでわざわざやる気にもならず、少しだけ参加。でも、逆に言うとあの内容でも勝利を喜ばなきゃいけないという、これが今の鹿島の現状。鹿島の今の実力、現実を見せられた気がしました。

だって内容悪すぎて、後半はゴール裏でもさすがに座ってる人たちもいたくらい。さすがに同点からたってましたけど。自分もグダグダな展開に呆れてしまっていたので、お座りした人たちの気持ちはわかるわ~。

そして、年々動員数が落ちている鹿島さん。

私自身鹿島の試合を見に行ったのは去年のナビの決勝以来。あの時も家族の手術入院でバタバタで鹿島が負けたときすぐに病院へ行ったので負けた悔しさも感じなかった。

今回も前日に軽めの手術があったので同じような状況だ。だから鹿島どころではないのだが、近場での試合がもうないので次いついけるかわからないと今回は思い切って行ってみた。

私の周りでも去年、今年から鹿島の試合に頻繁にいっていた人たちが、観戦の回数を落としている。私の周りだけでもこれだけ観戦にいかなくなったわけだし、これは自分の周りだけの話でもないだろう。

自分も含めみんな鹿島のスケジュールをよく把握してないし。
こんなかんじで、それぞれの大人の事情やら、鹿島への興味が失せていったやらで、以前鹿島の試合に通ってた人たちで、だんだんスタジアムへ行かなくなった人って多いんだろうな。

確かにチームに余り魅力を感じないし。

試合終了後試合に出た選手だけでなく、控えの選手たちもゴール裏に挨拶に来てくれたことは良かったと思います。ただ、これって当たり前のことじゃないかとは思いますが。まー選手たちの気持ちは以前よりは感じたので、良かったかと。

20070503_antlers.jpg


とにかく、結果だけは出たそういった試合でした。

やはりネットでごちゃごちゃやってるより、オフラインで拾える生の声は良い。呆れてるとか、つまらないって思ってるのは自分だけでなく、結構同じ事を思ってる人がいるんだなってわかったのが収穫。やはりダメな部分はきちんとダメと言わないとな。

この日国立で行われていた東京ヴェルディvs水戸ホーリーホックだが、いろんなユニ来た人たちがきて、かなりネタ的に面白い試合だったみたいだな。こっちへ行くべきだったのか?


■第10節  横浜マリノス戦


Jリーグ第10節  鹿島アントラーズ 1-1 横浜マリノス
2007年5月6日(日) カシマサッカースタジアム 15:04キックオフ/13,344人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、石神 直哉
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、本山 雅志、ダニーロ
FW 田代 有三、マルキーニョス

【控え】
GK 杉山 哲
DF 大岩 剛
MF 増田 誓志、船山 祐二、遠藤 康
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 52分 中後 雅喜
【交 代】 69分 ダニーロ→増田、77分 野沢→船山、86分 マルキーニョス→佐々木

20070506_内田篤人

今日は雨だし、GWの疲れもあるし、自宅に引きこもっているつもりが、ちょっとお出かけしてしまい疲れがドドッと出て少し寝てしまった。

16時開始だと勘違いしていたので、起きたら前半のハイライトやってました。失点はこのハイライトで見た。

だから後半しか見てないんですが、この間のガス戦に比べるとだいぶ良かったような気がします。
結果は引き分けだけど、内容は今日の方がいい。

雨の降り方が激しそうで、ピッチコンディションも難しいところ。
それでもホームだし逆転して欲しかったんだけどね。中後のゴールはこの間と同じようなかんじだった。彼はこういった部分でのセンスがありそうだ。

うーん、今日のマリノスならあのまま逆転できそうだったのになぁ。最後の増田のあのシュートが枠にいっていたら・・・
J1の中位は混戦だから、ひとつ勝てば大きく順位を上げる可能性があるんだよね。1勝ずつ積み重ねていく重みを感じますわ。

20070506_鈴木隆行

さて、開幕戦退場して以来出番がなかった(らしい)この人がカシマスタジアムで久々にプレーをしました。

鈴木隆行が、後半途中出場した。
シュート1本打ったけど、ハラハラせず見れた。やっぱり入らなかったし。まぁ鹿島戦以外で頑張ってください。

そして、今日もダニーロがよくなかったな。もうあのままなじまずに去っていくことになるのだろうか。マルキもなんか持ちすぎでイマイチだし。もっと外国人選手がフィットしてくれるといいんだけど。


(2007年5月6日追記)


■第11節  ジュビロ磐田戦

Jリーグ第11節  鹿島アントラーズ 2-1 ジュビロ磐田
2007年5月12日(土) カシマサッカースタジアム 19:00キックオフ/13,259人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、石神 直哉
MF 青木 剛、中後 雅喜、野沢 拓也、本山 雅志
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 杉山 哲
DF 新井場 徹
MF 増田 誓志、船山 祐二、ダニーロ
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 13分 中後 雅喜、76分 マルキーニョス
【交 代】 63分 野沢→増田、68分 田代→ダニーロ、80分 本山→船山
【退 場】 58分 大岩 剛

祝☆400勝!!

そして、今季ホーム初勝利!!!

“常勝軍団”鹿島が金字塔!J発足後初の公式戦400勝達成

「最近忘れられていますけど、ボクらは常勝軍団。勝っても反省して次にもっといい形で勝てるようにしないといけない。ジーコが植えつけたことを全力でやってきた成果だと思う」。1アシストのMF本山が胸を張った。

>最近忘れられていますけど、ボクらは常勝軍団

モト・・・

そんな鹿島を鋭く見つめるのが日本代表のオシム監督。今季のカシマスタジアムでの視察はこの日が4試合目。ここ4試合のうち鹿島戦を3試合、観戦している。「偶然もあるが、(鹿島は)いい試合が期待できる。鹿島には何かあるということです」と鋭い目を光らせた。

 13日には、14日からの日本代表候補合宿メンバーが発表される。ファインセーブで勝利を演出したGK曽ケ端、鼻骨骨折のためフェースガードを付けた状態ながら頭で相手の攻撃を跳ね返し続けるDF岩政、得点も取れるボランチにスケールアップした中後、攻撃の起点として欠かせない本山らが“サプライズ”候補に挙げられる。

 オシム監督も「新しい選手? 2人くらい」と新戦力のテストを示唆。好調の鹿島から目が離せない。



鹿島 vs 磐田:オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント 

鹿島 vs 磐田:試合終了後の各選手コメント 

オシム監督 鹿島に熱視線

オシム監督は今季鹿島戦4試合を視察。昨年は鹿島戦に代表スタッフを配置しない試合も多く、実際に、昨年11月のサウジアラビア戦でMF野沢が初招集されるまで、鹿島勢から一人も招集してこなかった。

 ところが、今季はG大阪戦(3月11日)、浦和戦、F東京戦(3日)、この日の磐田戦と早くも4試合を視察。視察を急きょ取りやめた横浜M戦(6日)を含めると、リーグ戦4試合連続で視察の予定を入れている。その理由について「偶然もあるかもしれないが、いい試合が期待できるからです」と説明した。

 招集候補にはMF野沢に加え、対人プレーに強いDF岩政、GK曽ケ端、復調したMF本山、得点力のあるMF中後らが挙がる。中後は「まだ足りない部分が多い。代表? ないでしょ」と話すが、オシム監督は高い評価を与えている。


中後3戦連発!鹿島公式戦400勝

昨日はバタバタしており、後半途中からライブアントラーズでの観戦でした。

日本のクラシコと言われる(た?)鹿島VS磐田、かつてのあの独特の緊張感はスタジアムにあったのでしょうか?

さて、大岩退場後から聞いたのですが、昨日の主審は柏原丈二で既に嫌な予感はしてたんだが、ライブアントの中の人・松本さんの実況からもひどいジャッジだったことが容易にわかった。

しかし、この松本さんの実況のおかげでひとり観戦だったが楽しめたよ。昨日のカシハラの判定にも

(鹿島のCKを磐田のGKと判定されそうになって)「これは、コーナーキックでしょ

「みなさん(ヘンなジャッジされないよう)しっかり見てましょう」

とか

「上で見てる私よりは、近くにいる柏原さんの方がよく見えるのでしょう」(思いっきりの嫌味)

「私よりも、選手の方が落ち着いています」

ひとり少ない中でのマルキの追加点の時も

ここまで辛い状況(ひどいジャッジ)だったから嬉しい!というようなことを言って喜びを爆発させてたし。

中の人最高っっ!

映像の方はスパサカで見ました。

1点目の流れは素晴らしいじゃん。
マルキキープ→ノザーのクロスにジャンプ力がある田代のヘッドをキーパーが弾いたところ、飛び込んできた中後が倒れながらのシュート。

2点目は途中出場のダニーロからモトの絶妙なスルーパスをマルキが決める。

ダニーロが役に立っていたようだな。

私的には石神のクロスをマルキが決めるという展開が最高なんだが、いつかそんなシーンを見れることを期待しましょう。

20070412マルキ


マルキは得点したあとのパフォーマンスがいいね。昔やってた宙返りはやらなくなったみたいだが、このサポーターを煽る部分なんかシビレル!


もう、ホントにカッコイイ


こういう気持ちが伝わってくる選手ってあたしゃ大好きだ!!!

次もゴール頼むよ

改めて思うが鹿島は顔面偏差値が高くなったよな~。

鹿島FW田代が結婚、来年1月に挙式

びっくりしました。田代おめでとう!



(2007年5月6日追記)


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント