A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

リーグ第31節  横浜マリノス戦、第32節  柏レイソル戦、第33節 浦和レッズ戦  - 2007.11.11 Sun

Jリーグ第31節  横浜マリノス 2-3 鹿島アントラーズ
2007年11月10日(土)日産スタジアム 16:03キックオフ/21,109人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
DF 石神 直哉
MF ダニーロ、中後 雅喜、船山 祐二
FW 柳沢 敦、興梠 慎三

【得点者】 24分 野沢 拓也、48分、52分 マルキーニョス
【交 代】 74分 田代→柳沢、82分 野沢→中後、86分 本山→ダニーロ

38分59秒.jpg
(特に意味はないが38分59秒時点での電光掲示板)

オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]

試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]

鹿島6連勝!残り3戦全勝だ/J1

10冠あきらめない!鹿島6連勝

興梠ベンチも出場機会なし…J1第31節

鹿島6連勝でV戦線残った!小笠原がオシム監督御前で存在感

昨日は日産スタジアムへ行ってまいりました。

横浜vs鹿島.jpg
ちょっと新宿で用事を済ませてから行ったので、見事にキックオフには間に合わず。行ったらいきなり最初の失点があり、テンション下がる。
前半はこっち(鹿島ゴール)サイドでの展開ばかりで、果たして逆転できるかどうか不安でした。なんかボールを拾われてばかりだったが、前半のうちに野沢のゴールが決まりなんとか同点に。

これは横浜ゴールが遠くて見えづらくよくわからなかったため、テレビのスポーツニュースでどんな得点だったか確認した。ノザ、ナイスゴール!

私は今年は生観戦が少なく、まだマルキの生ゴールを見たことがなかったので、是非今日は私の目の前でゴールを決めてくれと思っていたのに、マルキの最初のゴールは、日産スタジアムへ行く前のプロレスのイベントの話をしてたら思いっきり見逃した

見ちゃいないけど多いに喜んだが、やはり見てなかったといったら「バカ(笑)」といわれましたね。しかも自分だけでなく被害者出しちゃったし。イカン自分も試合に集中せねば!と強く思ったデス。

マルキもう一点と思った私の思いが通じたのか、この日マルキの2点目と幻(オフサイド)のゴールまで見れて満足でした。

あの2点目のループシュートは素ン晴らしかった
もう感極まり大喜びしていたら、もってたデジカメから電池が飛び散ってしまいびっくらこいた。
人に当たらず落ちただけでよかったが、それだけ嬉しかったんですね。

3-2の逆転勝ちですが、内容は全然よろしくなく、とりあえず勝ったという、終了間際にまた失点したし、いつ引き分けになるかという非常にハラハラし通しのゲームでした。
ソガのファインセーブも光ってましたね。ソガ神

なんかあっちにフィジカルで負け、中澤さんなんかもガンガン上がってくるし勝ったとはいえ本当に苦しかった。

今日浦和は川崎と引き分け勝ち点1を積み上げた。
本当に鹿島は序盤の取りこぼしが痛いです。もうちょっと早くエンジンがかかってきてれば、勝ち点差が縮まってきてたのにな。最初の頃は今年は残留争いか!?とそう思っていたくらいだったからね。まさかここまで持ち直すとは。次の柏戦もしっかり勝って、レッズとの直接対決では対レッズでの久々の勝利をお願いしたいですね。

日産スタジアムスタンド.jpg
スタンドを撮影してみました。結構空席があったのに2万人越え。やっぱあのスタジアムはデカイ。

誇り高きトリコロール.jpg
気になった「誇り高きトリコロール」

この日2得点のマルキーニョス.jpg
昨日2得点と活躍した、マルキーニョス。この間のスポーツ新聞には、来期は外人3人総入替もなんてあったが、個人的にはマルキは来年も鹿島で見たい。

今年残念だったのは、ファボンを生で見れなかったこと。
それくらい生観戦が少ない私ですが、今年行った試合はこれで全勝です!!

次も勝ってくれ。今年は生観戦全勝の記録は続くのか。

■リーグ第32節  柏レイソル戦

Jリーグ第32節  鹿島アントラーズ 1-0 柏レイソル
2007年11月18日(日)カシマサッカースタジアム 14:00キックオフ/18,887人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 新井場 徹、岩政 大樹、大岩 剛、石神 直哉
MF 青木 剛、船山 祐二、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
MF ダニーロ、増田 誓志、大道 広幸、吉澤 佑哉
FW 柳沢 敦、田中 康平

【得点者】 42分 船山 祐二
【交 代】 74分 野沢→ダニーロ、82分 マルキーニョス→柳沢、87分 石神→大道
【退場者】 88分 ダニーロ

おおぅ、なんということ。

今日、浦和とガンバが引き分けたため、鹿島が2位浮上、そして浦和との勝ち点差もいつの間にか4になっている!

この間自分がスタジアムへ試合を見に行ったとき、勝ったものの試合の内容は決してよくなかった。けれども、結果だけみれば順調に勝利を積み重ねてることもあってなのか、今日は普段より多くのサポーターが鹿島スタジアムへ来たようだ。一体何があったのだ!?

そういう自分はライブアントラーズです。
しかも海外のインターネットTVのようなものをみていたため、船山のゴール後からしか聞けませんでした。

最後ダニーロがやっちゃいましたね。
青木からのどんぴしゃのクロス(?)を決められず、これはライブアントラーズの中の人松本さん曰く、ダニーロを責めるというよりは相手キーパーの飛び出しを褒めるべきでしょうといってましたが、実際にはどうだったのでしょうか?

その直後2枚目のイエローをもらい退場(笑)。
結局チームにフィットしないまま、シーズンを終えるのか。。。

さて、私は来週の浦和戦は、埼玉スタジアムへ見に行く予定です。
このチケットを買った頃は、優勝の望みもなく消化試合になってる可能性も・・・なんて思ってたが、おもしろくなってきましたね。

今日ゴールした船山ってもしかして初ゴール?
スタメンで決勝点で、チームに貢献して本人にとって忘れられない試合となったことでしょう。おめでとう!


(2007年11月18日追記)



■リーグ第33節 浦和レッズ戦


Jリーグ第33節 浦和レッドダイヤモンズ 0-1 鹿島アントラーズ
2007年11月24日(土)埼玉スタジアム2002 14:04キックオフ/62,123人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
MF 増田 誓志、中後 雅喜、船山 祐二、大道 広幸
FW 柳沢 敦、興梠 慎三

【得点者】 66分 野沢 拓也
【交 代】 72分 田代→船山、80分 野沢→中後、87分 内田→増田
【退場者】 42分 新井場 徹、89分 船山 祐二

浦和vs鹿島

今年の生観戦は全勝です!


勝利の女神状態!!!



オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]

試合終了後の鹿島各選手コメント [ J's GOAL ]

鹿島レポート:野沢の値千金の決勝点で宿敵・浦和を撃破。最終節での逆転タイトルの可能性が広がった鹿島 [ J's GOAL ]

鹿島9人でV残した!浦和撃破!1差!…J1第33節

昨季限りで元日本代表のMF本田泰人氏が引退。チームはJ創設以来の精神的支柱を失い、開幕から5試合未勝利と低迷した。それでも、練習での緊張感はさっぱり。そこで、新主将の柳沢が動いた。横浜C戦(4月14日)前、手を抜く若手選手に向かって「ふざけんな」と一喝。温厚な主将が周囲の目を気にせず、どなり散らした。

 7月からは、イタリアから帰国したMF小笠原が引っ張った。「もっとケンカをしてこいよ。挑戦してこい」過去積み上げた9つのタイトルを知らない若手選手を挑発し、奮起を促した。一時は首位との勝ち点差が最大11(6月30日時点・首位はG大阪)まで開いたが、その差はみるみる縮まり、現在は1差。常勝時代を知る2人の怒声が、OBのジーコ氏(現フェネルバフチェ監督)から授かった「厳しさ」を叩き込み、チームは変わった。


鹿島1差!10人で先制、9人で完封

J1第33節の9試合が24日に行われ、鹿島が首位・浦和を破り、勝ち点1差に肉薄した。退場者を出して1人少なくなった後半21分にMF野沢拓也(26)がゴールを決めて先制。終了間際には、退場者をもう1人出して9人となったが、必死の守備でアジア王者を完封した。これで8連勝となり、J最速でのリーグ通算300勝も達成。来季のACL出場権も獲得し、逆転Vに望みをつないだ。

9人の鹿島が浦和撃破!8連勝で奇跡の逆転優勝へついに1差

★鹿島幹部、船山退場についての意見書提出を示唆

 鹿島幹部は「本人も違うといっているし、ビデオを見て判断したい」とMF船山の退場処分についてJリーグに意見書を提出することを示唆した。後半44分、扇谷主審はスローインをしようとした船山が観客へつばを吐いたとして退場を宣告。鹿島は同主審が担当した6月9日の大分戦(2-2)でも意見書を提出している。このとき、Jリーグは4度の誤審があり、鹿島側に3度のPKがあったと報告している。


★来季ACL出場権を獲得

 鹿島が来季アジアCLの出場権を獲得した。大会が現行方式となってからは初。清水の3位以内の可能性がなくなり、今季の上位3チームを浦和、鹿島、G大阪が占めることが決まって確定した。08年大会は日本から(1)07年Jリーグ王者(2)06年度天皇杯王者に加え、(3)07年大会優勝の浦和が前年王者としての出場権を獲得。(2)は浦和のため、代わって準優勝のG大阪が出場。(1)は浦和、G大阪以外で最上位が決まった鹿島になった。


鹿島8連勝で1差、優勝に望み

誰彼構わず抱き合った。まるで優勝したかのような騒ぎだった。最近は8戦不敗で、今季2度しか負けていない浦和にアウエーで、しかも最後は9人で勝った。試合後は約3000人の鹿島サポーターの前で選手だけではなく、オリベイラ監督らスタッフも整列。約6万の相手サポーターが沈黙する中、勝利の雄たけびを張り上げた。

この一戦に心血を注いだ。指揮官はミーティングで浦和サポーターの映像を見せた。「浦和の赤いサポは(チームカラーが同じ)自分たちのサポだと思え」と暗示をかけた。フロントには「鹿島サポーターをもっと会場に入れられないのか?」と聞いた。チケットの割当数に限度があることを知ると、あきらめずに報道陣を通して「会場周辺から声援を送って欲しい」とメッセージを送った。


埼玉スタジアム2002

昨日は寒い日が続いていて風邪気味の自分にとっては現地観戦に不安がありましたが、昨日、今日と暖かくなり助かってます。

いやぁ、昨日はACL制覇した浦和レッズに二人の退場者を出しながらも、埼玉スタジアムで勝ち点3をもぎ取ったぞーーっ!

退場者がでなくても、あのスタジアムにはいい印象をもてなかったし、負けるとは思わなかったが引き分けに終わるだろうと予想してたんですが、いい意味でこの予想を裏切ってくれやってくれました!
最終節まで優勝がもつれこみ、浦和と鹿島の2チームに優勝が絞られました。

前半でイバが2枚目のイエローをもらい退場したときには、これは引き分けどころか負けて優勝を決められてしまうかも・・・なんてネガティブな気持ちにさせられましたが、昨日のアントラーズは頼もしかった!

後半1人少なく不利な中、野沢のファインゴールが決まった瞬間はゴール裏は歓喜に!ノザはうますぎるよ!!昔、サブにも入ることが出来なかった頃を思い出すと、よくぞここまで成長してくれたと嬉しくなりますね。あの頃もテクニックだけはあったのだが。

しかし、昨日のあの糞審判はなんですか!?
船山の1発レッドなんて現地で見てても、テレビで見てた人もワケがわからん!!まーそんな超アウェーな状況の中でもノザの1点を守りきり、勝てたことは今後に繋がりますね。

そして、終了のホイッスルが鳴り、試合が終わったときには側にいた知らない鹿サポさんたちとも、勝利の喜びを分かち合いました。オブラディも気持ちがイイ!

それに、試合後監督やスタッフ、選手たちがゴール裏に挨拶に来てくれて、みんなでこの1勝をともに喜べたことが素直に嬉しくて。
これからもサポートし続けますよ。

モトも慣れないポジションで頑張ってたし、大岩、岩政も体を張ってくれて、ポンテ、ワシントンに仕事をさせなかったね。

昨日帰りに皆で話していたんだが、シーズン初めはなかなか勝てなくて、今年は下のほうの(残留)争いかなと思ったけど、終わりになって連勝し続けて、最終節で優勝争いに絡んでいるとは、感慨深いものがあります。やっぱり鹿島を好きでよかった。Jリーグで鹿島以外に魅力を感じるチームは自分にとって見当たらない。

帰ってから清水戦のチケが売れ出してる(カテゴリーによっては完売)との知らせを受け、先ほど買ってきました。
その後急いで家に戻り、今度はPCで大みそか夜の部の優先予約をなんとか購入。次は後で横浜アリーナへ行くときに、大みそか昼の部のチケットを買う予定。
ネット見てたら不安感じて、今購入。一日に二度もチケ買いに行って疲れた。

こんのやろう~~


今日は、サッカー、プロレス、格闘技と3種類のチケを購入して、財布の中が寒い状態です。。。11月は清水戦の翌日のチケを会社から購入したしなぁ。あんときゃすぐにアクセスできたからいいけど、直後完売でPC操作する手が震えました。

いろいろとバタバタありますが、昨日は気分も良くスポーツニュースをはしごしましたよ。普通に家族が見てるテレビでもレッズ戦が流れててやはり優勝争いするということは注目度が違うなと思った。どこでも長めに放送してくれますからね。レッズ戦は映りが悪いNHKもちゃんと録画してあったので、自分が見たいシーンだけ見た。

あー、勝利は気持ちがいいもんだ。

来週も勝利の女神が現地へ行くので、絶対に勝てるでしょう!
あとは、奇跡が起こるのを信じるだけ!!!

余談ですが・・・
埼スタで聞く、選手入場の時の曲がカッコイイ!
2003年から気になってるんだけど、なんて曲なんでしょうか?
CDも売っているのか?

(2007年11月25日追記)



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

IWGP 武藤敬司vs高田延彦 1996.1.4 東京ドーム «  | BLOG TOP |  » I LOVE HUSTLE!! in新宿 

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (258)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (693)
土曜ワイド劇場 (157)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「危険な童話・私は殺さない・・・・」(1977年)  Oct 22, 2017
平日朝イチでも混雑!「怖い絵展」@上野の森美術館 Oct 21, 2017
「探偵事務所・奇妙な依頼人!」 (1996年) Oct 19, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦、29節 サンフレッチェ広島戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ