展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

クリス・ベノワ(ワイルド・ペガサス)死亡・PRIDEの今後は?

category - 格闘技・プロレス
2007/ 07/ 01
                 
■UFC×PRIDE



4.8PRIDEがDSE体制最後の興行を終え、事実上の活動停止状態になってから2ヶ月余りが経ちました。
5月、6月はたいしたプロ格記事を書いていないにもかかわらず、このカテゴリーへは大変多くの来訪者が訪れてくれました。

上半期も終わったので、ちょっと一息「プロ格」つれづれのような雑記を書いてみようかと思います。

■クリス・ベノワ(=ワイルド・ペガサス)死亡について
ベノワは妻子を殺害後に自殺=米捜査当局が発表

ここ数年、自分が熱心にプロレスを見ていた頃活躍をしていた選手たちが亡くなり、こういう報道がある度淋しい気持ちにさせられます。

私にとってはWWEのクリス・ベノワというよりも、新日本プロレスのJr.戦線で活躍してた、ペガサス・キッドやワイルド・ペガサスというリングネームの方がなじみがあります。

90年代新日本プロレスでライガーと戦っていたあの頃を思い出してしまう。ライガーに敗れてマスクを脱いだときが印象に残っていますね。

端正なルックスとは裏腹に、彼の最後は一家心中というきれいとはいえない終わり方。華やかに活躍をしてた頃といい、死に方といい私の記憶に残る選手のひとりとなった。出来ればジュニアで活躍してた華やかな印象のまま終わって欲しかったが。


1994年のSuper J Cupの映像です。1993年のものを探していたんですがうまく見つかりませんでした。


■PRIDEの今後は?
イノキゲノム観客席に榊原氏と山口氏

イノキゲノム・・・紙プロでもよく取り上げられ(アソコはこういうネタに富んだところが大好物ですからね)、いつやるのかと話題(?)になっていたイノキゲノムが6/29ついに両国でベールを脱いだ。

出場したファイターはジョシュ・バーネット、アレクサンダー大塚、マーク・コールマン、ケビン・ランデルマン、小川直也、田村潔司などPRIDEで活躍していた選手が多い。そしてリンク先のミルホンネットによると、観客席にPRIDEを主催していたDSE代表の榊原信行氏やハッスル・エンターテイメントの山口日昇氏がいたというのだ。

猪木がPRIDEにかかわらなくなってからだいぶ経つが、雑誌などのインタビューでも山口さんはハッスルに猪木を来場させたいという発言をしていたし、昨日の友は今日の敵というようにあれだけ蜜月関係にあった両者が突然別れたり、またその逆であれだけ敵対関係であった両者がいきなり仲良くなったりと、一寸先は読めない関係であるのがマット界なのだ。

PRIDEまた現在ハッスルで活躍する選手たちがこのゲノムにどういった経緯で参戦したのかは不明だが、今年はPRIDEが大きく変わるというよりも、格闘技界が新章を刻む年であるのかもしれない。

そのPRIDEであるが、PRIDEが活動を休止してから格闘技界の熱が失われつつあると感じているのは自分だけではないだろう。
やはり総合格闘技において、PRIDEが担っていた役割というのは非常にデカイと改めて感じている。今は格闘技そのものが元気がないように見える。

先日、kamipro、GONKAKU、格闘技通信を立ち読みしました。
格通には茨城トリオを始め日本人選手たちのPRIDEへのコメントが書いてありましたね。

kamiproの佐伯さんのインタビュー含め、PRIDEの今後のスケジュールについてはまだ白紙の状態なんでしょう。佐伯さんのとこにもデマの情報も入ってくるようだし、今は待つしかないという状況。

心配なのは闘いの場を失ってしまった選手たちのことだが、UFCと統一オーナーになったことで、PRIDEの試合が組まれるまではこちらに参戦する選手も出てくるんでしょう。ダン・ヘンダーソンもPRIDEファイターとしてUFCへ参戦といっていたし。

ただ北岡のコメントにもあったけど、永遠には待てないわけで(選手だけでなくファンも)早いところ新体制だけでも発表して、新PRIDEのスポークスマン的役割の人がPRIDEに関してコメントをするようにしてほしいところだ。

ネットの普及で、誤報も含め休止状態にあるPRIDE関連について様々な情報が飛び交っているようだが、混乱状態にあるPRIDEなので、あまりこういう情報には振り回されたくない。自分はブログ書いてる割にはあまり積極的に情報を取得するようにはしてないが。

ゴールデンウィーク明けに新体制発表とか、GP延期が7/16に開幕戦スライドとか、先日の日刊の8/18に第一回興行とか、結局未だに公式な発表がないところを見ると、日刊の8/18さいたま説もないのでしょう。kamipro handのコラムでも関係者はまだ具体的にスケジュールが決まってないというような反応だったようだし。

なんでこんなにもつれてしまったのかわからないが、PRIDEは多くのファンを抱えている人気格闘技イベント。そのファンの期待を裏切らないような結果になることを希望する。

私は世界最強のファイターを決める場じゃなくても、世界最高峰のリングであり続けることは出来ると思っている。あのPRIDEの世界観というのは他で創りあげようとしても創りあげられないもの。

以前のままのPRIDEの熱を再び感じることが出来る日が来ることを待ち望んでいるところだ。
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんばんは。

あの頃の新日本プロレスは魅力的でしたからね。
ライガー対ペガサスはもう一度見たい試合です。

PRIDEは再開までにもう少し時間がかかりそうですね。
ファンはまだまだ我慢の時期が続きそうな・・・

IGFは試合は見てないのですが、ネットで情報を拾っています。
メインイベントは良かったみたいですね。PPVは購入件数どれくらいだったんでしょう?
おはよございます!自分もWWEのべノワよりも新日本のペガサスの方が印象強いです。ホント残念ですよ。PRIDEはどうなるんでしょう。kamiproのダンのインタビューでPRIDEとの繋がりが確認できたのでホッとしました。あとゲノムの世界は騒がしいですね笑。話題がつきませんよね笑。