FC2ブログ
2007/09/22
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「新・太陽がいっぱい・光の中の殺人者」 (1979年)

category - 土曜ワイド劇場
2007/ 09/ 22
                 
タイトルからわかる通り、金持ちの息子を殺し
本人になりすました青年の野望と挫折を描いた
日本版「太陽がいっぱい」


オールハワイロケで撮影されたらしい。



●「新・太陽がいっぱい・光の中の殺人者」  1979年9月22日
脚本: 鎌田敏夫
監督: 藤田明二
制作: テレパック
出演: 近藤正臣、岡田英次、ステファニー・レイコ、
鹿島とも子、西岡徳美ほか



新・太陽がいっぱい・光の中の殺人者


夢を求めてハワイに来ていた信弘(近藤正臣)は、
貧しい生活から抜け出せず、恋人のナンシー(ステファニー・レイコ)と
つつましく暮らしていた。


輪タクの運転手をしていた信弘は、ある日、若い日本人の英夫(西岡徳美)と知り合う。



関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント