2007/12/29
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

天皇杯準決勝 川崎フロンターレ戦

category - 鹿島アントラーズ
2007/ 12/ 29
                 
天皇杯準決勝 川崎フロンターレ 0-1 鹿島アントラーズ
2007年12月29日(土) 国立競技場 15:00キックオフ/22,457人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
MF ダニーロ、増田 誓志、中後 雅喜、船山 祐二
FW 柳沢 敦、興梠 慎三

【得点者】 72分 本山 雅志
【交  代】 75分 野沢→ダニーロ、87分 本山→中後、89分 マルキーニョス→柳沢

 【第87回天皇杯準決勝 川崎F vs 鹿島】オズワルド オリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント (J's GOAL)

試合終了後の各選手コメント (J's GOAL)

20071229_1

いやー今日は良かった!

何がって、昨日準決勝のチケットを買ってから、風邪がひどくなり、くしゃみ&鼻水が止まらず、腹痛もあったんで、当初29日は雨が凄くなるって予報だったでしょう?
だから、行くのすごい憂鬱だったんだよね。絶対風邪悪化させるって。

そんな状態でムリしていくのは美学なんかじゃねー!って思ってたんだが、今日になったら雨やんでるし寒くもなくて、晴れオンナの威力を発揮しているアタシ。
そして、2007年鹿島の試合現地観戦が全勝で終えることができたし。

自分で行くこと決めてチケ買ったわりには、心ン中でブータレていましたが、やっぱ生観戦はいいものだねぇ。現地ではめいいっぱい応援して、今日勝って元旦再び国立へ戻ってくることしか考えてなかった。

さて、今日の試合はNHKでも放送されてたので、多くの鹿サポが試合を見れたはず。
拮抗したゲームで、打ち合いになってモトの1点しかゴールは生まれなかったものの、非常に見応えがあるいい試合でした。
そんな試合を制することが出来てとっても嬉しい。

今日はモトが絶好調だった!
そのモトがゴールを決めるんだけど、その前にもモトは何度か見せ場を作ってくれた。
切り返しや、相手を交わすシーンなど、キレキレでした。

20071229_1

20071229_1

20071229_1

相手の川崎だが、ジュニーニョが怖くなかった。
確かにスピードに乗って何度も突破されたりしたが、本来のキレはなかったのではないか?

それにしても、後半は互いに打ち合い、何度もゴールが生まれておかしくないそういうチャンスが何度もあった。
ソガのファインプレイも何度もあって、フリーで至近距離でシュート打たれて、てっきり失点かと思ったのもあったな。

1-0だが、面白いゲームでしたよ。

帰りは急いでコンビニで元旦のチケットを買おうと思ってたら、国立出る間際で川崎サポさんが決勝のチケットを譲ってくれました。
その場にいた別のフロンタサポさんは、「元旦、鹿島さんを応援させてもらいます」と言ってくれてすごく嬉しくなった。

なんか今日はそういう人の温かさとかを感じることができた試合で、やっぱり行って良かったわ。風邪こじらすのがイヤで、ウダウダしてたけど、思い切って行ってみて正解でした。
テレビと違ってやっぱり試合に集中できるのがイイね。
川崎戦は、ひたすら応援しまくり!無心で目の前のアントラーズの試合だけ見れたのがよかったよ。

だから、元旦も国立へ行く。
前日のスケジュールが過密なので、体力面にやや不安が残るが、天皇杯見てからぶっ倒れるわ。

さて、年内の試合はこれにて終了。
次は年が明けた1月1日。スタジアムでお会いしましょう!
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント