2008/01/02
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

やれんのか!大晦日!2007 Part.2

category - 格闘技・プロレス
2008/ 01/ 02
                 
■やれんのか!大晦日!2007
2007年12月31日(月) 20:00開演
さいたまスーパーアリーナ 観衆:27,128人


第6試合(第8試合より変更)
winner
エメリヤーエンコ・ヒョードル vs チェ・ホンマン
Fedor Emelianenko vs. Hong-man Choi
1R 1分54秒 腕ひしぎ逆十字固め

トイレを済ませて席へつこうとしたところ、場内アナウンスが聞こえた。内容が聞き取れなかった。スクリーンにはホンマンが映し出されてる!あれ!?
入り口をひとつ間違えていて移動してるところだったので、煽りVは通しで見れず。
ホンマンに続きヒョードルが映ったので、ここで試合順が変更になったことを悟る。
この急遽試合順変更には正直萎えた。


皇帝が姿を現すところ。


大みそかのさいたまに、ロシアンラストエンペラー・エメリヤーエンコ・ヒョードルが帰ってきた。


ホンマンが大きいことはわかっていたが、それにしてもデカイ!
ヒョードルと対峙すると大人と子供に見える。背だけでなく、横周りもあるので、ヒョードルがすっぽりと隠れそうなでかさである。

サイズのでかさだけではないだろう、シルム出身のホンマンは腰も強い。
ヒョードルを簡単に倒し、ヒョードルにかぶさるように上のポジションを取る。
実力ではヒョードル上は崩れないのだが、長期戦になるとダメージが心配される。

スタンドになった時にヒョードルの顔をみたら、傷がついているではないか。
ホンマンのパウンドで負った傷か?

さすがにホンマンのグラウンドでの上からのパンチ攻撃には、私の席の周りからも、ヒョードルがやられてしまうんではないかというため息や悲鳴に近い声が漏れていた。

ヒョードルが一度腕を取りに行くが、これは決まらず。
こういう耐えてワンチャンスで決める決着になるのか。自分としてはホンマンの深い懐に踏み込んでいって打撃での決着も見てみたかったが。

結局ホンマンがグラウンドで上からの攻撃を仕掛けようとした一瞬のスキをつき、腕をとりにいき、先ほどは決まらなかったが十字でキッチリと決めた。



終わってみればヒョードルの強さが際立った試合。

第7試合(第6試合より変更)
winner
桜井”マッハ”速人 vs 長谷川秀彦
Hayato Sakurai vs. Hidehiko Hasegawa
2R 判定 3-0



試合の順番変更によりこれがセミへ。
煽りVでの「残り三試合」の文字が虚しい。


前にも書きましたが、この前の試合で長谷川が敗れて、どうもモチベーションが落ちているように見えたマッハ。
試合後笑顔もなくリングを後にしたところを見ても、納得できない勝利。
13時のハッスルからさいたまにいる自分は、さすがにあくびがでながら観戦。
そういう試合でした。

第8試合(第7試合より変更)
winner
青木真也 vs チョン・ブギョン
Shinya Aoki vs. Jung Bukyung
2R 判定 3-0

煽りVは良かったです。直前に相手が変更になったものの、それも織り交ぜての映像となっていて、見応えがあるもの。味がある仕上がりになっていました。
でも、本当に青木はついてない。2008年はどうか青木にとって悔いの残らない年になるといいな。


マッハの試合が消化不良だっただけに、青木に期待がかかる!
さまざまな障害がありながらこの日を迎えた青木。『ミスターやれんのか!』を自負する青木だからこそ、だけど、青木ならスカッとやってくれるさ!そう思っていたのですが。

相手のブギョンの情報がほとんどなく、また総合が初めてということもあり青木お得意の短時間での決着と予想してたのですが、ブギョンもやりますね。総合での経験値の差が見られると思ってたんですが。

途中でドクターチェックが入るほど、片目がふさがっていたんですが、韓国人のしぶとさをみせてもらいました。

そして、青木がブギョンに極められそうになったところでは、私自身もまわりにいた人たちからもやめてくれー!という悲鳴が聞こえた。最悪のシーンを目にすることになるのかとヒヤヒヤしました。

また彼自身が言っていた通りスキあらば極めるぞという、冷静さも見られました。
思わぬ苦戦を強いられたものの、3-0でも判定勝利。

これで全試合終了。この時点で23:50頃だったのではなかったかな。
急いで全選手が改めて呼ばれ、試合に出てなかった選手たちもリングへ全員集合!

いよいよ、カウントダウンですが、太田リングアナから説明が。
10秒前からカウントしていき、午前零時で高田の「今年も」の掛け声に、全員で「やれんのか!」というもの。

残り時間が少なく、バタバタとしたカウントダウン。
みんなで拳を突き上げての「やれんのか!」は、感動的でした。


スクリーンと垂幕。
PRIDEケジメの大会、一夜限りの復活のはずが、そこに見えたのは「桜咲く頃 夢の続き 今年もやれんのか!」という言葉。

継続するのかどうかは正式発表されてませんが、どうやらその可能性もあるような文字が踊る!


オープニングで高田と一緒に太鼓の演奏を聞かせてくれたチームが年明けと共に太鼓を叩く。
お正月がきたんだね。

それが終わり選手たちのインタビュー。
試合はしてないけど、吉田秀彦、菊田早苗、郷野聡寛の挨拶もありました。
また、中村カズも会場へ来てたね。

そして、何より嬉しかったのは、煽りVでお馴染みの立木文彦さんがリングへ上がり、挨拶をしてくれたこと!!

やれんのか!の最初の会見時にも、さいたまスーパーアリーナへ来ていたのにもかかわらず、表舞台に出ることはなかった。
ヒョードルのファンなのに、太田さんから、ここへくればヒョードル選手に会えますよと言われたのに決して姿を現すことがなかった立木さん。

しかし、最後の最後に出てきてくれました。
立木さん、ありがとう!!!

最後に太田アナの説明があり、高田とともにもう一回やれんのか!

しかし、終わってみれば感動する興行でした。
カルバン欠場(会場にはきてました)や、カード発表の遅さもありましたが、やっぱりPRIDEはいい。

こんな素晴らしい大会を終わらせるなんてもったいない。
是非是非継続を。できればHERO’Sとは別に独自でやってほしい。

演出に関しても音楽が昔のPRIDEでの使用曲を使えない中、勝利後に流れたVICTORYに似た曲も良かったし、今大会のメインテーマ曲となったゲリラ・ラジオも当たり前だが全く違和感がなくよかった。

ハッスルでは、旧PRIDE時のインターバルでのBGMや、試合後のVICTORYも使えていたが、さすがにやれんのか!ではムリなんだね。

いろいろとあったが、行ってよかった。
とにかく、「今年もやれんのか!」そう、私たちファンは常に「ヤルゥ!」ですよ!

また、今年のどこかで、皆さん(ファン含め)とお会いしたいです。

2008年もどうぞよろしくお願いいたします。







関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント