展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

リーグ第19節  ヴァンフォーレ甲府戦、第20節  ジェフ千葉戦、大宮アルディージャ戦、第22節  横浜FC戦、リーグ第24節  川崎フロンターレ戦、第26節  アルビレックス新潟戦、第27節  サンフレッチェ広島戦

category - 鹿島アントラーズ
2007/ 08/ 13
                 
Jリーグ第19節  ヴァンフォーレ甲府 0-1 鹿島アントラーズ
2007年8月12日(日) 小瀬スポーツ公園陸上競技場 18:34キックオフ/14,316人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、ファボン、新井場 徹
MF 中後 雅喜、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF ダニーロ、青木 剛、増田 誓志
FW 田代 有三、興梠 慎三

【得点者】 34分 野沢 拓也
【交 代】 78分 野沢→増田、82分 本山→ダニーロ、87分 中後→青木
【退 場】 65分 柳沢 敦

小笠原カメルーン戦で代表復帰も

野沢が決めた!鹿島900ゴール

鹿島・小笠原351日ぶりリーグ復帰!悲願10冠へ反撃開始

小笠原がカメルーン戦で代表復帰へ

4度目の対戦は3度目の完封負け。長所を出せず短所を突かれた甲府には、悔いの残る1失点

昨日はスカパーでの放送ということで、久しぶりの鹿島の試合なのに見ることが出来ずやべっちで少しだけ映像見ました。満男の40番がまだ見慣れない感じです。試合やってたときはスカパーの別チャンネルでハッスルやっていたのでそちらを見てました。なのでネットの速報などはチェックせず、終わったところで結果を確認。

しかしスカパーもハッスルOAするのはいいけど、8/12に5/9の大会を放送するとは、有料のPPVがあるとはいえ、放送するの遅すぎ。おかげで時差がありすぎて、ブログでもハッスル記事がかけなくなっちゃったよ。

まーとにかく3位浮上、900ゴールおめでとう。水曜日はBSでの放送をみます。
満男+代表の組み合わせで、甲府との試合なのにスポーツWEBの扱いも結構いいような。


やっぱしテレビでも見ないとどんどん遠のいていく感じで、明日スカパーのJリーグナイトがあるようなので、たまにはちゃんとサッカー情報も追っかけていこうかと。

明日の20時、サッカーの情報を確認することを忘れないようにしないと!



■第20節  ジェフ千葉戦

Jリーグ第20節  鹿島アントラーズ 3-1 ジェフユナイテッド千葉
2007年8月15日(水) カシマサッカースタジアム 19:03キックオフ/19,600人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、ファボン、新井場 徹
MF 中後 雅喜、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF ダニーロ、青木 剛、増田 誓志、興梠 慎三
FW 佐々木 竜太

【得点者】 25分 新井場 徹、31分、85分 小笠原 満男
【交 代】 65分 本山→青木、77分 野沢→増田、83分 マルキーニョス→ダニーロ

小笠原がJリーグ復帰後初ゴール!鹿島を勝利に導く

小笠原1年ぶり弾!エース凱旋2発…J1第20節

“主将”小笠原2発!復帰弾で快勝

新井場の今季初ゴールに小笠原の2得点。倍近いシュートを浴びながら、粘り強く連勝した鹿島。千葉はJ1再開後、悔しい2連敗。

オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント

試合終了後の各選手コメント

いやー毎日暑い日が続いてますね
普段風があり東京が暖かい時でもまだ寒さを感じる鹿嶋だが、さすがに夏は暑いんだわ。
指定はいいけど、ゴール裏だと早めに並ばなくちゃいけないから、鹿嶋で日焼けしたこともあったな。
この試合があった日は鹿嶋も暑さがハンバじゃなかったようだね。
異常気象で熱中症の被害もかなりあるようなので、観戦に行かれる方はしっかり水分補給して暑さ対策をして応援しましょう。

ホント選手たちは、この暑い中お疲れだね。
この殺人的な暑さに負けず、頑張ってくれよー!

さて、Jが再開し今のところ2連勝。
ジェフ戦は、デジタルとアナログどちらも録画を仕掛けながら、ところどころ観戦しました。ところが何故かデジタルは受信がうまく出来ずエラー、アナログ放送のみビデオに録画できてた。本当はデジタルでHDDに落としたかったんだがな。うまくいかん。

平日のこの時間は家にいたとしてもなんだかんだでゆっくり観戦することが出来ないんだわ。だから失点となったown goalは見逃しました。

しかしその直後から前半終わるまではちゃんと見れて、イバの素晴らしいゴールや、満男の復帰ゴールはバッチリ見れました。前半はいいムードで試合を運び、こぼれ球も拾えてたし、満男が帰ってきたことで落ち着いたゲームができるようになっていた。

そして、満男のゴールを決めた後のパフォ、あんな満男の姿あまり記憶にないもんな。もともとゴール裏にアピールするタイプではないんだが、移籍前のサポに対する冷ややかな態度からすると、あのハチキレ具合はなんなんだ。いやいや、満男がそーきてくれると、チームとサポの距離感がグッと縮まりますよね。

後半・・・ここからまた余り見れなくなりビデオで見返してみようと思っているんだけど、リアルタイムでは後半も2/3が過ぎた頃なんとか映像を見れて左上の表示を確認したら、まだ2-1のままスコアが動いていない!

あまりしっかり見れてないので、ちゃーんと通しで見た人との印象が違うかもしれませんが、前半のよさはどこへやら攻めきれずにいるようでした。本当に点が入る気がしない。そんな時篤人の突破からPKをゲット。あの位置で篤人がPKをもらった姿をみて、彼のデビュー戦のアウェーの広島戦を思い出してしまった。

PKキッカー満男がキーパーとは反対の位置にしっかり蹴りこんでようやっと3点目が入った。時間的にもそれまでの相手の動きからしても、これで勝負は決まったといってもいい。

そして、この日はソガのファインセーブ光っていました。
頼もしいよ、ソガ!

上位のガンバ対浦和戦で、浦和が勝ったことにより、これで首位ガンバとの勝ち点差が8まで縮まった。(とはいっても結構あるよなー)

選手のコメントじゃないけど、残り全勝でいくつもりで頑張ろう!

最後にこの日はみんなお盆休みだったの?入場者数が20,000人近くて、最初見間違いかと思いました(爆)。
私も某チームとのチケットを手配済みだし、それ以外にも行ける試合はまた以前のように行きたいと思ってる。夏の間はまだ落ち着かなくてムリなのだけど・・・今のいい雰囲気を体感しにスタジアムまで行くわさー。




(2007年8月17日追記)




■大宮アルディージャ戦


Jリーグ第21節  大宮アルディージャ 1-2 鹿島アントラーズ
2007年8月19日(日) 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 18:00キックオフ/13,889人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、ファボン、新井場 徹
MF 中後 雅喜、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF ダニーロ、青木 剛、増田 誓志
FW 田代 有三、興梠 慎三

【得点者】 32分 マルキーニョス、89分 増田 誓志
【交 代】 76分 柳沢→ダニーロ、79分 本山→増田、84分 マルキーニョス→田代
【退 場】 57分 小笠原 満男

退場者を出しながらもアウェーで逆転勝利。
しかも決勝弾はロスタイム?

スカパーに入ってないので試合は見れないのですが、J's GOALのデータ見るとシュート数は大宮の約4倍。CKやFKでも上回っているので、最初に失点してしまったものの、鹿島のペースで試合が運べたということかな。

今日でまた首位との勝ち点差が少しだけ縮まりました。
ただ、3位以下が混戦なのでもう負けられないよ。

ガンバ戦まで下位チームとの対戦が続きますが、次もしっかり勝って上位2チームになんとか食らいついて追い抜いていきたいですね。

(2007年8月19日追記)



■第22節  横浜FC戦

Jリーグ第22節  鹿島アントラーズ 2-1 横浜FC
2007年8月25日(土) カシマサッカースタジアム 19:05キックオフ/15,957人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、ファボン、新井場 徹
MF 中後 雅喜、増田 誓志、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF ダニーロ、青木 剛、船山 祐二
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 1分 柳沢 敦、82分 興梠 慎三
【交 代】 64分 本山→ダニーロ、81分 柳沢→興梠、84分 野沢→青木

満男が出場停止の試合。

今日は前半30分過ぎからライブアントラーズ、そして先ほどBSにてダイジェスト映像を見ました。

PC立ち上げて、データ確認したら、前半1分(!)にヤナギのゴールで先制してた。ヤナギのゴールはマルキからのクロスを胸で押し込んだものだった。

さぁ、現在最下位の横浜FC相手にとれるだけ点をとって、勝つのはもちろんのこと得失点差を少しでもアップさせたいところだが、どうやらもたついてるもよう。

後半なんか結構攻められてて、侮れない。前節ガンバと引き分けたそうで下手するとポカする可能性も・・・

と、思ってたら失点。
これ映像で見たが、距離はあるけどラクに打たせすぎだよ。ソガ固まってたし。キレイなゴールでしたが。

だけどここ最近の鹿島はなかなかしぶとくていやらしい。
交代で入った興梠が早々に勝ち越しゴールを決める。本人のコメント通り、同点だったし優勝を狙うにはもうひとつも落とせない試合が続く。絶対に勝つんだ!という強い気持ちが現れたゴールシーンだった。

最下位相手に非常に苦しい試合をした鹿島だが、満男がいない中で最後に勝ち点3をもぎ取ることが出来た。もう最終戦まで、今日みたいにひとつひとつの試合を確実にものにしていくしかない。

次は最近まで首位にいたガンバ大阪。
今日は川崎に負けたので、あちらも気を引き締めてくるだろう。
お互いの意地と意地がぶつかり合ういい試合、そして結果を期待します。




(2007年8月25日追記)






Jリーグ第24節  鹿島アントラーズ 4-1 川崎フロンターレ
2007年9月1日(土)カシマサッカースタジアム 18:30キックオフ/14,856人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、ファボン、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF ダニーロ、増田 誓志、中後 雅喜
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 30分 野沢 拓也、37分 小笠原 満男、84分 マルキーニョス、85分 興梠 慎三
【交 代】 45分 ファボン→大岩、62分 野沢→中後、78分 柳沢→興梠

最初に、このブログを読んでくださっている、アントラーズを応援しているサポーターの皆さん、ご来場ありがとうございます。
いきなりな始まりですが、理由は最後に書きます。

鹿島4発で快勝…J1第24節

進化した鹿島が大勝!逆転Vに向けて力強く再スタート切る

小笠原芸術弾!鹿島V戦線残った

鹿島4発大勝でV戦線残った

オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント

鹿島 vs 川崎F:試合終了後の各選手コメント

平日のガンバ戦、結果を知って録画を見る気にもなれず、そのまま川崎戦当日へ。

実はこの試合、久しぶりに行こうか検討中だったのですが、用事があり行けなくなってしまった。行きたかったなー。。。
しかもライブアントでさえ、後半17分過ぎからようやくきける状態で。

でも、大敗の後、数日で悪い流れを断ち切り、ホームでの快勝は本当に嬉しい!!

まだまだ諦めないぞーっ!

昨日は21:10からのBSとTBSのスーパーサッカーで試合の映像を確認。相手の得点も含めどれも素晴らしいシュート。マルキの宙返りの映像も流れて私的には満足でした。

J’sGOALや、スポーツ新聞WEB版で、監督・選手のコメントを読んだけど、V戦線に残り望みが断ち切られなかったしノザが命を懸けてリーグ戦を戦うと言ってるので陰ながらサポートしたい。

昨日は4点取れたものの内容はよくはなかったという意見もある、でもしっかり勝って終われたことは自分としては評価したい。

そして、次に行く試合は決まってるんだが、その前にも鹿島の試合にいけるかもしれなくなってきた!

ブログを始めた頃と違い、スタジアムへ行かなくなってきて、正直ちゃんと見てない試合について書かなくてもいいんじゃないかと思ってからだいぶ経つのだが、ほんとーにひさーしぶりにスタジアム観戦の感想を書ける機会が訪れそうだ。

しかもその試合はホームスタでのもの。
カシスタグルメが恋しいわ!!
これだけ長くいけなくても、多分行けば鹿スタはよく通っていた頃と変わらず私を温かく迎えてくれるはず。実に楽しみなのだ。

この「温かさ」は、何もスタだけでなく、サポーターからも感じられる。

現地へも行けず、スカパーでの放送が中心となった今年はテレビ観戦さえあまり出来ない、内容が充実してないこのブログへ訪れてくださった鹿サポの方々。

正直、こちらではブログを始めた頃からある鹿島カテと、後発の他ジャンルのスポーツカテとのアクセス差がハンパなくある状況だが、ブログ拍手の数は鹿島記事とあちらの記事とそう変わりはない。これは書く励みになるし、試合自体を見れなくなった私と鹿島をいまだに繋いでるものには、今まで一緒に現地観戦してくれてた鹿サポさん達、そしてこのブログがその役割を担ってくれていると感じている。

本当にありがたいことです。

そういう方々に支えられてブログで鹿島の記事を書くことをやめなかったからこそ、また現地観戦の感想などを書くことが出来るのだ。

9月中は現地へ行くのが厳しいかもしれないが、その期間も鹿嶋から遠く離れたところで応援し続けるぞ。


(2007年9月2日追記)






■Jリーグ第26節  アルビレックス新潟戦


Jリーグ第26節  鹿島アントラーズ 3-1 アルビレックス新潟
2007年9月22日(土)カシマサッカースタジアム 19:05キックオフ/14,812人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 中後 雅喜、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW 田代 有三、マルキーニョス

【控え】
GK 小澤 英明
DF 後藤 圭太
MF ダニーロ、増田 誓志、船山 祐二
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 11分 、33分 田代 有三、59分 野沢 拓也
【交 代】 75分 田代→ダニーロ、85分 マルキーニョス→興梠、89分 野沢→小澤
【退 場】 88分 曽ヶ端 準

田代の2発に野沢のダメ押し。J1タイトル争いに食らいつく勝利を新潟から挙げた鹿島

鹿島田代2発、病気と闘う友へ勇気

田代2発!難病の友に勇気贈った

鹿島・田代が病の友人に贈る2発…5試合ぶり先発で逆転演出

田代の2発、劇的な逆転勝ち!

いきなりですが、来月の10日がハッスル、13日が鹿島のガンバ戦へいくことになりました。
鹿島の試合は久しぶりなので、少し気合を入れて書いてみようかと思っています。

で、昨日の試合なんですが

実は今週は

9/22 17:00?ハッスルの大阪大会(本日スカパでダイジェスト予定)
9/22 19:00 鹿島の新潟戦(30分ほどライブアントラーズ)
9/22 21:00 修斗の後楽園(スカパー観戦)
9/22(現地時間=9/23の10:00?=日本時間)UFC(ネット観戦)

9/23 18:30 アパッチプロレス軍の後楽園(後でスカパーでダイジェスト予定)
など、気になる試合が多くて

昨日は少しだけ、ハッスル実況見ながら、ライブアントでほとんどよくわからないまま終わり、BSも見れず、修斗みたら疲れて、スパサカも新日本プロレス(OAしたかどうかもわかりませんが)は、録画をパスしてしまいました。


13日カシスタで、お世話になってる方に、修斗の試合のビデオを差し上げようと思いましてね。いや、スカパー入ってりゃ鹿島のビデオ上げるんだけど、ないからね、以前修斗の試合見たいと言ってたのを思い出したので、まぁお礼の気持ちを込めてプレゼントです。

昨日は出かけて帰ってきてから、ネットでハッスルとライブアントとスカパで修斗見て、今日は約束がキャンセルになったので、水道トラブルの修理をお願いして、UFCをインターネット観戦で、とっても疲れた。

とにかく、勝ってよかった。
でも、上位との差がなかなか縮まらないなぁ。

まー、来月ガンバ戦と、その前のハッスル(ニシム・ラマの参戦希望!)を楽しみにしつつ、リーグ戦を応援します。


(2007年9月23日 追記)

■第27節  サンフレッチェ広島戦


Jリーグ第27節  サンフレッチェ広島 0-1 鹿島アントラーズ
2007年9月30日(日)広島ビッグアーチ 14:04キックオフ/13,492人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW 田代 有三、マルキーニョス

【控え】
GK 杉山 哲
DF 石神 直哉、後藤 圭太
MF 増田 誓志、中後 雅喜
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 65分 マルキーニョス
【交 代】 62分 大岩→中後、67分 本山→増田、72分 マルキーニョス→興梠

戦術が徹底されたことで続いた膠着状態を打ち砕いたのは、マルキーニョスのアイディアとテクニック。鹿島がしたたかに勝点3を奪う

広島 vs 鹿島:オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント

広島 vs 鹿島:試合終了後の各選手コメント

第2GK・小沢で完封!鹿島逆転Vへ望み…J1第27節

“代役守護神”小沢好セーブ連発

奇跡逆転Vへ鹿島3位死守!33歳控えGK小沢、魂の0封

鹿島GK小沢がFKを指先阻止/J1

てっきりホームの試合と勘違いしてしまいまして、ライブアントラーズ音声で聞こうとしてしまいました。
ホームの試合が続くな、おかしいなとは思ってたんですが。

さて、試合の映像のほうは少し見れました。
スポーツ新聞のWEB版などを見ると、ソガの代わりに出た小澤さんが頑張ってくれたようで。

1-0という結果、いいんではないですか。
正ゴールキーパーを欠きながらのアウェーでの試合、マルキが決勝点を挙げたことにより勝ち点3をゲットして3位をキープ。
ただまだ勝ち点差があるけれど、諦めずに優勝目指しましょうとはいつまで言えるのか。つくづく最初の引き分けとか負けとかが悔やまれますね。

10月は久しぶりにカシマスタジアムまで行くのですが、防寒対策をバッチリしないと。久しく行ってなくても、あの独特の寒さは忘れていない。このところの気温の激しさからかぜをひいてしまっただけに、このあたりは気をつけたいところ。

広島戦は、スポ新の記事読むと完封勝利で小澤さんにスポットが当てられてるが、去年の5月の浦和戦以来という事で、意外に出番がなかったんだなと思った。この試合は私も見に行っていたんだが、あの日のGKが小澤さんだとは忘れてました。

さあ、次はホームでの試合、今はとにかくひとつずつ確実に勝ち点を積み重ねていくしかない。

そして10日、13日のナビスコでは、決勝にいけるように応援したいと思っている。

13日は写真大目にとって試合以外の部分でもいろいろと書きたいね。

あと、記事の前に表示をしているスポーツ新聞の記事ですが、サッカーも充実させようといろいろとごちゃ混ぜにしたらかえってよくない結果に。なるべく国内サッカー記事を主体に表示させたかったんだが。
これは、時間があるときにでももう一度見直します。



(2007年9月30日 追記)
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント