展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

谷川氏発言「腸蹴り」は実在する技だった

category - 格闘技・プロレス
2007/ 10/ 03
                 
先日のK-1 GP開幕戦、メインで行われたチェ・ホンマン対マイティ・モー戦で、ホンマンのモーへの蹴りがローブローか否かを巡ってダウンカウンをとった審判に対し不信感も出てきた、あの不可解な審判の判断。

テレビ解説を務めていた谷川さんはホンマンの攻撃を「腸蹴り」といい、その聞きなれない技の名前からもこの言葉が印象に残った。

この「腸蹴り」なのだが、今日のkamipro handのコラムを読むと、正道空手の技術書「勝つ!ための空手」の中でこの技に対する記述があるようだ。

へその下から金的のすぐ上までのあたり、筋肉がつきにくい部分の腸を狙ってける前蹴り、コラムを読むとどうやらこれが「腸蹴り」にあたるようなのだ。

ホンマンのトレーナーは正道会館の金泰泳、だからホンマンがこの腸蹴りを教わっていた可能性もあるとしながらも、ホンマンの蹴りの技術からも狙って腸蹴りをするのは無理だろうと思うとしている。

そして、”疑惑のダウン”には、K-1は今年からローブローに関してルールの運用を変えているらしいのだ。選手のアピールではなく、金的に入ったか否かはレフェリーの判断にゆだねられる。

コラムでは、あれはローブローだけど、ダウンだと結んでいる。
金的に入ったが、試合続行を促したがファイティングポーズを取らないモーに対しダウンを取ったのではないかということだ。


いずれにしても、HERO’S韓国大会でどうやら復帰するらしい秋山ヌルヌルの時も感じたが、プロレスではなく格闘技なのに、K-1系の試合(判定)から臭ってくるいかがわしさ。

だから管理人は「またか」という気持ちであの日のメインの試合を見ていた。GPのそれぞれの試合は、特に思いいれもなく客観的に見てた分おもしろい試合が多かったのだが、あの大会テレビ観戦の雑記を書きながらちょっと特殊な気分にさせられたのが、この「いかがわしさ」の部分なのである。

そういや、今年の始まりはヌルヌル問題で幕を開けた当ブログだが、大きな反響を期待してないK-1系の大会であそこまで皆様の反応がダイレクトに伝わってくるとは思ってもいなかったので、ビックリしました。

今年最後は、何の話題で締めることになるんでしょうか。

ビックリはビックリでも、いい事での”驚き”が欲しいね。
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント