Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2007-10-02 (Tue)

「松本清張の駅路・謎の伊勢路殺人旅行」 (1982年)

銀行員の父が定年退職後に、旅先で謎の死を遂げた。
残された娘は父の死の真相を探るうちに恐るべき犯罪に巻き込まれる。



●松本清張名作特選!
「駅路・謎の伊勢路殺人旅行
”死んだ父から絵ハガキが・・・・・”」 1982年10月2日
原作: 松本清張  駅路 (新潮文庫―傑作短編集)
脚本: 山田正弘
音楽: 菅野光亮
監督: 富本壮吉
制作: 東映
出演: 古手川祐子、広岡瞬、田村高広、
大坂志郎、吉行和子、河内桃子ほか



東陽銀行の営業部長・小塚貞一(田村高廣)が定年退職した日、
娘・友子(古手川祐子)が高代隆二(広岡瞬)から
プロポーズされたと貞一の会社に報告にやって来た。


松本清張の駅路・謎の伊勢路殺人旅行





さっそく、貞一は妻・百合子(河内桃子)、友子と一緒に
高代とレストランで会食をした。
友子が選んだ人だからと二人を祝福した貞一と違って
体裁にこだわる百合子は高代がデザイナーであることを理由に
もっと堅い職業の人の方が良いと反対する。



定年を迎えた貞一は、しばらく旅行へ行ってくるとぶらりと出かけた。
しかし、20日経っても貞一は連絡ひとつよこさないまま帰ってこない。
友子はそんな父が事故にあったのではないかと心配するが
これまでも行き先を告げず旅に出ていた貞一に慣れていた百合子は
全く気になる様子を見せなかった。


友子は高代と一緒に警察へ行き捜索願を出した。


そのあと、ふいに琵琶湖にいる貞一から絵ハガキが送られてきた。
帰ったら友子の婚約祝いにお気に入りのゴーガンの絵を贈ると書いてある。





これまで貞一の身を心配していなかった百合子だが
内心心配していたのか友子と二人で貞一の無事を喜んだ。


だがそれもつかの間、三重県の香落渓で貞一の死体が発見された。
友子たちが現地へ行くと、刑事の呼野(大坂志郎)は
貞一は旅に出てから1週間位経って死んだというが
絵ハガキはつい最近届いたもので呼野にハガキを見せる。


貞一が旅に出てから700万円の預金が引き出されていたが
所持金は小銭しかなく、殺された疑いが濃厚になってくる。


松本清張の駅路・謎の伊勢路殺人旅行




貞一の葬儀のためアメリカから兄(寺泉哲章)が帰ってきた。
友子はこれまで知らなかった父の一面を聞かされ
深い孤独を抱えながら生活していたことを初めて知った。






貞一の死体が発見されたところにある吊り橋に
貞一がひとりでいたというのを見たという目撃者が現れる。



その後、友子は貞一の部下から度々、大村という女から貞一に電話がかかり
話を人に聞かれたくない素振りを見せていたということを知らされた。
百合子も旅に出る少し前に大村と名乗る女から電話を受け
貞一に取り次いだことを友子に話した。



友子は貞一の遺品の中から今回の旅で撮った写真を高代に見せた。
その写真から貞一が琵琶湖を出て伊勢から鳥羽へ行ったことがわかった。


二人は鳥羽へ行き貞一が宿泊していたホテルを探し出した。
フロントの話では貞一はホテルをチェックアウトした朝、
女を乗せたタクシーが迎えに来たという。



松本清張の駅路・謎の伊勢路殺人旅行





友子は東京へ帰ると父の本当の姿を知るために高代とアルバムを見て
これまで貞一がいつどこを旅してまわったのかを書きだす。



高代は行き先があるエリアに集中しているのを知り
友子から貞一が以前、広島の支店長をしていたことを聞いていて
東京に住む貞一が広島の女と中間地点で落ち合い
一緒に旅をしたのではないかと推理した。



貞一は広島へは単身赴任で行っていて、
東京を離れたくなかった百合子は友子と残っていたのだ。
調べれば調べるほど、貞一が感じていた孤独を知らされる。






友子は真相を探るために広島へ向かう。
広島支店へ行くと父の部下(松本朝夫)から、当時父が実直そのもので
とことん仕事に打ち込んでいた様子を聞かされた。


友子は貞一がいたときの女子行員から話を聞こうとしたが
すでに十年前の出来事であり、唯一いた福村慶子(西尾三枝子)も
一年前に銀行を退職したという。


友子は慶子の住所を教えてもらうついでに彼女のタイムカードを見せてもらった。
父が旅に出てた時期と、慶子が休暇をとっていた時期がぴったりと重なる
友子は大村と福村という名前が似ていると感じた。



ところが訪ねてみると慶子は交通事故で死んでいた。
慶子には身寄りがなく東京に住む、従妹の福村よし子(吉行和子)が
葬儀などの面倒を見たと知りよし子の連絡先を教えてもらい、
残されていた慶子の日記帳を預かった。





そこには、慶子の貞一に対する愛情などか綴られていた。



松本清張の駅路・謎の伊勢路殺人旅行




これまで友子は百合子も真面目で仕事一途な貞一に
まさか女がいるとは思わず、ショックを受けた。
どうやら用心深い貞一は、慶子との連絡役によし子を介していたことがわかった。



(現在元記事の一部のみ公開しています)












応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント