2007/09/06
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

PRIDEは消滅したのだろうか? 、テレビ東京 ハッスルエイド2007

category - 格闘技・プロレス
2007/ 09/ 06
                 
いよいよ今週末はUFC75です。
PRIDEファイターの戦いぶりも気になるところですが、なんせテレビ放送がないものでyou tubeなどをチェックするしかないですね。
まぁUFCは1回見たらそれでいいってかんじなんで例えPPVがあったとしても、PRIDEのようにPPV買ってまで見ようとは思わないな。

そして翌週にはHERO’Sがある。

PRIDEが活動を休止して、闘いの場を失ったファイターが参戦する。ミノワマンはまだしも、PRIDE34に出場した弁慶までもが・・・田村潔司とかコールマンはまたイノキゲノムでるしなぁ。おっと、小川直也も忘れちゃいけねぇ!

昨日、今日と台風で都内も凄まじい雨風が吹き荒れてますが、昨日スカパーでIGFの1回目の大会を放送してたので録画タイマー仕掛けておいたんですが、見事に台風の影響で受信できてませんでした。


さて、そのHERO’Sの今大会のポスターだが

「世界が注目してきた日本のリング、その『誇り』を消してはならない」

と、書かれており、イメージもPRIDEを想像させるシブいデザインだ。
しかもサブコピーは、「世界を動かす闘いを見せたい」


ポスターの画像はコチラ⇒HERO’Sの9.17ポスター

誇り=PRIDE、世界を動かす(闘いを見せたい)=世界を驚かす(旅に我々もお供いたします)

今回はプライドっぽいマッチメイクをすると言っていた谷川さんだが、大会のキャッチコピーも何やら思いっきりPRIDEを連想させるものとなっている。

世界へ向けての発信といえばやはりPRIDEを一番に思い浮かべるのだが、HERO’Sの方もかなり意識しだした印象だ。

PRIDEの公式トップには、いまだに4月の大会の結果が掲載されている。これは日本版で、アメリカ版になるとUFCの告知がされておりマメに更新されているのだ。

日本語版の方は、日本側のスタッフで勝手に更新してはイカン!とばかりに、動きがない中でも以前は専門誌のニュースなどわずかながらでも更新してたのだが、それさえもなくなってしまった。

1週間程前のkamipro handでは、PRIDEのアメリカ側のスタッフが来日し日本のテレビ局と交渉を行ったが、うまくいかなかったと書かれていた。

合理性を重んじ、己のブランド(UFC含め)に自信満々のアメリカサイドからすれば、当初の思惑とは違い、PRIDEを獲得した後も容易に地上波契約にこぎつけずめんどくさく思い始めているはずだ。

彼らからしたらPRIDEから欲しかったファイターはUFCに上げれるし、国内でパワーのあるUFCだけやるという方針に切り替えた方がムダがない。

余計な金と時間を使わず愛するブランドUFCのみに力を注いでいきたいことだろう。

となるとPRIDEはこのまま放り出されてしまうのだろうか?

サムライのPRIDE特番の最後で話題になった、PRIDEがなき格闘技界、その穴を狙っている新たな団体。

PRIDEという名が無くなるのはいやだし、その歴史もこのままストップしてほしくはないが、全く動きがない今の状態は最悪だ。

DSEからの日本人スタッフ、また今までPRIDEに関わってきたスタッフ、UFCと契約してない日本人選手この辺りが中心となって最強を決める場所はムリだとしても、世界最高峰のリングを再建するために奮起してくれようとしてるのではないか?そんな妄想もしてしまう。

もうアメリカはアテにならないんで、いっそのことHERO’Sもストップして今こそ一緒に手を取り合って、格闘技界に新たな風を吹かせるそんな団体を設立してもいいんじゃないだろうか。

会社を休んでまで行った、3月の公開記者会見、あれは一体何だったのだろうか?



■テレビ東京 ハッスルエイド2007

日本全国のハッスラーの皆さん、地域限定ですがハッスルの地上波放送が始まりました。

KYORAKUの藤田まことの必殺仕事人のCMがウザいくらいはいってましたが、それがまた地上波でやってるんだ!という実感をわかせてくれたりして。ホントKYORAKUは、よく残ってくれましたよね。ありがたい。。

今日はスペシャル番組でしたが、来月からは毎週土曜の26:50~レギュラー番組がスタートします!

どハッスル!!

そのレギュラー番組の名前が「どハッスル!!」ですって!!
ちょっとセンスが・・・でも、今は放送してくれるだけで嬉しいので贅沢は言うまい。

メインパーソナリティーはケンドーコバヤシ。
やっぱりこのあたりの芸人さんが絡んできたか。有田総統の復活を激しく希望しております!!ハッスルエンターテイメント及びテレ東さん、是非ともよろしく。


20070908201754.jpg

坂田亘・小池栄子の結婚記者会見の映像も。
ここのところハッスルはいい話ばかりですね。
小池さん、今度は妖精ではなく、素のまま登場か!?

20070908_1

10月のレギュラーへ向け、ハッスルを知らない人たちにアピールするためにもハッスルの紹介。
今はふたりともこのリングにはいないが、ハッスルキング橋本真也とキャプテンハッスル小川直也のハッスルポーズ。

空中元彌チョップ

そして、ハッスルの転機となった2005年。
狂言師・和泉元彌の参戦でワイドショーを賑わせた。

管理人もこの試合をみに横浜アリーナまで行きましたが、この試合のレポートの記事はアクセス数がすごかった⇒ハッスル・マニア2005

ハッスルエイド2007の試合にうつります。
この試合もさいたまスーパーアリーナまで見に行ってましたが、まさか地上波が獲得できるとは思ってはおらず、ちょっとテンション低めのレポをしたんですよね⇒ハッスル・エイド2007
(やはりムタとインリン様の2ショット画像が一番すげえな)

まずは一般層に馴染みがある名前、クロマティの試合から。
クロマティとシン

タイガージェット・シンも古くからいるレスラーなので、今はプロレスを見てなくても、黄金期にテレビでプロレスを見てた人も多いでしょうからアピールしやすい人選ですよね。

この試合でつかみはOK(?)で、小池さんと結婚したばかりの坂田対ノートンの試合へ。これもワイドショー絡みでまさにグッドタイミング!

20070908_3.jpg

インリン様って一般層にはどう映ったんだろう?
神々しくて気高いインリン様の登場は会場で見るとホレボレしてしまうが、テレビで見てもステキ。

20070908_5.jpg

これはプヲタしかわからんか。
現地で見たときはすごい興奮したんだが。
グレートムタの登場で場内の雰囲気が一変したもんな。
さすが、プロです。

20070908_6.jpg

ムタにM字、映える映像だ。

20070908_7.jpg

インリン様の股間への毒霧がキョーレツ!

20070908_8.jpg

試合には勝ったものの、ムタの毒霧を浴びてリング外へ逆さ吊りになったRGのマヌケな姿。インリン様への『生肛門様』は不発。

20070908_9.jpg

エイド後のストーリーも追っかけていて、インリン様御懐卵→モンスター・ボノ誕生まで流してくれました。おしゃぶりしたボノって、誰が考えたのかわからんがナイス。

20070908_10.jpg

昭和のプロレス(見ても平成の初期まで)しか見てなかった人には、お笑い芸人HGと対戦する天龍の姿見てどいういう感想もったんだろう。

またリングでのHG見たことがない人は、レスリングで魅せれるHGは意外に思ったと同時に新鮮だったのではないか。

20070908_11.jpg

エイドでは天龍”ゲイ”一郎にはならなかったが、これもイン珠同様その後ハードゲイスタイルに身を包んだ天龍の映像が流れた。
しかし、天龍さんよくやるよなぁ。前にハヤブサのコスチュームに身を包んだり、その前には大仁田厚と電流爆破やったりしたもんな。
何気に天龍さんの試合を見に行ってる私ですわ。

さて、ハッスルをちゃーんと見てなかった人には、アレルギーがあったけど見てみると結構面白かったって人も多いんではないでしょうか。

個人的には最近女子部がなくなったり、総統がやたらコミカルになりすぎたりとやや不満もあるが、来月からのレギュラーでハッスルが今後どのようにかわっていくか期待したいと思う。



(2007年9月8日追記)

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント