展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

しばらく鹿島の試合がない

category - 鹿島アントラーズ
2007/ 07/ 22
                 
次の日曜に本田さんの引退試合はあるけれど。
土曜・日曜と2日間ファン感もあるみたいだけど、行けないなー。
本田さんの試合の日はスパサカの収録があるみたいなので、その次のスパサカの放送に期待します。

今年はオフィシャルの対応もだいぶかわりましたね。
マッチレビューが出来ていたことに今気がつきました。
http://www.so-net.ne.jp/antlers/game/2007/nqf_02.html

今年に入ってからスポーツ以外(私的なもの)のサイトの閲覧が多くなり、サッカーや格闘技系のサイトやブログをみる時間が減りました。しかも最近はネットをやる時間自体も短くなったので、趣味系のものにつぎ込む時間がなくなったもんなー。

昨日は日本代表の試合延長後半の途中から見ました。
家で夜までバタバタと用事を済ませていたらそんな時間になってしまった。今の日本代表いろいろと言われてるようですが、なんだかんだ言って日本はある程度の位置までいくんだろうなと思ってた。なんの根拠もないけど。でも、昨日はまさかPKまでいくとはね。そうなりゃ川口が何本か止めるんだろうなって気はしてたけど。これは皆さん同じじゃない?

さて、先月「日経ベンチャー」という雑誌を読ませてもらいました。
その中に

業績が伸びる!  社員が変わる!
「そうじ力(ぢから)」と高める

というコーナーで、鹿島のスポンサーイエローハットの鍵山秀三郎氏のインタビューがありました。イエローハットの鍵山氏と掃除のつながりについては掃除に学んだ人生の法則人生を掃除する人しない人などで既にご存知の方も多いとは思います。

鍵山氏がそうじに取り組むキッカケとなったのは、創業当時は人手不足で入社してくるのは様々な職場を転々としてきた人ばかりで言葉遣いが悪く、態度も横柄で営業車で事故を起こすなどのトラブルが絶えず、職場がきれいになれば社員の荒れた心も穏やかになるのではないかと思ったからだそうです。

その背景には鍵山氏のお母様が「(家を)汚くしてると、気持ちが惨めになる」と言って粗末な家でもそうじをしてきれいにする姿を見てきたからだそうです。

さらに「トイレは素手で磨きなさい」とおっしゃっていて、その理由として謙虚で気づくひとになれる、感動の心をはぐくむ、感謝の心が芽生える、心が磨かれるとしています。

偶然ですが、私もトイレ掃除はいつも素手、そしてだいたい毎朝そうじ機かけ、時間に余裕があれば雑巾がけもして出勤しています。

やっぱり自分の住んでいる家には愛着があるし、ペットがいるので汚れやすく日々の掃除をしなければならないというやむをえない理由もあります。今も掃除を終えた部屋でパソコンに向かっていますが、収納スペースもスペースがあり整理されており、必要なものがすぐにわかるようになっており無駄な時間を使わずに済みます。

最近スポーツ以外のサイトを閲覧することが多いと冒頭に書きましたが、その中には自然食品や体に安全な洗剤などを調べるという作業もあります。

1週間程前かなり久しぶりにある格闘家のブログを見ました。


久しぶりに見たので、今現在全部を読みきれてないので簡単にご紹介ですが、無添加の日用品やアレルギーのことについて書いています。

鹿島の試合がお休みで、よく書いていた格闘技もお休み。最近はプロレスばかり見ています。8月鹿島の試合が始まるのは嬉しいが、普段見てるスカパーのチャンネルが来月から放送番組が変わり見たいものが増えそうなのだ。見たい試合が増えるのはいいんだが、時間が・・・

ここ2ヶ月で心に響いた試合は1試合ありました。
7月8日に行われた大日本プロレスのデスマッチヘビーで、試合形式の過激さではなく両選手から伝わってくる意地と熱い思い、そしてこれが激しい形式の試合なのにどちらもベビーフェース同士。

正直この試合を7/17の放送で見て、なんどもブログに書こうと思って未だにとどまっている。人の偏見、そしてどんな言葉をもっても伝えきれない壮絶な試合、画像を多く(続きを読む以下で画像表示で、トップには表示はしません)することでそのものズバリで勝負しようと思ったが、以前のように多くの画像を編集する時間が惜しい。

あれやらなきゃ、これもやらなきゃというやらなきゃいけないことに追われた生活を一旦終え、たまにはこういう趣味のブログを書くことに時間を費やしてみたいもんだね。

さて、最近改めて思ったことだが、ブログのアクセス解析で思うのだが(といっても詳細に分析してるわけじゃないよ)、人気ページ、キーワードだけなのだが、鹿島の閲覧者は一番マナーが良くて温かいね。
これは感覚的なものなので根拠を具体的には示せないが、そう思った。
やっぱり鹿島を応援してて良かったわ。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント